排ガス測定

製造工場を持つ企業では、プラントを効率的に操業するのと同時に、製造工程から排出される汚染物質をできるだけ抑えることが重要です。排ガス分析計は、コンプライアンスの立場から法定の排ガス限度を守り、工場のサーマルプロセスの監視や最適化に役立ちます。

排ガス濃度規制

testo-350_38567.jpg

多くの国では、どのような工場でも、プラント稼動時に大気中に放出される排ガスの管理は厳しく規制されています。

  • 排ガス中の大気汚染物質が規定された限度値を超えないことを証明します
  • 検査官立会いのな排ガス測定を行う前に、事前に排ガス分析ができます

エンジン

testo-340-application-emission-003550.jpg

排ガス分析計は、サービスエンジニアにとってエンジンのチューニングを最適の状態に保つために日常業務で使用するアイテムです。

  • 規制された制限値に準じながら、最適な稼働パラメータでエンジンをチューニングするため
  • トラブルにより長期間の稼働停止を未然に防ぐため

ガスタービン

testo-350-application-emission-000618.jpg

操業中のガスタービンは、排ガスの制限値を厳守しなければなりません。また、ガスタービンは設備規模に応じて定期的に検査を受けることになっています。

  • 燃焼設備の排ガス制限値の厳守と、メーカーが定めた範囲内で稼動しているかをチェックするため
  • 低NOxガスタービン操業状態を高精度に測定するため

コージェネレーションシステム

Emission measurement on CHP systems with testo 350
コージェネ(CHP)について

コージェネ、あるいは熱電併給と呼ばれる、CHP (Combined Heat & Power) システムの稼動環境は、近年格段に改善されています。単に原油や天然ガスの価格が下がったからだけではなく、世界経済の発展に伴う電気需要の増加を補うために、コージェネが一役買っているからです。

熱源より電力と熱を発生させるCHPシステムは、収益を上げるべく稼動しており、適切な測定技術によりCHPシステムの基準を確保しなければなりません。

  • 規定値内の排ガスのモニタリング
  • システム効率のコントローリング
  • 排気ガス処理システムのテスト

舶用エンジン(DNV GL.NK 認証)

Containerschiff5300dpi-Schenker.jpg

操船中、エンジンから排出されるスモークはできる限り抑え、排気ガス中の煤煙の含有量も最低限に保たなければなりません。造船業では煤煙の測定は重要な役割を果たします。

  • マリンディーゼルエンジンのスモークカウントが規定値を超えていないかテストするため
  • 船舶の所有者に対する煤煙排出の証明するため

ボイラシステム

testo 340 emission analyzer

NOx をはじめとする排ガスの濃度や排出量は、世界中で年々管理体制が強化されています。工場のボイラやバーナーから排出される排ガスの量も例外ではなく、正しく測定しなければなりません。

  • システムの費用対効果の評価とバーナーの設定
  • 煙道でのガス損失や排出量が法で定められた値以下であるかの確認

ガスタービンの排ガス測定

testo 350 emission analyzer

ガスタービンは、メーカーの仕様に従って運転されているか、また排出制限値を遵守しているかどうかを定期的に調べなければなりません。そのためには、信頼性の高い高精度の測定器を使用することが重要です。

  • 正確なCOlowおよびNOlowセンサーにより、低濃度でも高い測定精度
  • ユーザーによる簡単で正確なテストガス調整