ボイラーシステムを最適化

熱排気浄化システムや船舶ボイラーシステムで水管ボイラーや丸ボイラーに携わる現代のボイラー設置者は、15年前よりエネルギー消費量がはるかに少なく、環境汚染も少ない技術を利用できます。工業用バーナーの燃焼技術の寿命は30~40年のため、平均2、3回更新する必要があります。法令の排ガス制限値は、特にNOXに関して厳しさを増すばかりです。そのため、コミッショニング、メンテナンス、および高精度排ガス測定(計量証明)のために、ボイラーとバーナーの排ガス値が確認されます。

この情報を基にすることで、システムのコスト効率とバーナーの設定が明確に評価できます。また、システムが法律で規定された排ガスの上限値と燃焼ガス損失に適合していることが確認されます。

問い合わせ先

製品についての詳細は、以下へご連絡ください。

課題

排ガスボイラー

バーナーの動作の分析時には多くの場合、燃料供給、霧化、制御動作、および排ガス値に注目します。

ただし、経験豊富な技術者は、次のことを知っています。

  • 調整範囲を広げ、燃焼を安定させ、最良の排ガス値を得るためにもっとも重要なのは、最適な空気供給です。
  • つまり、ブロワー、エアダクト、および制御が互いに連携していることの確認が不可欠です。

バーナーの特性や傾向を分析する際、燃料供給、イオン化、制御、排ガス濃度を注目しがちですが、ベテランのバーナー技師なら、適正な空気比が、広範囲の調整や、燃焼の安定性、適正なガス排出量維持のために重要であることを認識しています。つまり、ブロワー、エアダクト、制御装置が確実に調整されなければならない、ということです。

適正な空気供給と燃料の比率は、燃焼プロセスごとに異なります。燃焼設備やプラントは、適正範囲内で安定した炎、燃焼効率を維持し、できるだけ排出ガスを低減しなければなりません。ボイラー技士やサービスマンには、適正な空気比により、システムを設定・稼働さとせる技術が求められます。

燃料と空気の混合比は、ボイラーメーカー、燃料の種類、制御設計で変わります。ボイラーにかかる空気比をコントロールできるバーナーがある一方で、燃料を調整することで、空気比と燃焼効率を調整するものもあります。いずれにしても、燃料を無駄にせず、最適な燃焼状態を保つためには、正確な酸素含有量を知っていることが、重要です。

用途の詳細

排出ガス分析装置testo 340 用途の詳細

ここでは、ボイラー関連の用途に関する重要情報をダウンロードできます。

  • 排ガスの発生
  • 最適なエンジン設定

ソリューション

testo 340燃焼排ガス分析計を使用すると、関連するすべてのガスを分析し、燃焼プロセスを調整して、燃料と燃焼用空気の量を最適な比率にすることができます

testo350と同様、testo 340は法定排ガス上限値への適合をチェックします。それをベースに、バーナーの燃焼効率レベルを最適化できます。コメント機能とtesto easyEmissionソフトウェアの組み合わせによって、ユーザ定義の書式による文書とレポートを作成し、システムへの変更をトレーサブルにすることができます。


testo 340でサービスを効率化

testo 340燃焼排ガス分析計
詳しく見る
  • 頑丈で、こまめなメンテナンスが不要な技術を採用しているため、いつでも使用可能
  • 特殊ホース(PTFE)のセルフクリーニング効果:  
    濃縮された汚染粒子の付着なし
  • 設定が簡単:
    延長ホース(最大7.8m)によって、測定場所が遠く離れていてもボイラーのディスプレイを見ながら作業が可能
  • センサは現場で簡単に取外しと交換が可能なため、ダウンタイムを短縮できる。
  • 測定範囲を拡張(5倍):  
    高濃度(COは最大50,000ppm)でも測定が可能
testo 340 推奨セットのダウンロード

testo 350で排ガスを高い精度で測定

testo 350燃焼排ガス分析計
詳しく見る
  • ガスの前処理装置を内蔵し、人の監視のない状態での長期間測定でも正確な(乾きベース)結果
  • Bluetooth接続によって、コントロールユニットと測定場所が遠く離れていても(障害物のない場合に最大100m)容易な作業を実現
  • JISに準拠下環境測定モデル(testo 350J)は計量証明で使用可能
  • 測定範囲の拡張(2、5、10、20、40倍): 高濃度(40倍時COは最大400,000ppm)でも測定が制約されない
  • バイオガスでの使用、およびSO2とH2Sの測定に最適
testo 350 推奨セットのダウンロード

アプリケーション例

アプリケーション例「teso 340/testo 350 燃焼排ガス分析計でボイラーシステムを効率化」はこちらからダウンロードしていただけます。