食品生産における温度モニタリング

HACCP、G 178/2002、EN 12830、IFS、SQF、ISO 22000 - 食品製造者は、食品の品質と安全性を保証するため数多くの規制、規範、基準に従う必要があります。その中で1つの重要な要素は、測定データの完全な文書化を含む生産チェーン全体の連続的な温度のモニタリングです。

testo Saveris 2のクラウドベースのWiFiデータロガーシステムは、これらに関わる膨大な作業を効率化します。読み取り値は自動的にすべての重要なポイントで収集して文書化され、どこからでも取得できます。 これほど簡単でありながら、信頼性の高いものはありません。

株式会社テストー

お問い合わせ先
食品生産における温度モニタリング

課題

温度モニタリング

  • 上限値を遵守するため、
  • 規範とガイドライン(HACCPを含む)に従い、
  • 製品品質を保証して、
  • 顧客の信頼を高める
食品生産における温度モニタリング

ソリューション

testo Saveris 2 WiFiデータロガーシステム

  • 保管場所、輸送車両、生産施設などに設置できます
  • 測定値は自動的にクラウドに転送され、そこで保存されます
  • スマートフォン/タブレット上のウェブブラウザからいつでもデータを取得できます
  • 異常値が発生した場合はアラートで知らせます(SMS /電子メール)
食品生産における温度モニタリング

主なメリット

testo Saveris 2はどのように効率をあげるか

  • 自動化された信頼性の高い温度監視
  • これ以上マニュアルの読み込みや文章化は必要ありません
  • どこにいてもすべてのデータを表示することができます
  • 非常に柔軟性が高いAdvancedライセンス

すべてのライセンスモデルを確認

あなたに合った機能の範囲を選択する

テストークラウドのメリット

初心者ユーザーの場合:基本ライセンス

  • 無料のクラウドアクセス
  • 予め設定された測定値
  • 電子メールによるアラーム

ヒント:アドバンストライセンスの柔軟性

  • 自由に選択可能な測定値
  • 支店間の比較など、複数の測定場所の比較が可能
  • 便利な自動レポート機能
  • SMSによる便利なアラーム機能

testo Saveris 2の仕組み

過度の労力を要することなく温度をモニタリングする

testo Saveris 2 WiFiデータロガーシステムは、作業を簡単にし、アラーム機能によりセキュリティを強化します。 こちらからtesto Saveris 2 カタログをダウンロードできます。

無線LANデータロガーシステムtesto Saveris 2

食品生産者に提供できるもの

Testo Saveris 2では、適切なロガーと理想的なクラウドライセンスを使用して、カスタマイズしたソリューションを簡単に組み立てることができます。 私たちは専門的なサポートをご提供しています。

さらに、冷蔵庫モニタリング用の特別なセットを提供することができます。これにより、冷蔵庫のドアを開けることによって生じる本物の温度低下とわずかな変動を区別するのに役立ちます。