サーモグラフィによる建物の各種診断

テストーのサーモグラフィなら、建物の構造上の問題点や断熱効果を熱画像として、簡単にスピーディに検知することができます。

  • 湿気によるダメージ、隙間、建築上の問題点を非接触で検知し、分析することができます。
  • 絶縁体の劣化または不使用によるエネルギー損失も、熱画像として可視化します。

建築用サーモグラフィは、査定者またはエネルギー・コンサルタントの業務を効率的にサポートします。

サーモグラフィによる建物の問題点を可視化し、分析することで、断熱効率を改善するための処置をすることができます。早めの対策で、建物の損傷が大きくなることを未然に防止します。

新発売: testo 883

建物診断向けの心強いサポートツールが誕生!

スケールアシスト機能

不適切なスケール設定で撮影された熱画像は最適な温度スケールで表示されず、診断ミスを招きます。スケールアシストは、屋内温度、屋外温度の入力によりスケールを自動調整する機能です。屋外の雰囲気温度が異なる環境で撮影を行った場合にも、常に最適なスケールの熱画像が撮影できます。

カビ発生リスク検知

表面湿度機能では、画像を湿度換算した湿度画像で表示します。この機能では、周囲温度・湿度をマニュアル入力し、表面湿度として換算します。画像では、カビの発生危険度を赤・黄・緑の信号色で表します。住宅などの湿気・カビ診断に最適です。

testo Thermography App

専用のモバイルアプリ"testo Thermography App" を使用するとモバイル端末を第2画面または遠隔制御用端末として使えます。熱画像を大きな画面で共有するときやカメラ画面が直接見づらい時に便利な機能です。簡単な画像解析とレポート機能により現場で報告書作成まで完了することができます。
android / iOS モバイル端末対応

 


専用ソフト:IRSoft

testo IRSoftはテストーの赤外線サーモグラフィ専用解析ソフトウェアです。熱画像上の任意ポイントの温度表示、最高/最低/平均温度表示機能など充実した解析機能を使用できます。解析後はレポートウィザードに沿って簡単にPDFレポートの作成が可能です。お好みのレポートテンプレートから選択または任意のレイアウトにカスタマイズすることもできます。
testo IRSoftはこちらから無料ダウンロードできます。

パノラマ画像

パノラマ・イメージ・アシスタントは、近距離で撮影された建物の複数の画像を1枚の画像に結合し、全体像にすることで建築物全体の熱の不規則性を一目で確認でき、簡単に分析が可能です。

レンズ交換

標準レンズでは対応できない距離にある対象には、望遠レンズをお使いいただけます。testo 890は15°望遠と6.6°超望遠レンズに対応しており、望遠レンズは標準レンズの約3倍、超望遠レンズは約6倍で撮影できます。SuperResolutionと併用し、遠くの対象物も鮮明に捉えることができます。

株式会社テストー

お気軽にお問い合わせください。

ベーン式風速計 testo 410-2
風速、気体温度、湿度の測定

 

木材建材用水分計 testo 616
高周波による静電容量の変化から材料水分を測定

温湿度データロガー testo 176H1
温度、相対湿度、絶対湿度および露点温度の継続的な測定

testo 400 PMVセット

  • ISO 7730およびASHRAE 55に適合したPMV (予測平均温冷感申告) とPPD (予測不満足者率) の測定で、室内の快適性を見える化
  • 環境側要素 (温度・湿度・気流・放射) を正確に測定し、設定した人体側要素 (代謝量・着衣量) に応じてPMV/PPDを自動的に演算
  • 無指向性熱線式風速プローブ、IAQプローブ (温度・湿度・CO₂)、直径150 mm黒球温度プローブ、測定スタンド、ケース
  • 大容量メモリ、グラフ表示、レポート作成機能、メール送信、測定サイト登録