ラミナーフローキャビネット内の測定

微生物用ラミナーフローキャビネットの製品とサンプルを汚染から保護し、スタッフと環境を危険物から保護するには、換気が不可欠です。ユーザはラミナーフローキャビネットの開口部を通じて、キャビネット内で作業手順を実行できます。キャビネットは、ユーザが保護され、製品と二次汚染のリスクが低くなるよう作られています。キャビネット内の浮遊性汚染物の漏出は、空気の対流のフィルタリングと、排気口のフィルタで管理されます。そのため、DIN EN 12469では換気条件と風量の試験が要求されています。

  • 風速の値が小さい場合でも高い信頼性で測定します。
  • HEPAフィルタを通過するエア供給量をモニタリングする必要があります。
  • 要求される測定対象には照明と騒音レベルも含まれます。

最高の安全性を確保

ラミナーフローキャビネット

VAC測定器とそれに適したプローブを使用して、ラミナーフローキャビネットの風速と気流を正確に試験できます。これにより、危険性を持つ微生物を扱うユーザのリスクを軽減できます。

  • 風速と気流の安全で正確な測定
  • 信頼性の高い騒音レベル試験

ラボの換気装置

EN 14175 Part 3では、換気装置の前面サッシの安全性と性能、および気流評価のための試験手順が規定されています。

  • 風速計は無指向性測定が可能で、指向性感度が±20℃であること
  • 測定の不確かさの範囲が0.2m/s~1.0m/s以内、0.02m/s ±測定値の5%であること

半導体業界

製造した製品にナノ粒子が損傷を与える可能性のある分野、特に半導体業界で、信頼できる測定を実現します。

  • ナノ粒子の数の測定
  • 製造品質の向上