発電と給電

発電施設や電力供給会社において、無事故で電力を供給することはとりわけ重要な課題です。テストーのサーモグラフィは、予防保守の一環として電力供給システムの安全性を確保し、コストのかかるシステム誤作動やダウンタイムを防ぎます。

電力供給システムは広範囲にわたって敷設されているため、故障を未然に防止することはとても重要です。また、高圧電線の鉄塔に設備不良があると重大な事態を引き起こす可能性があります。サーモグラフィがあれば、高圧システムのスイッチを切断することなく、非接触で離れた距離から安全に温度異常をチェックすることができます。
 

株式会社テストー

お問い合わせ先

電力発電

機械設備のメンテナンス

電力発電
電力発電の熱画像

発電所の機械設備の温度上昇は、応力レベルの上昇を示している可能性があります。これは、たとえば、摩擦、不完全な調整、部品劣化、または潤滑油の不足によって引き起こされます。

赤外線による測定の主な長所:機械が稼動していても非接触で安全な距離から撮影することができます。

電気系統のメンテナンス

電気設備
電気の熱画像

た熱画像は、システム内部での不良や接続異常などの早期発見に役立てられ、火災などによる損失の可能性を最小化します。

これにより、企業の発電ダウンタイムによる総合的なロスを回避します。

電力供給

サーモグラフィ検査 - 故障のない操作のため

電力供給システムの熱画像
電力供給システムの熱画像

電力供給システムの誤動作や故障は、深刻な問題をもたらします。
高電圧線の老朽化、使用材の疲弊やケーブル破損などが原因で、故障や停電を引き起こしますが、これらはしばしば、電気抵抗が増加し温度が上昇した後に起こります。

サーモグラフィーを用いてこの兆候を早期に発見することで、高電圧システムにおける部品の損傷や停電を簡単かつ効率的に回避することができます。 したがって、電力の継続的な供給が保証されます。