機械設備のメンテナンス

プラントの機械設備が過熱により異常な温度になっているのは、機械の磨耗、潤滑油不足、過度の操作上のストレスなどの明らかな兆候です。 赤外線サーモグラフィは以下のような場合、システムを止めることなく、非接触で安全に温度分布をチェックすることができます。

  • 設備機械の保守点検
  • 熱分布の不規則性を確認
  • 密閉型液体タンクのレベルモニタリング
  • 最高1200°Cまでの高温を安全に測定

赤外線サーモサーモグラフィによる定期的に温度チェックは、プラントの稼動率を維持にも貢献します。設備機械の温度異常を早期に発見し対処することで、設備機械の損傷や、システムダウンによる多大な生産ロスを最小限に抑えることができます。

株式会社テストー

お問い合わせ先

状態監視/充填レベルの監視

修理ではなくメンテナンス

機会整備業
機械メンテナンス産業の熱画像

機械部品を修理することは、常に最後の手段として考えなければなりません。 これは、機械生産プラントのスムーズな運用と維持に責任を負う担当者が、当然のことながら、ダウンタイムや誤動作をできるだけ避けたいと考えているからです。 テストーの革新的なサーモグラフィは温度異常の検出と分析に役立ちます。

動作中に非接触で検査

機械磨耗の兆候は、温度上昇により機能不全のかなり前に明らかになることが多いです。原因として、摩擦、不適切な調整、機械部品の劣化、または潤滑剤の不足が考えられます。テストーの熱画像装置を使用すると、疑わしい温度変化を早期に検知することができます。メンテナンス作業における赤外線測定の主な利点は、非接触であるために、動作中でも離れた場所からすべての機械設備で測定ができることです。

サーモグラフィを使用した充填レベルの監視

重点レベルのモニタリング
充填レベルモニタリングの熱画像

密封された液体タンクの充填レベルをサーモグラフィで管理することは、設備機械へのダメージを避けると同時に、それに伴う生産のロスを防ぐことができる、適切なメンテナンス方法です。

サーモグラフィを利用した充填レベルのモニタリング

サーモグラフィは、短時間で簡単にタンクの表面温度を非接触で測定することができます。たとえば冷却液タンクが危険な過熱状態になる前に、オイルセパレーターが充分かどうかをすばやくチェックすることができます。
また、充填タンクの液体が危険なほど低いレベルにあるなら、機械の温度も上昇しています。充填レベルの自動モニタリング装置は、冷媒などの充填レベルを制御したり、充填レベルがあまりに低い場合にアラームを起動させます。
しかしながら、この自動のモニタリング・システムそのものが不調な場合には、定期的にサーモグラフィを併用し、熱画像による簡単な外観チェックを行うことをおすすめします。
サーモグラフィを使用したモニタリングでのダブルチェックにより、システムが問題なく作動することを確実にします。
 

高温測定

保全メンテナンス

高温工業
工業炉扉の熱画像

高いプロセス温度は、システムの断熱材が繰り返し高温処理を行うことで起きる劣化や損傷に対して、定期的なサーモグラフィー点検を必要とします。例: 金属疲労や断熱材の劣化等
これは、たとえば工業炉やレードルに欠陥、材料疲労やコーキングがないか調べるためにサーモグラフィーが使用されます。

安全な距離から、非接触で高温の設備システムをスピーディにチェックすることができるので、高温測定にはサーモグラフィが適していると考えられます。

品質保証とプロセスの最適化

高温工業
冷却貯蔵庫内の鉄板

品質保証や工程管理部門では、製品の温度ムラが起きていないか、定められた温度範囲で製造されたかなどをチェックするため、サーモグラフィでモニタリングします。その後、製造時や製造後の温度分布データから適切なプロセス温度だったかどうか、結論が出され、最終的に判断されます。

サーモグラフィ使用のメリット:プロセスが進行中の間でも、作業を中断することなくこの高温測定を行うことができます。