サーバールームの温度モニタリング

サーバーの稼働場所は常に適正な温度が保たれなければなりません。サーバールームが暑くなり過ぎると、マシンがダウンするリスクが増大します。たとえ部屋のエアコンが作動していても、稼働中のピークに予期せず温度が上昇してしまうことがあるかもしれません。

testo Saveris2 Wi-Fiデータロガーシステムなら、手間をかけずにサーバールームの温度を自動で監視することができます。

株式会社テストー

お問い合わせ先
サーバールームの温度モニタリング

課題

温湿度モニタリング

  • システム・ダウンのリスクを最小限にする
  • ISO監査用に自動でレポート作成する
  • 会社の経済的な損失を防ぐ
サーバールームの温度管理

ソリューション

testo Saveris2 Wi-Fiデータロガーシステム

  • データロガーはどんな場所にも設置可能
  • 測定値を自動でクラウドへ送信、データ保存
  • 測定データはウェブ経由でPC、スマートフォンやダブレットからアクセス可能
  • 限界値に達したときのアラーム発信
日々の測定業務を効率化

アドバンテージ

testo Saveris2で日々の業務をさらに効率化

  • 温湿度モニタリングの自動化・確立
  • マニュアルでの読み取りやレポート作成は不要
  • 測定データはどこからでもアクセス可能
  • アドバンスド・ライセンスで最大限に有効活用

Testoクラウドライセンスについて

ご希望の機能により、ベーシックまたはアドバンスドのライセンスをお選びください。

testo Saveris 用クラウドライセンス

基本機能がついたベーシックライセンス(無料)

  • フリー・クラウドアクセス
  • 測定間隔のプリセット
  • メールでのアラーム配信


よりフレキシブルに使えるアドバンスドライセンス

  • 様々な測定ロケーションを比較表示
  • 測定間隔を自由に設定可能
  • 1アカウントで最大10ユーザ/PCでの使用が可能
  • 便利な自動レポート機能
The wireless LAN data logger system testo Saveris 2

サーバールームのモニタリングへのご提案

testo Saveris 2は、様々なソリューションに必要なロガーと最適なクラウドライセンスを組み合わせることができるように設計されています。テストーのエキスパートが、あなたをお手伝いします。
まず初めに、温湿度モニタリング用として、無線データロガーtesto Saveris 2-H1 と testo Saveris 2-T1の2台を導入することをおすすめします。



サーバールームにおけるtesto Saveris 2の導入事例

最小限の労力でサーバーの可用性をアップ

Wi-Fiデータロガーtesto Saveris 2システムは、時間と労力のかかる業務を引き受け、さらにアラーム通知で安全をサポートします。エキスパートレポートでは、日常の業務にどのように活用できるかをご紹介します。