スーパーマーケット向測定器シリーズ

スーパーマーケットでは、日々さまざまな食品が大量に入荷・保管され、販売されています。傷みがなく鮮度の高い食材を消費者に供給するには、食品貯蔵時の規定された温度帯を厳守しなければなりません。

食材は常に新鮮でなければならず、傷んだ食材は店頭では扱えません。鮮度を保つには、食材の保管から陳列といったすべての場所で温度管理は重要な役割を果たします。



食品の温度は細菌の繁殖に決定的な影響を持ち、それが製品品質だけでなく消費者の健康にも影響を及ぼします。

  • 定期的な温度チェック
  • 食品の安全性の確立




スーパーマーケットは常時、生鮮食品を取り扱っています。傷みやすい食材の品質を極力損なわないようにしなければ、流通チャネルで扱うことができません。

  • 無線データロガーシステムを採用
  • 自動化された施設内の温度モニタリングが可能





冷凍食品(冷凍保存食品も含む)の保管には、膨大な数の施設があります。

  • データロガーによる継続的な温度記録管理
  • EN12830に適合




  • 保管温度を継続的にモニタリング
  • 温度データの管理も簡単
     




店頭調理品

スーパーマーケットのキッチンで調理し、店頭に並べられるものには、弁当、揚げ物、パン、総菜などがあります。スーパーマーケットの買い物客は出来立てのものを好みます。テストーの食品用測定器シリーズは世界中の食品業界で広く使用されています。



  • 焼き上がった商品の温度管理
  • オーブンの温度モニタリング
     




  • 食品の中心温度を正確に測定
  • 食用オイルの節約