導入事例

POP-WLAN-Datenlogger-Pharma-Industrie.jpg

温度湿度モニタリングシステム導入例

K社のtesto Saveris(サベリス)導入のきっかけは、データ改ざんに対するリスク管理でした。この施設では、改ざん防止対策が不十分たったため、外部からの指摘を受け、温湿度管理システムの導入を検討することとなりました。

testo Saveris(サベリス)導入前は、主に自記式記録計が使用されていましたが、温度の逸脱が起きていてても、データを収集した後に気づくので、タイムリーに温度のリスク管理ができない状態でした。そのため、保管している検体や試薬は、温度異常があった場合にはすべて廃棄をせざるを得ないこともありました。また、自記式記録計では紙詰まりの問題があり、定期的に紙の交換もしなければなりませんでした。