湿度測定器:重要な測定パラメータを確実に計測

湿度は最も重要な測定パラメータの一つで、温度や圧力と一緒に測ることが多くあります。室内空気では、湿度と温度の2つが肝心なパラメータです。湿度測定器はこの値以外のパラメータを読み取り、露点や空気の水蒸気含有量などを特定します。いわゆる環境データロガーは、数値を自動的に保存してPCで評価を行うことも可能です。
 
湿度測定器を使用すると、以下のような利点があります。
 
  • 測定器には安定した湿度センサが搭載されている
  • 内蔵型、外付け型が選べる湿度プローブ
  • 複雑な環境でも使用可能
  • 堅牢な構造
  • バックライト付きの大型ディスプレイ

Testo湿度計ならあらゆる用途に活用できます

温湿度計

湿度計

露点と湿球温度も演算します。
 

湿度測定機能搭載赤外線温度計

湿度計
4点レーザーと50:1のスポット比により、離れた場所からでも正確に測定。

接続式プローブ搭載測定器

湿度測定
一台で湿度以外の空気関連パラメータが測定可能。
 

スマートフォン操作による湿度計

接続可能なプローブ付き空気湿度計
高速、デジタル、高効率、モバイルアプリケーション。

湿度プローブ

空気測定
多彩なプローブを取り揃え、あらゆる湿度測定にお応えします。

正しい湿度計で、効率の高い測定を

空気湿度の測定:室内の湿度を正確に判断

湿度計は扱いが簡単で、かつ正確な結果が得られる測定器です。冷気を発する場所は温かい空気よりも湿度が高くなるため、測定の際には低温面から適切な距離を取ることが重要です。誤った場所で得た測定結果は、空間の湿度を正しく反映していない可能性があります。
もう一つ重要な点は、プローブを部屋の中央で、約60 cmの高さで測定することです。また、測定中は湿度計を軽く前後に振って、調整時間を短縮してください。調整時間は湿度計が環境に順応するために必要な時間です。正確さを最も重視する場合は、使用前の温度から測定環境の温度に順応するまでの時間を十分に取ってください。
息は湿気を含んでおり、正確な測定結果が得られない可能性があるため、湿度を測定する場合はセンサーに息がかからないようにすることが肝心です。

株式会社テストー

お問い合わせ先

用途に合わせた湿度計の選び方
湿度測定器と組み合わせて使用したり、湿度計と同時に別のデータを収集することができる測定器には、以下のものがあります。
 
  • 露点と湿球温度が分かる、温湿度計 (湿度計と温度計の組み合わせ)
  • 湿度測定器付き赤外線温度計
  • Smart Probes (スマートフォンで操作やデータの確認ができる、湿度プローブと温度プローブ)

 

湿度の測定:湿度測定器の役割

湿度測定器の機能には、空気中に含まれる湿度の計測があります。すなわち、温度計が温度を測るように、湿度測定器は空気中の水蒸気量を測定します。冷たい空気よりも暖かい空気の方が水蒸気を含みやすいため、建築の現場では壁が乾燥しない高温多湿の夏季ではなく、建材は冬季に寝かせておくことになっています。一方で、冷たい空気は水蒸気を含みにくくなります。
 
湿度計では次の項目を測定できます。
 
  • 相対湿度:パーセンテージ (%) で示され、現時点の室内の湿度と最大湿度から割り出します
  • 絶対湿度: 立方メートルあたりのグラム数 (g/m³) で示され、1 m³ の閉鎖空間に含まれる水蒸気量から割り出します
  • 露点:結露が発生する温度

 

室内の湿度管理における注意点

空気中の湿度:湿度測定器が割り出す数値

家庭用湿度計の使い方は広く知られています。殆どの場合は家の決まった場所で使用されており、いくつかの項目が測定され、その値がディスプレイに表示されます。産業の現場でも、例えばコールドチェーンやクリーンルームの湿度を測定する場合などに湿度計が使用されます。測定項目は多種多様であり、Testoではあらゆる用途に合った測定器をご用意しています。厳しい測定環境で、技術的な優位性よりも用途に適した湿度計を重視するケースにも応じます。


バリエーション豊かなTesto湿度測定器

湿度測定器:多彩な目的に合わせられる、幅広いラインナップ

暖房や換気装置は、快適な室内空気のための設定が行われます。相対湿度はそのうちの一つであり、温度と併せて環境の快適さの鍵となります。快適な湿度は30~65%とされ.
 
湿度測定器は他にも次の項目に関係します。
 
  • カビの発見:換気が悪く、建物の環境が十分でないと、カビが発生します。湿度測定器は露点を測れるため、屋内でカビが生えそうな場所を特定できます。
  • 長期間のモニタリング:長期にわたって室内の環境データを収集します
  • 材料水分の測定:保管している物の湿度チェックができるため、材料水分計はさまざまな物の保管時の管理に用いられます。

湿度の測定で影響要因を発見

湿度測定器は室内の湿度を割り出しますが、数値を知るだけではなく、その原因を知ることも重要です。すなわちその部屋の中にいる人の数が多いと、湿度も上がります。とりわけ大きな意味を持つのが換気で、湿った空気を定期的に排除できれば、室内空気はより快適でカラッとした状態を保てます。建物は湿気を吸ったり放出したりするため、室内空気の長期評価ではこの点も考慮する必要があります。