風速計:高精度な風速の測定に

空調ダクトの流れ場を割り出したり、産業用の換気装置の温度を測定する場合に欠かせない風速計ですが、熱線式風速計とベーン式風速計の二種類があります。後者は最も古い形式の風速計で機能は風車に似ており、循環する空気が羽根車 (ベーン) を動かし、回転させます。

風速計のさまざまな用途:

  • 空調システムの管理
  • 技術装置の流れ場の管理
  • 各種ダクトの寸法測定
  • 風力発電所の風速測定
  • 地下現場の換気 (鉱山など)
Outlet measurement with anemometer

ベーン式風速計

POP-stroemungsmessgeraet-flügelrad-Anemometer-testo-417-product.jpg
排気口および換気ダクトにおける風量測定、換気グリル(格子枠付換気口)、円盤型ベンチレーター、回転式ファンの吸排気口の点検

熱線式風速計

POP-stroemungsmessgeraet-thermisches-Anemometer-testo-405-product.jpg
換気ダクトにおける風速測定、換気グリル、ベンチレーター及びクリーンルームのヒュームフードにおける排気の点検

マルチ環境計測器

Multifunction measuring instruments

エアコンや換気ダクト全般、室内空気品質


これが測定のしくみです。

このベーンが完全に一周するのに必要な時間が風速となり、測定した時間から、測った風量の速度が割り出されます。反対に熱線式風速計は熱線を温め、一定の風量を使って冷やします。通電によって冷却しなかったり、あるいは両方が拮抗しますが、熱伝達は風速と共に変化するため、必要とされる電気量と風速には関係があります。

すなわち、風速が大きくなると、より多くの電気が流れることになります。

株式会社テストー

お問い合わせ先

風速測定:ダクトの測定には不可欠

とりわけダクトでは、内部の風速を管理する際に風速計を用いた風速測定が重要になります。適切な速度で風量を出さないと効率が低下する換気装置や空調システムでは、特にこの測定値は欠かせません。

また、排気測定も大きく関係することから、ダクトの排気口にも風速計を使用します。システム全体にとって大きな意味を持つわずかな変化を、風速計で察知することができるのです。このような変化は、例えば風速や風量と関係があります。

室内の風速は気に留めることがあまりありませんが、実は室内の気候に大きな影響を与えています。室内空気の快適さという点で、風速以外にも温度と湿度が大きな役割を担っているため、これらの3項目は常にモニタリングしておくことが望まれます。熱線式風速計なら、これらの値を測定することが可能です。

風速測定のために選んだ風速計が、例えば測定値の平均を算出できるなどの多彩な機能を搭載していれば、さらに有益です。中でも、数値の推移を一目で把握できる最新データの保存機能は、必須と言えます。

ダクト内測定


Flow measurement in the channel

高性能な風速計 (ベーン式/熱線式風速計) を使用する利点は、手軽に風速測定ができることにとどまりません。

  • 風速のモニタリングが可能
  • 温度、湿度を同時に測定可能
  • 多彩な用途に合わせ、風速計のバリエーションが豊富に揃っている
  • 設備や装置の効率を確実に維持
  • データの評価が容易に行える

風速計:あらゆる用途に対応できる測定器のラインナップ

使用目的に合わせ、かつ信頼性の高い測定器を使用すれば、風速以外の値も計測することは難しくありません。風速計を購入する前に、その機器で目的の風速が測定できるかどうか、そして必要な範囲のデータ評価が可能かどうかを確かめる必要があります。

その際、装備の変更が可能な仕様であること、さらにフード付風量計の使い方が熱線式風速計と異なる点を知っておくことが重要です。測定器の選択における注意点を以下にまとめました。

  • 取り扱いと操作が簡単なこと
  • 高感度
  • 必要なデータの収集
  • 迅速なデータ評価
  • 平均値の生成

マルチ環境計測器

すべての空調および換気測定

風速測定:各種ユニットの着脱

Testoで風速計としてご用意している測定器は、一箇所だけの測定ではなくいわゆるスポット測定にも対応しています。作業に必要なプログラムが入った機器であれば、複数個所の測定も可能です。ネットワーク測定と称するこの測定方法は、国際規格 (DIN/ISO/Ashrae) に適合しています。

また、測定結果はさまざまなユニットで計算・表示することもできます。例えばベーン式風速計では、風速をビューフォート風力階級や風速冷却度数で表示することが可能です。数値は m/s、km/h、 kt の単位で表示できるほか、mph および fpm への換算も可能です。

Wind speed meter

流れの測定

前述のように風速測定は屋外の風を測るだけではなく、室内でも行われます。当社の測定器は多岐にわたる測定項目をすっきりとまとめ、しかも異なる測定器を組み合わせることもできます。標準の風速計にベーン式風速プローブ型を取り付ければ、風量の計算や、流速の割り出しも可能になります。

表示された測定範囲は、どのレベルの強さでそれぞれの流れを検出するかを決める要素となります。また、換気ダクトに直接固定した差圧測定器も、風速測定に使えます。Testoではあらゆる用途に合った測定器と、豊富なアクセサリーをご用意しています。

風速計でできること:

  • 屋外・屋内の測定
  • 測定値の計算
  • データ転送
  • 評価

Testo 風速計

Testoでは風速計に焦点を合わせています。そこには収集・計算すべき必須データが存在し、屋内外用など豊富なバリエーションから、用途に最適な一台をお選びいただけます。個々の測定器はスマートフォンアプリからの操作でさらに使い勝手が良くなっており、 関連データを同時に取得できる Testo 多機能測定器も揃えています。