長期間の環境測定に適したUSBデータロガー

温度や湿度など、信頼性の高い測定データを、定期的に記録しなくてはならない場所は数多くあります。例えば食品業界では、全ての記録データは追跡可能であることが求められます。同時に継続的なモニタリングデータは、問題箇所の早期発見の役割も果たしています。USBデータロガーは、瞬時に正確にデータを測定し、記録します。便利なUSBポート接続方式を採用したデータは、そのままPCで読み取ることができ、ソフトウェアでデータ分析ができます。

USBデータロガーの主な特長 

  • 取り付けも持ち運びも手軽で扱いやすい
  • 精度の高いデータログ作成
  • 測定サイクルは変更可能
  • USBによるPC接続
  • 豊富なラインナップ
Data loggers for every application

USBデータロガーラインナップ

温度データロガー

Data logger for temperature

温度測定業務を効率化
 

温湿度データロガー

Data loggers for temperature and humidity

長期安定性に優れた湿度センサで安心のモニタリング

気圧データロガー

Data logger for pressure

クリーンルームや校正室等の気圧をモニタリング

衝撃度データロガー

Data logger for vibrations

輸送時の振動や温湿度を記録
 

データロガーの主な用途

USBデータロガーのデータ分析

テストーのUSBデータロガー、testo 17x シリーズ は、PCにUSB接続して、専用のソフトウェアにより測定間隔やしきい値などの測定プログラミングとデータ読み取りを行います。測定されたデータはデータロガーの内蔵メモリに保存されており、専用ソフトウェアによりPCに取り込むことができます。PC上でデータ分析やレポート作成などができます。

ソフトウェアは、3種類あります。

ComSoft ベーシック ソフトウェアは無料ダウンロード可能で、一般的に使用されているソフトウェアです。記録前の設定と記録後の分析と文書ができます。
ComSoft プロフェッショナル ソフトウェアはオプションとして利用可能であり、複数のデータロガーの分析なども行えます。データロガーだけでなく、testo x35シリーズなどにも対応しています。
ComSoft CFR21 Part11 ソフトウェアもオプションとして利用できます。製薬業界で求められるCFR21 Part11の基準を満たしています。詳しくはこちらをご覧ください。

測定プログラミングにはtesto 174用USBインターフェイス、または市販のUSBケーブルが必要です。testo 175/176は、データ収集のためにSDカードを使用することもできます。

Software ComSoft for perssure data loggers

巡回・転記不要のUSBデータロガー

継続的・定期的に測定作業を行う必要があるような部署では、スタッフ一人ですべてをまかなうのはほぼ不可能な時代です。かつては十分な人手が確保されていましたが、今は増え続ける仕事量を少ない人員でカバーせざるを得なくなっています。

温度、湿度、気圧をはじめとするさまざまなデータを管理できるデータロガーは、この問題の解決に最適の製品です。データの収集と記録は完全自動で行われるため、日々巡回のための人手は一切かかりません。また、データはUSB経由でPCに取り込みデータを分析することができます。品質管理や製造工程など、記録の保存が義務づけられているような場所において、USBデータロガーは手間を省くことができる画期的な解決手段です。

株式会社テストー

お問い合わせ先

夜間・休日でも継続的に測定を行えるUSBデータロガー

ガイドラインや社内規定などにより、温度や湿度の測定レポートを保管しておかなくてはならないような現場では、データロガーは有効なツールです。データロガーは、さまざまな分野で使用でき、構造物の種類や高温・低温を問わず使用することができます。

データロガーの多くは、温度、湿度、気圧などの複数のパラメータに対応しています。内蔵メモリは、希望する期間および間隔の記録データを保存できる十分な容量を備えていることが理想的です。データロガーは、ハンドヘルドの測定器と違い、長時間、同じ場所で一定間隔で温度や湿度を記録、データ保存ができます。最も一般的なUSBインターフェイス採用により、PCに接続し必要な測定条件の設定および、測定後のデータ分析が可能です。

直近の測定値は常時ディスプレイで確認できるだけでなく、例えば個別に設定したしきい値を外れた場合など、測定中に問題が生じているかどうかも、ディスプレイ上で知ることができます。

過酷な環境でも使用に耐えられるよう、USBデータロガーには独自の特性が備わっています。

  • 耐熱性、耐冷性
  • 堅牢なボディ
  • 防沫性能
  • 長いバッテリー寿命
Datalogger transport

輸送中でも確実に記録するUSBデータロガー

USB-Datalogger the transport of pharmaceuticals on dry ice

テストーは幅広い分野に応用可能なUSBデータロガーを豊富に取り揃えています。testo 184 T4 ロガーは -80℃まで使用可能な輸送用温度データロガーです。testo 184 T4 は特に、ドライアイスを入れた医薬品を輸送する際の温度測定に理想的です。

データロガーは輸送中にしきい値を逸脱した場合、LEDが点灯し、一目で分かるように設計されています。全ての測定データを詳しく見たい場合、そのままPCに差し込むだけで、pdf形式で最新の測定レポートを自動的に生成します。

Testo 184 T4 の内蔵メモリには、操作に必要な以下のファイルがpdf形式ですべて入った状態で納品されます。 

  • 設定ファイル
  • 出荷検査書
  • 取扱説明書

輸送用データロガー testo 184T4 は、40,000測定データを保存できます。測定間隔は、1分~24時間の間で自由に設定が可能です。バッテリ寿命は +25 °C /15分間隔で約100日間の連続使用が可能ですが、-80 °C の温度環境の場合、連続使用できるのは約10日間です。その後はバッテリーを交換してください。

ハンディタイプのデータロガー

データロガーの使用に際しては、温度や気密性の測定方法についての知識は必要はありません。操作方法がわかりやすいため、特別なトレーニングをしなくても、現場ですぐに使いこなせるようになります。操作に詳しくないスタッフにデータロガーを扱ってもらうことも可能です。

データロガーは運搬にも据付にも対応できます。輸送品にデータロガーを同梱すれば、コールドチェーンの管理を容易に行うことができます。コールドチェーンで規定されたしきい値を外れた場合はランプでお知らせします。

保管、製造、購買いずれの拠点でも、USBデータロガーは大いに役立ちます。取り付け後は、自動的に測定を開始し、データが記録されます。

USB data loggers in storage-areas

日常業務に取り入れやすいデータロガー

Datalogger collage

テストーのデータロガーは、本体だけではなく、付属品も実用的です。

ブラケットはさまざまな場所にデータロガーを固定するためのアクセサリで、簡単に外れないようにロックや鍵がかけられるようになっています。設定および分析用ソフトウェア ComSoft Basic 5 は無料ダウンロードが可能です。さらに高度なデータ処理が可能な ComSoft Professional ソフトウェアや、21 CFR Part 11 に対応した ComSoft CFR ソフトウェアもご用意しています。

価格、品質ともに満足いただける、テストーのデータロガーをぜひご利用ください。さらにテストーには、無線データロガーやネットワーク構築可能な一元管理モニタリングシステムもあります。