携帯性に優れたナノパーティクルカウンター

ナノパーティクルは人々や環境に悪影響を及ぼすだけでなく、肉眼では見えないので検出が非常に困難です。適切なナノパーティクル分析装置で測定することが重要です。

DiSCminiは最も小さいナノ粒子測定器の一つで、様々な環境で使用することが出来ます。ナノ物流に対する暴露モニタリング、もしくは半導体製造装置の故障時のトラブルシューティング、職場や交通量の多いエリアなどの研究・調査用途ですぐに使用出来ます。DiSCminiは本体が小さいので、現場での移動測定に最適です。本体はバッテリ駆動で、最大8時間稼動出来ます。電源アダプタを接続すれば、より長時間の測定も可能です。

ナノパーティクル分析装置

テストーナノパーティクル分析装置の特徴

  • 放射線源不要
  • 長寿命
  • 濃度のモニタリング
  • 優れた分解能

ナノパーティクル分析装置

製品カタログ

重要なファクタとしてのナノパーティクル測定

ナノ粒子ディーゼル煤

自動車の排気ガスに含まれるナノパーティクルは、人体に影響を及ぼす危険をはらんでいます。特に、多くの機械が使用される工業分野では、ナノパーティクルの放出による汚染が起こり得ます。これは目には見えませんが、その結果は深刻です。工業プロセスから放出された粒子状物質は、人体に入ると体内を動き回り、脳にまで到達することさえあります。

研究により、ナノパーティクルが肺や心臓の血管疾患の発症に影響を及ぼすことが発表されました。また、それらが神経を損傷する原因であることも疑われています。工業プロセスにおいては、ナノパーティクルの放出を考慮し、制御することがなにより重要です。排ガス分析計ガス漏れ検出器一体化する必要があります。

株式会社テストー

お気軽にお問い合わせください。

ナノパーティクルによる汚染がある現場で働く人々は、日常的に健康被害への危険にさらされています。ナノパーティクル分析装置は、定められた範囲における粒子数を測定し、その値を伝達することで、環境汚染の制御に役立ちます。汚染があることを確認すれば、対処するための措置を講じることができます。作業場によっては、ナノパーティクルによって既に汚染が深刻化しているところがあります。

ナノ粒子:はんだ付けおよび溶接ワークステーション

現場でナノパーティクル分析装置を使って測定を行うと、濃度だけでなくサイズも記録できるという利点があります。

テストーの機器はポータブルで、いろいろな場所で測定を行うことができます。 ナノパーティクル分析装置には次の特徴があります。

  • 粒子濃度と粒径の記録
  • 測定結果の保存
  • 作動流体が不要