ナノパーティクル分析装置-迅速で効果的な結果を実現

ナノパーティクルは肉眼では見えない上、人々や環境に悪影響を及ぼすだけでなく、検出が非常に困難です。適切なナノパーティクル分析装置で測定することがより重要です。

ナノパーティクル分析装置は、試料体積が非常に低くとどまり、かつ非常に大きな濃度範囲内にある場合でさえ、粒度分布を記録することができます。排ガス分析計やパーティクル分析装置の使用は、特に健康リスクを最小に抑えるという観点からも、過小評価されるべきではありません。汚染された環境では、汚染を評価し、それに対応できることがより重要です。

ナノパーティクル分析装置

ナノパーティクル分析装置の購入基準点

  • 放射線源なしでの使用の可能性
  • 長寿命
  • 濃度のモニタリング
  • 非常に優れた分解能

ナノパーティクル分析装置

ナノパーティクル分析装置

ガスコンディショニング

重要なファクタとしてのナノパーティクル測定

ナノ粒子ディーゼル煤

自動車の排気ガスに含まれるナノパーティクルは、人体に影響を及ぼす危険をはらんでいます。特に、多くの機械が使用される工業分野では、ナノパーティクルの放出による汚染が起こり得ます。これは目には見えませんが、その結果は深刻です。工業プロセスから放出された粒子状物質は、人体に入ります。そして、体内を動き回り、脳にまで到達することさえあります。

研究により、ナノパーティクルが肺や心臓の血管疾患の発症に影響を及ぼすことが示されました。また、それらが神経系を損傷する原因であることも疑われています。工業プロセスにおいては、ナノパーティクルの放出を考慮し、制御することがなにより重要です。排ガス分析計漏れ検出器を一体化する必要があります。

株式会社テストー

お問い合わせ先

ナノパーティクルによる汚染がある現場で働く人々は、日常的に健康被害への危険にさらされています。ナノパーティクル分析装置は、定められた範囲における粒子数を測定し、その値を伝達することで、環境汚染の制御に役立ちます。汚染があることを確認すれば、対処するための措置を講じることができます。作業場によっては、ナノパーティクルによって特に深刻に汚染されているところがあります。
ナノ粒子:はんだ付けおよび溶接ワークステーション

現場でナノパーティクル分析装置を使って測定を行うと、濃度だけでなくサイズも記録できるという利点があります。

テストーの機器はポータブルで、いろいろな場所で測定を行うことができます。 ナノパーティクル分析装置には次の特徴があります。

  • 粒子濃度と粒径の記録
  • 測定結果の保存
  • 作動流体が不要

作動流体を必要としないナノパーティクル分析装置

ポータブルナノ粒子計数器

ナノパーティクル分析装置の購入にあたっては、作動流体を必要としないことを確認することが望ましいです。特に作動流体は重要な課題です。作動流体なしでは機能しない器具もあります。しかしテストーのモデルの設計では、作動流体を全く必要としません。作動流体は、作動流体または他の供給源の場合もあり、機器によっては放射性起源のものである必要があります。

実際にナノパーティクル分析装置を使用する場合、測定に関わる人の汚染リスクが増加しますが、今日では、放射性起源に頼る必要はありません。その代わり、作動流体なしで容易に操作できる実用的なハンドヘルド機器があります。

最適な追加の安全ツールとしての漏れ検出器。

  • 特定領域内の粒子の試験
  • 機器の漏洩箇所の制限
  • 漏洩の迅速な修正
Measure nanoparticles with the handheld instrument

ハンドヘルド機器でナノパーティクルを測定

テストーのナノパーティクル測定用のハンドヘルド機器は、きわめて柔軟で、非常に優れた選択肢です。取り扱いやすく、モバイル機器として簡単に持ち運べるように設計されています。

測定サイクルにも着目してください。1秒までの分解能があります。言い換えれば、非常に短い間隔で測定を行うことができるため、個々の地域で汚染が一時的であるか長期的であるかを判断できます。排ガス分析計は、産業界で重要な助けになります。

ナノ粒子をカウントする

ナノパーティクル測定-典型的な応用分野

ナノパーティクル分析装置が本当に必要なのかまだ決めかねる場合は、採用の事例概要が役に立つでしょう。テストーの機器は、主に、職場に存在する可能性のある汚染に対し、個人がどれくらいさらされているかを知るために使用されます。

この汚染は、溶接ヒュームまたはディーゼル煤によって引き起こされる可能性があります。工業用ナノパーティクルは、特に非常に頻繁に発生し、分析装置を用いて検出することができます。しかしこの機器は、虚弱体質者が活動している場所にも使用できます。例えば、喘息患者が会社で働いている場合です。

ナノパーティクル分析装置の応用分野の概要 

  • 工業用ナノパーティクルの放出の制御
  • 人がいる場所の確認
  • 虚弱体質者を含むグループがいる場所の確認
ナノ粒子分析器

テストーのナノパーティクル測定機器

ナノパーティクル分析装置を用いて社内の汚染を検査したい場合は、テストーの製品ラインナップから適切な装置を見つけることができます。

ここでは機器の特長を確認し、それが意図した目的に適しているかどうかをチェックすることができます。