testo 190 FDA CFR Part11対応 データロガー耐久性試験

「testo 190 FDA CFR Part11対応 データロガー耐久性試験」にご関心をお寄せいただきありがとうございます。

滅菌、凍結乾燥、洗浄、消毒の認定と検証における規範に準拠したセキュリティは、 特に現在発生しているような危機の際には不可欠です。 データロガーを無条件に信頼できるようにする必要があるのはこのときです。 ただし、市場で入手可能な多くのモデルには3つの弱点があります。

  • 堅牢性:すべてのロガーが極端な圧力および温度条件に耐えられるわけではありません
  • 精度ドリフト:事前調整と事後調整が必要になることが多い
  • バッテリーの信頼性:エネルギー供給とバッテリー交換が問題を引き起こす
     

testo 190 CFRデータロガーはこの弱点に当てはまりません。 信頼できる正確なデータロガーだけが、プロセスが標準に準拠して実行されていることの確実性を提供します。

お問い合わせ
testo 190 データロガーシステムについて興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

ご登録頂くと無料で資料をダウンロードできます。

Help

e3b309194188aba421fc9638e2e4c99a98ed4527
確認
アクションを完了することができませんでした
White paper: testo 190 loggers in endurance testing