厳しい条件が求められる現場にこそ、スピーディで正確、扱いやすい回転計を

デジタル回転計の特徴:

デジタル回転計は測定データを数値でディスプレイに表示し、最新の測定データ以外に最小値、中間値、最大値を保存できます。

回転計には機械式ではなく、高精度な光学式が採用されています。光学式回転計には2つの測定方法があります。

  1. LEDまたはレーザー光の反射を利用したもの
  2. 光バリアによるもの

効率性に優れた、Testo回転計

  • 幅広いタイプの回転計とストロボスコープを揃えているため、細かな要件にもぴったりの一台が見つかります。
  • 高精度な光学式回転計
  • 使いやすく高効率なストロボスコープと回転計は、あっという間に測定が完了します。
  • 測定器のトップブランドならではの品質を、お求めやすい価格で提供
回転計

レーザ回転計からストロボスコープまで、それぞれのニーズにぴったりの一台を

反射シールあり

回転計

反射シール付きの非接触回転計です。
 

ストロボスコープ (反射シールなし)

回転数測定
極めて広い測定範囲と高速の点滅光による、高精度な回転数測定。

最適なストロボスコープの選択

Strobe

ストロボスコープを使用した回転数測定。
 

レーザとLEDの違いについて

反射方式では、測定対象にレーザ光かLED光を当てます。反射光は、測定器の光学センサでインパルスとして検知されます。回転計測定条件に応して、レーザまたはLEDのどちらが適しているかが以下のように異なります。

1.LED光源

  • 光源はレンズの上でわずかに散乱し、距離に応じて測定範囲が大きくなります。
  • LEDはどちらかといえば光度が低いため、遠くに離れたものの測定には向きません。

2. レーザ光源

  • 光度と輝度が高いため、LEDの回転計は遠くに離れたものを検知することも可能ですが。
  • それに応じて測定範囲が狭くなります。
  • そのためレーザ回転計はブレないようにして測ることが鉄則です。

株式会社テストー

お問い合わせ先

ストロボスコープを使った回転数測定のヒント

POP-rotation-application-01-2000x1500.jpg

回転計の用途は多岐にわたっています。特に多いのが空調システムや暖房設備の換気装置の回転数測定や、アダプターを使用したコンベア動作の測定、産業生産現場におけるコンベアのインパルスカウンターとしての使用です。回転計、ストロボスコープを問わず、Testoの測定器はいずれも直感的な操作で高精度な測定結果が得られます。より効率的で正確な回転数測定のコツを、いくつかご紹介いたします。

  1. 清潔さ 
    回転数を測定する際は、清潔さに配慮することが肝心です。センサ装置やセンサそのものに塵埃が付着していると、正確な測定結果が得られないことがあります。また、反射シールを貼る場所にも油などの汚れがついていないことを確認してください。接着面が弱いために高速動作でシールが剥がれかけてしまうと、測定に時間がかかることがあります。
  2. 測定距離
    測定対象物 (軸など) を回転計が正確に検知できるよう、距離を離しすぎないようにしてください。ただし、必ず動作中の測定対象物から規定の距離を保ち、常に怪我のないよう安全に配慮してください。
0563-0470-04.jpg
  1. 反射シール
    回転計が反射シールと誤認識し、不正確な測定結果を招く恐れのある反射物を、測定箇所に置かないでください。デジタル回転計は基本的に反射シールが同梱品に入っています。
  2. ストロボスコープ 
    ストロボスコープは振動する物体や超高速で回転する物、接触困難な粒子などを測定・点検・モニタリングするのに最適です。ストロボスコープは閃光を使い回転中の物体を静止画像として見せるもので、フラッシュの光源は回転周波数に合わせて強弱を繰り返すため、 閃光の周波数と周波数は同じです。
  3. 規格と規則
    ハンドヘルド測定器の領域では、機械工学などで使用される固定式回転計以外に回転計において順守するべき規格や規則はありません。

ストロボスコープ、回転計およびその他の主要商品

Laser tachometer

その他の測定器:Testoの騒音計と照度メーター

交通騒音や産業現場の騒音レベルを正確に測れる、Testoの騒音計 をぜひご利用ください。持ち運びに便利な騒音計は、その卓越した測定精度はもちろん、スピーディかつ簡単に操作できます。照度測定には、実地試験済みのTesto高精度照度メーター をご用意しています。コンパクトサイズの照度計や、無線データロガーを始めとする便利な多機能測定器など、ご使用条件に合わせてお選びください。特に長時間測定にはデータロガーがお勧めです。

清浄な空間のための、高性能測定器

室内の空気や環境をモニタリングする際は、二酸化炭素の濃度が重要な測定パラメータとなります。極めて正確な測定結果が得られる、TestoのCO₂ 測定器  をぜひご使用ください。 CO測定器のセンサには非常に厳しい条件が課せられています。センサは毒性が高く無臭のガスをごく微量でも検知し、健康への脅威や意識の変容を防がなくてはなりません。TestoのCO測定器  は一酸化炭素を極めて正確に検知し、しきい値を外れた場合は警告を発します。