testo Saveris プローブ

testo Saveris 無線プローブとイーサネットプローブは、いずれも各所の計測データを定期的に testo Saveris ベースに転送します。testo Saveris プローブは自由に配置することができ、1システムにつき最大150台まで testo Saveris ベースに接続することができます。


testo Saveris H2 E radio probe

無線プローブ

効率:

   1分から24時間まで、測定サイクルの設定が可能
   日本国内での周波数帯は2.4 GHz
   HACCP に適合 / EN 12830 認証

シンプル:

   設置後、すぐに使用可能I
   保護等級 IP 68 の防塵防水

確実:

    testo 独自の通信プロトコルによる安心のネットワーク
    プローブ内部にも測定データを記録、保持
    バッテリ駆動により、停電時でもデータを確保

testo Saveris T1 D ethernet probe

イーサネットプローブ

効率性:

    2 秒から 24 時間の計測サイクル
    LAN 回線を利用
    HACCPに適合 / EN-12830認証

シンプル:

    PoE (Power over Ethernet) を利用
    保護等級 IP 54の防塵防水性

確実:

    HTTP、テストー独自の通信プロトコルを採用
    プローブ内にも計測データを記録、保持
    バッテリ駆動により、停電時でもデータを記録

testo Saveris system components: router, converter/extender and coupler

中継機

ルーター

    無線通信領域を拡張
    無線プローブの中継に最大3台まで設置可能

コンバーター

    無線信号をイーサネットに統合
    計測データの自動記録

アナログカプラー

    アナログ信号をデジタルデータとして統合
    アナログ信号も集約するためのインターフェイス