デジタルスモークテスターによるパーティクル管理

微粒子や煤粒子は非常に小さく、気付かないうちに空気中に紛れています。それ自体が非常に危険です。というのは、空気中に排出されたパーティクルは回収できないからです。例えば石油暖房システムにおける排ガス損失は重要な問題です。汚染を防止するために、遵守しなければならない指標があります。

大量のパーティクルを発生させるシステムの近くで従業員が働いている工業プラントでは、測定がさらに重要になります。テストーにはデジタルスモークテスターがあり、スモークナンバーを迅速かつ容易に測定し、システムの燃焼に大量の煤が発生するかどうか、またすべてが正常範囲内にあるかどうか、確認することができます。

スモークテスター

スモークカウンターの特長

  • ガイドに従うだけの操作メニュー
  • 自動測定
  • 煤濃度の正確な測定

スモークテスター

Bluetooth内蔵のディーゼルスモークテスター

スモークテスター

Smoke tester testo 308

テストーの排ガス分析計で煤量を測定

煤量を手軽に測定できるよう、テストーには2機種のスモークテスターがあり、用途に合ったものを選択できます。ナノ粒子分析装置は異なるタイプのナノ粒子を測定することができますが、対照的にスモークテスターは、煤煙測定用に設計されています。設備ごとに作業の概要を把握できるよう、詳細な測定ができます。

テストー スモークテスターを使えば、煤煙の排出量を効果的に管理することができます。ここでのポイントは、迅速かつ容易に測定できることです。測定器は煤煙放出量がデジタルで数値表示されるように設計されており、文書化も容易です。また現場で分析を行うことができます。

テストーのスモークテスターの特長 

  • 計器はTÜVにより実証済
  • 特に使いやすいメニューガイダンス
  • 明るく見やすいディスプレイ
  • 測定結果を直接表示

煤濃度の測定

スモークテスター-黒化度測定器と連携

煤測定器の1つは、黒化度も測定します。ハンドヘルド機器は、フィルタの煙数および煤濃度を測定することができます。この機器を持ち歩いて、異なる場所で使用することができます。この特殊な粒子状物質測定装置は、直接分析を行うことができます。 現場でデータを確認しすぐに対応できることから、ディーゼルエンジンの制御に関しては、特に重要です。このように、ディーゼルエンジンへの燃料の噴射を調整して、煤煙放出量を低減することもできます。
テストーの機器は、工業使用にも適しています。試験したいディーゼルエンジンが車両、工業プラント、船舶のいずれのものであるかは問題ではありません。測定システムを現場に設置する必要がないので、大幅なコスト節約になります。

スモークナンバーの測定-測定すべき性能指標の確認

スモークカウント測定

スモークナンバーの測定は重要な問題であり、多くの場合、測定が必須である性能指標にリンクさえされています。この義務は、主に会社や業界でも使用されているオイル加熱システムにもあります。オイル加熱システムは、従来型の排ガス損失測定の前に、先ずこの測定が行われなければなりません。煤濃度の結果により、システムの燃焼プロセスが適切に機能しているか、また煤形成が多過ぎるかどうかが明らかになります。この場合、漏れ検出器を使用することもできます。

熱工学においては、スモークナンバーの測定は重要な仕事であり、スモークテスターがあれば便利です。手動または半自動のシステムでスモークナンバーを測定できます。しかし、これは大きな課題であり、その結果がいつも正確であるとは限りません。

デジタル排ガス分析計を使う方が簡単です。測定が詳細に行われるだけではなく、分析も容易になります。機器により、システムで直接実行するか、またはインタフェースに送信することができます。
煙のテスターTesto

テストーの煤煙測定機器

煤煙測定器の開発は急激に進歩しています。現在はデジタルの可搬型の設計になっており、高速で結果を得ることができます。これは、煤煙を放出する装置にとって特に重要であり、煤煙排出量の削減や、時間およびコスト節約になります。

モバイル排ガス分析計とその利点 

  • 現場での測定結果の分析
  • 産業分野などのモバイル利用オプション
  • 測定記録の迅速な配信
煙の数の測定

ガス漏れ検知のためのスモークナンバー測定

加熱システムや工業設備は、長期間の使用により最適に作動しなくなる場合があります。その要因となるのは装置からのガスリークです。漏れを検出することは容易ではありませんが、パーティクル放出の増加をすぐに検出できないと、装置に損傷が生じることがあります。

このような場合は定期的にスモークテスターで測定し、データを比較することで排出量の変化を見極めることができます。ガス漏れ検知器の利用も望ましいです。2つの機器を併用することで、問題点が明らかにその解決を迅速に行うことができます。

ガス漏れ検知器の適用分野 

  • 大量の煤煙の制御
  • 既存システムの煤煙排出量チェック
  • 機器の漏れの迅速な検知