錯視を利用したストロボスコープの仕組み

ストロボスコープは一定の間隔で閃光を発します。人の目はすぐに薄暗い場所で光るフラッシュに慣れ、閃光を受けた映像のみを捉えるようになります。この連続的なフラッシュが動いている物体と一致すると、一つの画像が浮かび上がってきます。

特に産業分野においては、LEDストロボスコープがよく使用されています。 高精度ストロボスコープは様々な点で優れています

  • 閃光が調節可能
  • 使いやすい 
  • 小型のハンディストロボスコープもあり
ストロボスコープ

変種

LEDストロボスコープ

Testoキセノンストロボスコープ

株式会社テストー

お気軽にお問い合わせください。

最適なストロボスコープの選択

具体的な使用エリアによっては、他の機種が適している場合もあります。例えば光源の種類や用途、規模などいくつもの条件によって採用するべき測定器が決まります。 機械のメンテナンスに使用する場合は、移動式の測定器が必携です。

固定タイプが最も使用される環境は、実験室内や試験セットアップ関連の作業です。ハンディストロボスコープタイプとの大きな違いは光源です。フラッシュの輝度が強くなるほどフラッシュスピードも上がり、測定結果の精度が高くなります。

Testoでは各種の測定器を取り揃えており、お客様の細かな作業環境にぴったりと合うストロボスコープをご用意いたします。

ハンドヘルドストロボスコープ

Testoキセノンストロボスコープ

キセノンストロボスコープtesto 476は、回転数測定以外の測定範囲にも対応できます。光量も十分なハンディストロボスコープは、回転物だけではなく振動物の測定も可能なほか、手の届きにくい場所にある対象物も、testo 476 が正確に測ります。キセノンストロボスコープは稼働中の設備を停止して測定する必要がなく、効率的な作業をサポートします。

使用に際して特別な訓練が要らないシンプルなデザインで、製品には同梱品として、キャリングケース、充電器および各国仕様のアダプター4種、トリガ用プラグが付属します。 産業分野を問わず、厳しい条件にもしっかりお応えするTestoが信頼のパートナーとなり、お客様のご要望にぴったりのストロボスコープをご用意いたします。LEDタイプ/キセノンタイプストロボスコープをはじめ、それぞれの用途に適した豊富なアクセサリーも取り揃えてお待ちしております。ご不明な点がございましたら、知識豊富な当社スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

LEDストロボスコープ:豊富な光量と広い測定範囲

ストロボによる速度測定

LEDストロボスコープtesto 477は、最大300,000rpmの発光周波数によって、測定範囲を広くカバーします。本器は最大 4800 Lux の高輝度が特徴で、バッテリーも最長5時間稼働できるため、長時間の測定や、一度の測定で大量のデータを収集することができます。

Testo 477 には反射シールを貼る必要がなく、ごく小さなパーツや手の届きにくい場所の測定も可能になります。

最高レベルのストロボスコープ、Testo 477 の特長:

  • 保護等級 IP65
  • フラッシュ動作時間を個別に設定可能
  • 明るい液晶ディスプレイ
  • 色温度:約 6500K

ハンディストロボスコープを使った測定について

ハンディストロボスコープ

日常業務でストロボスコープを扱う場所では使いやすさが重要になりますが、ハンディストロボスコープを使うことで、機械やコンポーネントのパフォーマンスをその場で確認できます。正確な回転数測定が求められる分野は多岐にわたります。

  • 自動車産業
  • 繊維産業
  • 振動コンベア
     

操作が複雑では、良いハンディストロボスコープとは言えません。そして、ディスプレイが見やすいことも、使いやすさにつながります。一部のモデルではさらに外部装置との接続に対応することで、高度な管理をサポートします。反射用のマーキングなしでも測定が可能なのが、ハンディストロボスコープの特に実用的な点です。そのため、動作中の機械を停止する必要はありません。

ストロボスコープを使用した回転数測定

ストロボスコープは特に回転機械の回転数測定で使用され、エラーの可能性を見つけたり、目に見える形にすることにも役立ちます。

機械の回転数を特定するためには反射用のマーキングを使い、あたかも同じ動きが同じタイミング、同じ場所で繰り返されるように見えます。マーキングの動きのリズムとストロボスコープの閃光が一致すると、フラッシュのたびにマーキングの画像が浮かび上がります。

こうして目に入った画像は、残像効果によって動きを止めているように感じます。 このマーキングとフラッシュの情報を処理し、機械の回転数を正確に割り出します。また、機械の回転数に変化が生じているかどうかを確認することも可能です。

測定は、移動式・固定式のいずれでも行われます。移動式のハンディストロボスコープは、その場で機械やコンポーネントのチェックを自由に行えます。

ストロボ

産業の現場でストロボスコープを使用する際の条件:

  • 測定範囲を広くカバーできる閃光速度
  • 強い光源
  • きわめて短時間の露光
     

移動式ストロボスコープの場合は、大容量バッテリーも必需です。使用時には電力消費が激しいため、バッテリー性能が弱いと使用時間が大幅に短くなってしまいます。

株式会社テストー

お気軽にお問い合わせください。