常時アクセスが可能な Testo Cloud サーバ

無線データロガーシステムで記録されたデータは、クラウドに保管されます。Webブラウザより専用パスワードでログインすれば、記録データの閲覧や管理、アラーム機能の設定をオンラインで行うことができます。

Testo Cloud への開設は、オンラインで表示される手順に従い操作すれば完了です。

問い合わせ先

製品についての詳細は、以下へご連絡ください。

testo 160 による室内環境モニタリング

testo 160 は、インターネットに接続すれば、いつでもどこからでも、PCやスマートフォンで環境状態をモニタリングすることができます。

testo 160 クラウド

オンラインデータストア

Testo クラウドは、testo 160 操作上の主幹部分です。Wi-Fi データロガーの設定、アラーム通知のためのしきい値設定、測定データの分析などができます。最初に http://www.museum.saveris.net/ より Testo クラウドに接続してください。

testo 160 用クラウドを使用するには、 使用料無料のベーシックと詳細設定ができるアドバンスの2種類のライセンスから選択することができます。いずれのライセンスにも、API (Application Programming Interface) があり、管理システムに測定データをエクスポートすることが可能です。

 

2種類のライセンスの違いについて

 ベーシックアドバンス
測定間隔15分間隔固定1分~24時間
データの保存最長3か月最長2年間
レポート手動(PDF/CSV)手動・自動(PDF/CSV)
ユーザ数110
アラームe-maile-mail, SMS
SMS アラームなし25通/台・年
使用料無料有料