室内空気品質と温熱環境

職場や作業場での室内空気品質と快適度を定期的に測定することで、室内空気環境を調節することができます。

作業環境を適正に保つことは、職員が健康に働けることを意味し、欠勤などによる人材不足のリスクを軽減できます。室内空気品質と快適度の測定は、スタッフの生産性を向上させます。

  • CO・CO2: 室内のCO2濃度は、空気品質の目安として使用されます。
  • 照度: 室内環境は、明るさによっても評価されます。照度測定とモニタリングは、職場の快適レベルを測定する重要な要素です。
  • 騒音: 騒音は作業の集中力を妨げます。騒音の原因が機器でも人の声でも、職場での騒音レベルが高い場合、スタッフの効率は低下します。
  • 振動: コンプレッサなどの振動は、作業の妨げになります。
  • 回転計: 室内空気品質用の測定器ではありませんが、ベルトコンベヤーの速度チェックに回転計が用いられます。接触式のものや、反射用のシールを貼付して測定器から反射される光線を非接触でカウントするタイプがあります。

株式会社テストー

お問い合わせ先

照度計

騒音計

回転計 振動計

マルチ環境計測器

マルチ環境計測器による、室内環境測定