高精度測定器としての温度計

仕事でも私生活でも、温度は人の日常に大きな役割を果たしています。室内外の温度を測るもの、保管倉庫で使用されるもの、食品のコールドチェーン管理に使用されるものなど、温度計なしに物や場所の温度を正確に知ることはできません。主観で温度を判断すると、個人によって差が生じてしまうため、物や場所の温度を客観的に確認するには、温度計が必須になります。Testoの最新型デジタル温度計は高精度と信頼性、堅牢な構造であらゆる用途に使用でき、多彩な温度計とプローブが揃っています。

  • 赤外線温度計
  • 表面温度プローブ
  • 気温プローブ
  • 浸漬プローブ
  • 赤外線カメラ
温度計

温度測定のための測定器ラインナップ

赤外放射温度計

Temperature measuring instruments
遠距離からの信頼性の高い正確な非接触温度測定。

表面温度計

Digital thermometer
表面温度用の固定式または交換式のプローブを備えた温度測定器。

気体温度計

Temperature measurement
空気温度用の正確な温度計。
 

中心温度計

Testo temperature meter
固体または半固体媒体中で温度を測定。
 

浸漬温度計

Testo measuring instruments
液体中の温度測定用。浸食性のある媒体でも使用可。

サーモシール

Temperature measuring strips
温度計に代わる経済的な温度感知シール。

サーモグラフィ

Temperature monitoring
温度分布を可視化します。メンテナンス、建築業、貿易、暖房に最適。

温度データロガー

Temperature data logger
温度モニタリングと記録のための実用的なサポート。

温度測定の用途

デジタル温度計:表示の見やすさ

Testo thermometer

誰もがよく知っているシンプルな温度計は目盛りと中央に色の付いた線があり、温度によって上下します。温度を表すこの液体は温まると膨張し、冷えると元に戻る性質があり、温度変化に合わせて上昇と下降を繰り返します。しかし、温度の読み取りは正確とは程遠く、1/10の単位ではほぼ不可能です。 一方、デジタル温度計はプローブの先端にセンサが付いており、さまざまなタスクに応じて選択できるよう豊富なセンサタイプが用意されています。

熱電対を用いた温度の測定は、熱電効果をベースにしています。これは2種類の金属導体の先端を接合し、測定点(温接点)と基準接点(冷接点)に温度差を与えると電流が流れるというものです。熱電対には固有の曲線があり、この曲線が発生した温度と電圧の関係を示します。実際のところ、Testoのお客様は主に産業分野でタイプK、空気調和技術ではタイプT、食品産業ではタイプTの熱電対が使用されています。

白金抵抗センサは、いわゆるPTCサーミスタをベースにしています。PTCサーミスタを始めとするすべての金属は、温度が上昇すると電気抵抗が高まる性質を持っていて (すなわち、低温の方が高温より電気を通しやすい)、温度計にもこの性質が利用されています。白金抵抗体を備えたプローブは、一般的に販売されているセンサーでは最高の精度レベルに属します。

このセンサーは長寿命で劣化しづらく、特に実験分野でよく使用されています。 サーミスタは温度変化を抵抗の変化に変換する最新の温度センサで、前述の白金抵抗センサとは反対に温度の上昇で抵抗が減少します。また、負の温度係数を持っているため、NTC (= Negative Temperature Coefficient) とも呼ばれます。NTCタイプの温度計は (基準接点がないため) 環境温度との補正時間が不要で、冷凍・冷蔵庫での使用には理想的です。

デジタル温度計には、このような長所があります。 

  • 極めて優れた測定精度
  • 幅広い媒体への適応力
  • 1/10~1/100レベルでの正確な測定
  • 堅牢な仕様
  • データの保存が可能

株式会社テストー

お問い合わせ先

But a digital thermometer has another advantage. It can be used in conjunction with a temperature data logger and thus enables the collection and storage of temperature data. These values are required over an extended period of time, for example when testing refrigeration appliances or air conditioning systems. The stored data can also be used to prove compliance with a consistent temperature in a food chain.

温度測定:必要な場面はさまざま

Digital thermometers

例えば家から出かける前に外の気温が知りたい時は、温度計を確認し、その値を信用します。業務でもデジタル温度計と他の測定器を併用して、食品加工の手順などが決められます。食品輸送では温度計を使った検査が行われ、暖炉や排気管では 排ガス損失の確認のために検査が行われます。天気予報では気温が測定されますし、実験室では浸漬プローブで化学溶液の温度を測り、ステーキの焼き具合を確かめるにはグリル用温度計が使用されます。

このように温度計の用途は非常に多岐にわたっていますが、共通して言えることは、測定値が読みやすく、正確かつ信頼性の高い測定結果が表示される、高精度な温度計が必要だという点です。

家庭用温度計と業務用温度計

Testo では、あらゆるニーズに対応できる温度計が揃っています。住居や庭で使用するためのデジタル温度計から、Smart Probesを活用した業務用の高性能測定器まで、あらゆる分野でよく使用される測定器の一つが温度計です。いずれのタイプも、その正確な測定結果に納得していただけることでしょう。中心温度計として料理の火の通り下限を確認できる肉用温度計は、家庭でも飲食店でも使用されますが、肉に限らず魚やその他の食品にも使用されることから、焼き物用温度計とも呼ばれています。
Testodデジタル温度計
温度測定

温湿度計:快適な環境を測る

温度と湿度を同時に測れる温湿度計は、小さいながらも多くの分野で使用される万能選手です。Smart Probesと呼ばれるタイプの測定器は、温室や倉庫のモニタリングや、暖房設備を備えた場所の室内空気の検査などに使用されます。

液体の温度測定

温度測定で常に気を付けなくてはならないことは、使用する温度プローブを使用する場所の温度に馴染ませておくという点です。例えば測定器が冷たすぎると、周辺の熱を奪って測定値が低くなってしまい、逆に測定器が熱ければ、熱が外に移って実際よりも高い測定結果が出てしまいます。液体の温度を測る時には、特に注意が必要です。また、プローブ自体の温度の他に、プローブを十分な深さまで差し込むことが肝心です。液体には、プローブの直径の10~15倍の深さまで浸漬してください。