温度変換器とその重要性

温度変換器は、温度制御のための電圧や抵抗の変化を他の出力信号に変換するために開発され、産業分野で多用されています。出力信号には4-20 mAや0-10 Vの電気信号が含まれます。標準化された信号は、他の電子機器で読み取ることができます。この信号変換は速く、長距離でも信頼性の高い計測が可能です。かつて測定値はケーブルを介して送信され、測定値を即座に処理することはできませんでしたが、温度変換器の開発により、測定は著しく容易になりました。

産業用の機種選定時に考慮するべきポイント:

  • 湿度測定センサを内蔵していること
  • 装置による自己監視
  • アナログ出力の有無
  • 長期間の計測の安定性
  • 計測の精度
testo temperature transmitters

温度変換器ラインナップ

testo 6621

testo 6651

testo 6681

露点変換器

温度変換器の使用例

温度変換器は、クリーンルームなどの特殊な場所でも温度を計測できるよう設計されています。温度変換器は、抵抗温度センサにより測定された値を、0~10 Vまたは4~20 mAのような信号に変換し出力します。クリーンルーム以外の場所でも使用することができ、設置場所により、ケーブルタイプやダクトタイプの温度プローブや内蔵センサを使用します。

また、テストーの温度変換器は、湿度パラメータの選択オプションに対応する機種もあります。1台で異なるパラメータの測定ができれば、コスト面だけでなく、機器の設置場所も節約することができます。

これらの温度変換器は様々な分野で使用できますが、温度が製品や周囲環境に大きな影響を与える可能性のある場所で、特に頻繁に使用されています。温度や湿度の僅かな変動でも腐敗しやすい製品を貯蔵する冷蔵室などでも使用されています。


アラーム出力機能を備えた温度変換器は、温度の変動により設定したしきい値を超えるとアラームを発するので、ユーザーは短時間ですばやく対応することができ、製品品質を維持することができます。

温度変換器と湿度変換器に加えて、他の変換器も利用可能です。

  • 差圧変換器
  • (圧力)露点変換器
  • 気体流量計

株式会社テストー

お問い合わせ先

温度変換器の機能

Temperature transmitter

温度変換器には、単に温度データを信号に変換するシンプルな機種から、湿度も同時出力できる機種まで、ラインナップが豊富です。

その他、温度変換器選定の際の重要なポイントは測定精度とアラームです。温度変換器の便利な機能には、次のものがあります。

  • 高精度な測定
  • アラームシステム
  • 湿度などの項目追加

温度変換器の特長

テストーの変換器は、自己診断機能を内蔵した機種もあり、電圧低下や高湿度下での長期使用などによるセンサ劣化時に警告をディスプレイ表示したり、アラーム出力することができます。


testo temperature transmitter

温湿度変換器

テストーの温度変換器には、湿度センサ搭載可能な機種もあり、とりわけ温湿度の環境条件が重要な場合に使用されます。製造や保管の環境条件が一定であることは、製品の品質維持に大変重要です。テストー温度変換器には、湿度測定機能の有無にかかわらず、次のような利点もあります。

  • 高精度な測定
  • 測定結果の高い信頼性
  • 温度や環境条件を常時計測

テストーの温度変換器

テストーには、温度データを電気信号に変換する温度変換器をはじめとする変換器ラインナップがあります。これらの変換器を計装に組みこむことで、システムエラーを早期に発見、経費を節約し、また使い易さも確保できます。生産やプロセスエンジニアリングでは、変換器はなくてはならないのアイテムです。