CO2を測定する理由

空気中のCO2含有量を測定する場所の例

空気中のCO2含有量の測定は、オフィス空間、製造現場、倉庫などで行われます。目的は、室内空気品質が従業員に適したものであることを確認して健康を増進することです。この測定は一般に、「快適度測定」(室内空気品質)と呼ばれます。

testo-480-application-multifunction-005661-DE.jpg

指標としての二酸化炭素

二酸化炭素の主な排出源が人間で、その他の排出源はあまり重要ではない場合、室内の二酸化炭素濃度は空気品質の指標の1つとなります。

室内空気品質のガイドライン

  • CO2濃度は、部屋の換気効果の指標です
  • 室内空気品質の一般的なガイドラインがあります
  • CO2濃度は0.1vol%を超えてはいけません
     

ガイドラインの基準域

  • 空気品質を保証する場合、CO2濃度が1,000ppmを超えてはいけません
  • ただし、700~1,500ppmは「基準域」と見なすことができます