CO2の存在と用途

CO2は人が呼吸する空気中に存在する

新鮮な空気には約400ppmのCO2が凝縮されています(2015年の測定値。約1,500~2,000万年で最高の値です)。
TCO2の濃度を左右する要因には次の2つがあります。

  • 時刻と季節
  • 地域

CO2が存在する地球の圏

  • 大気圏
  • 水圏(海や川)
  • 岩石圏(地球の地殻やマントル)
  • 生物圏(地球の表面から地上60km、地下5kmの生活環境)

CO2の視覚化

空気中のCO2濃度は通常、次の単位で表されます。

  • ppm(100万分の1)
  • vol%(1,000ppmは0.1%に相当)

人間にとっての空気品質の重要性

室内のCO2濃度は、適切な空気品質のための最も重要な指標と言われています。


二酸化炭素は人間にとって有害な気体で、空気中の濃度によっては、パフォーマンス、健康、集中力に影響を与えます。


CO2濃度が1,000ppm程度と低い値でも、ほとんどの人が空気が悪いと感じ、このような不調を訴えます。

testo-480-application-multifunction-002275.jpg

CO2の用途

炭酸入りのミネラルウォーターなど、
CO2がもたらすものは脅威だけではありません。CO2は食品や技術などの分野で広く用いられています。