testo 885 超望遠 2レンズセット - 赤外線サーモグラフィ 2レンズセット(超望遠レンズ+1レンズ選択)
 

型番  0563 0885 X5

  • ハイエンド・サーモグラフィ testo 885: 320×240画素、標準搭載のSuperResolutionで640×480画素を実現、30mK(0.03℃)以下の温度分解能で高画質

  • 2つのレンズが同梱品として付属: 5° x 3.7° (超望遠) に加え、30° x 24° (標準)、25° x 19°、11° x 9° (望遠) のうちいずれかを選択可能

  • 高度な検査を支える測定機能:任意10点の温度表示、最大5つの測定エリア内で最大/最小温度表示、アイソサーム、しきい値の逸脱を知らせるアラーム音

  • 実用的な付属品: ライセンスフリーの専用ソフトウェアIRSoft、レンズプロテクタ、頑丈な持ち運び用ケース、予備バッテリ、急速充電器など

testo 885 超望遠サーモグラフィは、特に離れた場所にある測定対象の熱画像撮影が可能です。高圧電線や、ソーラーシステムのホットスポット検知、精錬所などの巨大な工場プラント内の不具合箇所の特定などに最適です。testo 885超望遠2レンズセットは、遠距離撮影用の超望遠レンズの他に、視野角の異なるレンズが1つ(選択可)がついています。

¥1,350,000
¥1,458,000 税込

製品の詳細

このハイエンド・サーモグラフィ超望遠セットには、超望遠レンズの他に2つ目のレンズ(標準、25°または望遠レンズ)を選ぶことができます。主に以下の用途に適しています:
  • 高圧電線の検査(離れた安全な場所からも接続部分の細かい部分まで捉えます)
  • ソーラーシステムのモニタリングや、ホットスポットの検知 (不具合のあるセルの特定)
  • 大規模な工場プラントの設備不良を検知(精錬所内の温度異常など)
  • 安全な場所からの高温測定
  • 電気設備のチェック
  • 漏水検査や断熱効果測定などの建築物診断
  • 細部に渡るエネルギー診断
2つ目のレンズの選択によって、対応可能な用途が異なります。

 

testo 885 超望遠サーモグラフィ2レンズセットの詳細

testo 885 赤外線サーモグラフィ:
  • 検出器のサイズは320×240画素=76,800の温度測定ポイント。標準搭載のSuperResolutionにより640×480画素の超解像画像を実現
  • 動画記録機能(オプション): PCと接続して25Hzの温度データ付き動画記録とインターバル自動撮影が可能。インターバル撮影はカメラ単体でも可能なので、より手軽に操作できます
  • 30mK(0.03℃)以下の温度分解能により、最小レベルの温度差も可視化
  • 熱画像はJPEG形式で保存可能
  • 回転式のグリップとディスプレイで、無理のない体勢であらゆる角度から撮影可能
  • 広い視野角: 30°の広角レンズによる広い視野角
  • パノラマ撮影: パノラマ画像アシスタントにより、広範な対象の測定時に、複数の異なる画像をつなぎ合わせて1枚の画像に合成。個々の画像を分析する手間を省き、1枚の画像で建物の外壁全体の画像の分析やレポート作成が可能
  • 場所認識(自動データ整理)機能: 定期点検など、類似の測定対象を認識し、熱画像を自動的に関連付けてアーカイブ保存
  • 最高1,200℃の高温測定(オプション):高温測定オプションにより、+1,200℃までの温度測定が可能
  • 表面湿度表示機能:カビの発生リスクがある場所を検出する測定モード。周囲の温度と湿度をカメラに手動入力すると、室内の露点を演算。サーモグラフィが測定した表面温度の値と露点を比較し、カビの発生リスクをディスプレイ上に赤、黄、緑で表示
  • 体表温度検知(オプション):交通機関や人が多く集まる場所で、体の表面温度が他より高い人を示す機能です。公衆衛生保護のスクリーニング用のもので、実際の体温とは異なるため、医療用の体温測定には使用できません
  • レンズ交換可能(セットに含まれるレンズ)
  • ボイスレコーディング機能: ヘッドセットを使って撮影時のコメントを保存可能
  • LED照明付きデジタルカメラ内蔵: 各熱画像に対応した可視画像を撮影。熱画像との関連付けおよびレポート生成が容易。LED照明により、暗い場所でも最適な条件で撮影可能
  • 片手操作を実現するオートフォーカス。カメラの揺れを防止
  • 最短焦点距離:10cm
  • 付属の専用ソフトウェアtesto IRSoftを使い、PC上で熱画像の解析が可能

選べるレンズ
レンズは超望遠の他に次の3種類から1つを選ぶことができます:

5° x 3.7° 超望遠レンズ(セットに含まれています):
  • 小さな視野角(5° x 3.7°)で遠く離れた対象物も高い温度分解能で正確に撮
  • 取扱いや保管も簡単:専用のレンズホルダーは不要です
30° x 23° 標準レンズ(2つ目のレンズとして選択可能):
  • 近接での熱画像撮影に最適
  • 広い視野角
25° x 19° レンズ(2つ目のレンズとして選択可能):
  • 保全・メンテナンス用途に最適
11° x 9° 望遠レンズ(2つ目のレンズとして選択可能):
  • 中距離から遠距離にある対象を高画質に撮影可能

 

同梱品

testo 885 超望遠2レンズセットには、本体と5° 超望遠レンズの他、以下が同梱されています:
 
  • キャリングケース
  • レンズ 1枚(30°標準レンズ、25°レンズまたは11°望遠レンズから選択)
  • PC解析用ソフトウェア
  • SD メモリーカード
  • PCへのデータ送信用USBケーブル
  • 赤外線カメラ用ショルダーストラップ
  • レンズクリーナークロス
  • 電源
  • リチウムイオン電池
  • 音声記録用ヘッドセット
  • レンズケース
  • レンズプロテクタ(超望遠レンズとは併用不可)
  • スペアバッテリー
  • 急速充電器
  • 取扱説明書
  • 出荷検査書
サーモグラフィ 赤外画像出力

フォーカス

オート/マニュアル

赤外分解能

320 x 240 pixels

フレームレート

33 Hz

SuperResolution (IFOV)

1.06 mrad (Standard lens), 0.85 mrad (25° lens), 0.38 mrad (Telephoto lens), 0.17 mrad (Super-telephoto lens)

SuperResolution (ピクセル)

640 x 480 pixels

空間分解能 (IFOV)

1.7 mrad (standard lens), 1.36 mrad (25° lens), 0.6 mrad (telephoto lens), 0.27 mrad (super-telephoto lens)

最小焦点距離

0.1 m (Standard lens), 0.2 m (25° lens), 0.5 m (Telephoto lens), 2 m (Super-telephoto lens)

視野角

30° x 23° (standard lens); 25° x 19° (25° lens), 11° x 9° (telephoto lens); 5° x 3,7° (super-telephoto lens)

熱感度

< 30 mK 以下(at 30°C)

スペクトル範囲

7.5 ~ 14 µm

*inside the EU, outside 9 Hz

サーモグラフィ 装置

デジタルカメラ

同梱品あり

プロセス分析パッケージ

同梱品オプション

JPEG 保存

同梱品

ビデオ再生

USB接続; via HDMI

ビデオ測定

最大3測定ポイントまで

ボイスレコーディング

Bluetooth****/有線ヘッドセット

レーザー

レーザーマーカー

パノラマ画像アシスタント

同梱品あり

Power-LED

同梱品あり

レンズ交換

2 lenses included in the set

場所認識

同梱品あり

インターフェイスプリンタ

Labview; Bluetooth®; USB 2.0; via HDMI

Bluetooth

Connection to the radio humidity probe and the Bluetooth® headset

Fever detection

同梱品オプション

標準レンズ

30°×23°

**** Bluetooth only in the EU, Norway, Switzerland, USA, Canada, Colombia, Turkey, Japan, Russia, Ukraine, India, Australia

電気機器のメンテナンス用に

電気機器やケーブルに欠陥があったり、機能不全に陥る前には、負荷がかかっている部分の温度が上昇します。テストーのサーモグラフィを使えば、システムの低中高電圧の温度上昇が一目でわかります。熱画像によって問題のある部品や接続を早期発見できるので、事前に予防措置をとることができます。そのため、生産システムのダウンタイムにかかるコストや危険性を大幅に減らすことが可能です。  

赤外線サーモグラフィの代表的な用途:
  • 電気設備の接続不具合の確認
  • 太陽光発電システムのモニタリングと検査
  • 機械メンテナンスの点検業務用

建物の外壁分析

大きな建造物の熱画像の撮影にはいくつか課題があります。壁や道路、近隣ビル周辺の安全地帯などの空間的な制限のため、1枚の画像で測定対象を捉えられないことがあります。その場合でも、テストーのサーモグラフィなら必要な概要が得られます。パノラマ撮影機能を使うと、ビル外観の複数枚の画像を1枚の画像として合成することができます。ビルの外観全体を確認できるので、温度異常による問題箇所が見つけやすくなります。

総合的なエネルギー効率の改善策を提案

赤外線による熱画像診断は、建物の冷暖房システムのエネルギー損失を素早く効果的な分析するのに役立ちます。テストーの赤外線サーモグラフィは高い温度分解能のため、断熱が不十分な箇所や冷橋(コールドブリッジ)を鮮明に写しだすことができます。窓枠やドア、ブラインドカーテン、ラジエーターの隙間、屋根裏の構造や建物全体のエネルギー損失を記録し、レポートを作成するのに最適です。メンテナンスや総合的な診断用のツールとして、エネルギー効率の改善策をクライアントに提案することができます。

回路基板上の熱異常を正確に検知

研究開発分野では、サーモグラフィは回路基板上などの温度分布の目標値と分析にも使用されます。回路基板上の電子部品は小型化が進み、熱放散に関する課題が増えています。この業務には、高い温度分解能をもつ高精度なサーモグラフィが必要です。加熱と冷却プロセスを時系列で分析し、熱伝達の最適化をはかるために、テストーのサーモグラフィの動画記録機能が役立ちます。

太陽光発電システムの点検

太陽光発電システムの点検には、安全性と性能の監視という2つの目的があります。太陽光発電システムは晴天の日差しのもとで最高のパフォーマンスを発揮します。測定範囲が広く、非接触で撮影可能なサーモグラフィは、太陽光発電システムのさまざまなサイズのパネルのモニタリングに適しています。肉眼ではわからないソーラーパネルの不良箇所を検知し、システム全体で正常に稼働している機能が明確になることで、最大の稼働率を達成することができます。加えて、キーとなる日射強度のパラメータ入力にも対応しており、データの信頼性も保証されます。日射強度の数値は保存された熱画像にソフト上で入力すると、画像解析で使用可能になります。

信頼できる高温測定

テストーのサーモグラフィは高温アプリケーションの要件にも対応します。testo 885/890はオプションで、最大+650C°の高温測定が可能です。高温用のカラーパレットの使用やヒストグラム調整により、高いコントラストで画像をディスプレイに表示します。

取扱説明書

ソフトウェア