testo 885 超望遠仕様 - 赤外線サーモグラフィ(超望遠レンズ搭載)

型番  0563 0885 V4S1

  • 320×240画素、標準搭載のSuperResolutionで640×480画素を実現、30mK(0.03℃)以下の温度分解能で高画質

  • 視野角5° x 3.7°の超望遠レンズで、遠く離れた場所にある測定対象も高精度に撮影可能

  • パノラマ画像機能、場所認識機能、表面湿度表示機能、JPEG保存、動画記録機能(オプション)

  • デジタルカメラ内蔵で、可視画像の撮影も可能

testo 885 超望遠仕様サーモグラフィは、特に離れた場所にある測定対象の熱画像撮影が可能です。高圧電線や、ソーラーシステムのホットスポット検知、精錬所などの巨大な工場プラント内の不具合箇所の特定などに最適です。

¥1,110,000
¥1,198,800 税込

製品の詳細

testo 885 超望遠仕様サーモグラフィは、遠距離の熱画像撮影に最適です。超望遠レンズにより、離れた場所にある対象物を高精度に撮影することができます。このハイエンド・サーモグラフィは特に以下の用途に適しています:
 
  • 高圧電線の検査(遠距離からも接続部分の細かい部分まで捉えます)
  • ソーラーシステムのホットスポット検知 (不具合のあるセルの特定など)
  • 大規模な工場プラントの設備不良を検知(精錬所内の温度異常など)

 
 

testo 885 超望遠仕様の赤外線サーモグラフィの詳細


testo 885 赤外線サーモグラフィ:
 
  • 検出器サイズ: 320×240画素。76,800の温度測定ポイントによって正確な測定と優れた画質を実現
  • 熱画像の画素数を4倍に向上するSuperResolutionで640×480画素の超解像画像を実現
  • LED照明付きデジタルカメラ内蔵: 熱画像と可視画像の関連付けやお客様用のレポート生成に最適
  • 人間工学に基づいた使いやすい回転式のグリップおよびディスプレイ
  • 熱画像はJPEG形式でも保存可能
  • パノラマ撮影: パノラマ画像アシスタントにより、広範な対象の測定時に、複数の異なる画像をつなぎ合わせて1枚の画像に合成。個々の画像の値の表示、比較や列挙をせずに、合成された1枚の画像で分析およびレポート生成が可能。建物の外壁全体の画像の作成も可能
  • 場所認識(自動データ整理)機能: 定期点検などで、類似の対象を繰り返し撮影する場合に使用。測定対象を認識し、熱画像を自動的に関連付けてアーカイブ保存
  • 最高1,200℃の高温測定(オプション): 高温測定オプションにより、+1,200℃までの温度測定が可能
  • 動画記録機能(オプション): PCと接続して25Hzの温度データ付き動画記録とインターバル自動撮影が可能。インターバル撮影はカメラ単体でも可能なので、より手軽に操作できます
  • レンズ交換可能(レンズ追加オプション)
  • ボイスレコーディング機能: ヘッドセットを使って撮影時のコメントを保存可能
  • 片手操作を実現するオートフォーカス。カメラの揺れを防止
  • 付属専用ソフトウェアtesto IRSoftを使い、PC上で熱画像の解析が可能


5° x 3.7° 超望遠レンズ:
  • 交換可能なtesto 885 サーモグラフィ用超望遠レンズ
  • 小さな視野角(5° x 3.7°)で遠く離れた対象物も高い温度分解能で正確に撮影
  • 取扱いや保管も簡単:専用のレンズホルダーは不要です

 

同梱品

本体( 5°超望遠レンズ搭載)、専用ケース、 解析用ソフトウェア、SDメモリーカード、USBケーブル、ストラップ、 ヘッドセット、クリーニングクロス、ACアダプタ、バッテリ、取扱説明書、出荷検査書

カタログ

取扱説明書

ソフトウェア