testo Saveris T1 - 1チャネル無線温度プローブ

型番  0572 1250

  • 大容量メモリデータ

  • 無線転送により、自由に設置場所を選択

  • 防水 (保護等級 IP 68)

  • HACCP適合、EN 12830認証

testo Saveris T1 無線プローブは、温度センサを内蔵、食品製造時の環境温度測定などに適しています。EN 12830に適合。

製品の詳細

testo Saveris T1無線プローブは、NTCサーミスタの温度センサを内蔵しており、また1チャネルにつき最大6,000データのメモリを持っています。この無線プローブは、食品業界での温度モニタリングに適しており、厳しい環境においても使用可能です。IP68の保護等級、EN 12830に適合

ご注意:
testo Saveris ベースのファームウェアがV 1.0 の場合、Saveris 無線プローブ V2.0 をシステムに統合させるためには、Saverisコンバータ V 2.0(型番 0572 0258)が必要です。詳しくは弊社営業までご連絡ください。

 

同梱品

本体(無線周波数2.4GHz, V 2.0)、壁取付用ブラケット、単3乾電池×4、出荷検査書。
NTC

測定範囲

-35 ~ +50 °C

精度

±0.4 °C (-25 ~ +50 °C)

±0.8 °C (その他の範囲)

分解能

0.1 °C

一般テクニカルデータ

外形寸法

80 X 85 X 38 mm

動作温度

-35 ~ +50 °C

ハウジング

Plastic

保護等級

IP68

転送距離

approx. 100 m w/o obstruction at frequency 2.4 GHz

ウォールブラケット

同梱品

測定レート

Standard 15 min, 1 min to 24 h can be set

標準

DIN EN 12830

バッテリの種類

単3乾電池×4

バッテリ寿命

Battery life at +25 °C, 3 years; for freezer applications, 3 years with L91 Photo lithium Energizer batteries

メモリ

6,000 測定値 / チャネル

保管温度

-40 ~ +55 °C

質量

Approx. 240 g