食品の安全性:最新の測定技術で、食品の安全を守る

食品の安全は、危険な菌の繁殖を抑えて確実に調理することだけにとどまりません。畑での栽培、肉の生産、貯蔵および加工において、HACCPの基準を満たしていなくてはなりません。Testo では食品を確実にモニタリングするための様々な測定機器をご用意しており、特に温度と湿度の測定の他、継続的な測定プロトコルの作成を可能にします。Smart Probesモデルなら、個々の測定器をスマートフォンで操作でき、データの収集や保存、評価も可能です。

食品の安全性を維持するための測定器には、以下のような機能が求められます。

  • それぞれの用途に応じてフレキシブルに調整できる
  • 堅牢な構造
  • スマートフォンでの操作に対応している機種がある
  • 正確かつ確実

株式会社テストー

お気軽にお問い合わせください。

フードサービスでの食品安全

Flexible temperature monitoring with Testo combi thermometer

外食産業における信頼できる食品管理のための測定器:

  •  入荷中
  •  保管中
  • 食事の準備とサービス中
フードサービス
testo Saveris Restaurant

リテールチェーンの自動品質管理のためのオールインワンソリューション:

  • 測定値を記録するためのセンサ
  •  直感的なソフトウェア
  • 包括的なサービス
リテールチェーン

物流と貿易における食品安全

Testo measurement technology logistics

保管および輸送中の安全なコールドチェーンと入荷商品のための測定機器:

  • 温度と湿度をモニタリング
  •  継続的な文書化
ロジスティック
Non-contact measurement in Incoming Goods with IR thermometers from Testo

卸売および小売における安全な食品管理のための測定機器:

  • 入荷および保管中
  • 冷蔵カウンターや冷凍庫での展示中
小売業
testo Saveris Food Stores

スーパーマーケットやガソリンスタンドでの自動品質管理のためのオールインワンソリューション:

  • 測定値を記録するためのセンサ
  •  直感的なソフトウェア
  • 包括的なサービス
リテールチェーン

製造時の定期的なチェックによる食品安全

Temperature monitoring in food industry

生産工程全体をモニタリングする測定器:

  • 温度と湿度をモニタリングする
  • プロセスの検証と認定のためのデータロガー
  • 解析のためのドキュメント化
食品業界
Temperature check in traditional food production setcor

製菓製パン・鮮生食品のための測定器:

  • スポットチェック測定と継続的モニタリング
  • pH値の測定
製菓製パン・鮮生食品
Food inspection

プロの食品管理のための測定器キット:

  • 要求の厳しい分野の精密測定技術
  • 移動用の特別な輸送ケース
食品検査官


食品安全に関するご質問はこちらから

食品の安全性:最優先事項

食品の生産、貯蔵、加工、調理には、とりわけ厳しい安全基準が適用されています。料理や飲み物は可能な限り菌や有害な病原体を排除することが求められますが、それは各段階でしっかりとしたモニタリングが行われてこそ実現可能です。消費者の健康を守り、安全な食品を届けるためには、貯蔵庫の温度と湿度は常にモニタリングし、異変が見つかった場合は直ちに対策を講じる必要があります。すべての製品に原産地や貯蔵・保存方法を追跡できる表示が求められるだけではなく、例えばコールドチェーンを一貫して継続することも重要です。これらは食品の安全性という観点から実証が可能でなくてはならず、単純な温度計ではなく、測定値の記録が可能な最新のデータロガーが要求されます。ワイヤレス仕様であれば、複数の冷蔵庫をケーブル接続なしでモニタリングすることができます。測定データは、クラウドソフトウェアでどこからでも簡単に確認することも可能です。 さらに、食品の安全性という枠組みには、コールドチェーン全体を追跡可能にして、輸送を継続的にモニタリング可能にしておくことも含まれます。

Food-Production-Loesung-2000x1500.jpg

以下のようなHACCPの規則は、食品用測定器で追跡・検証することができます。

  • 危険分析
  • 重要管理点の設定
  • モニタリングシステムの導入と活用
  • 限界値違反発生時の、是正処置の実行
  • 評価活動の実行
  • 文書作成
testo-831-application-temperature-002194.jpg

消費者のために:測定器で食品の安全を守る

消費者の口に入るものが安全で体に良いものであるという信頼は何より大切であり、食品の安全を守るためのしっかりとした対策がなければ、さまざまな料理を安心して楽しむことができなくなってしまいます。少しでもコールドチェーンが途切れると腐敗や菌の大増殖につながってしまう冷蔵品の場合は、消費者の苦情の元になりかねません。ただし、安全な料理や飲み物を用意することは比較的簡単です。例えば赤外線温度計は、離れた場所から温度を測り、データをSmart Probesアプリに送信して測定レポートを発行することができるので、食品の安全を守ることが楽になります。

健康と食品の安全性の密接な関係

testo-104-IR-application-temperature-003500.jpg

安全性が食品の生産、貯蔵、加工で果たす役割は非常に大きなもので、多くの法的規則を守らなくてはならないと同時に、様々な規制値や推奨事項が出されています。HACCP基準は、食品部門の安全性の向上に貢献する概念の、ほんの一例です。Testoの測定器が、食品の安全をサポートします。例えば料理の中心温度を測定する中心温度計タイプの他、pH測定器、とりわけTestoのフライ油テスターは食品の安全性に大きく貢献する一台です。

POP-Frittieröltester-Speisenzubereitung-Restaurant-2000x1500.jpg

安全性と効率性

また、食品のモニタリングはシームレスであるだけではなく、効率性も求められます。既出のフライ油テスターはまさにそうしたものの一つで、フライ油のチェックが可能になるため「疑わしい」という理由で油を廃棄せずに済むようになります。衛生面から交換時期であると判断したものを、新しい油に替えることができるため、不必要な油の交換をせずに済むのです。食品の安全対策は、一般的に会社が求める効率と経済性に沿ったものでなくてはならず、その点でTestoの測定器は大きく貢献します。


食品のモニタリング:家庭でも可能です

途切れのない食品の安全管理は、生産加工側だけではなく家庭でも利用できます。料理の中心温度を測る、差込式の温度計がその一つです。例えば肉を焼いて、中に火が通っていることを確認する時は、家庭でも飲食店のように中心温度計を使用できます。Testo製品なら固形の料理だけではなく、液体温度の測定にも使用可能であるため、

以下のようなメリットが得られます。

  • 十分な加熱調理ができる
  • 食材をカットせずに測定が可能
  • 測定は正確かつスピーディ
testo-104-application-temperature-001086.jpg