燃焼排ガス分析計

排ガスによる環境汚染は公然の事実で、近年公害の増加により、ますます多くの問題が発生しています。排ガスの管理責任者には、国や地方自治体が定める法律や、会社が設定したガイドラインに基づいた管理が求められますが、それには燃焼排ガス分析が必要です。

排ガス分析計は、最新の技術により少量の汚染でも検出ができるようになったため、高精度な測定値も得られるようになりました。計測器は、特に工業分野では大きな援助となります。利便性が高く優れた機器は、操作が非常に簡単で、正確な測定値を提供・分析することができます。

testo 320の使用例

排ガス分析計の機器選定に必要な検討項目

  • アプリケーションの分野 - 用途に合った機器選定
  • 分析成分の種類: 例CO、SO2
  • 機器準備の簡便性
  • 内蔵センサ

排ガス測定 – 何故それほど重要なのでしょうか?

放射測定
工業分野のシステムでは、会社にとっての重要な要件を満たさなければなりません。その1つは効率性です。高い効率で運用されるシステムは、会社の費用と時間を節約につながります。それには、作業のモニタリングが不可欠で、これにより、効率の改善がまだ可能な場所を特定することができます。排ガス分析計を使用することで、ユーザはシステムの効率性を管理できるようになります。

システムとその運用には熱やガスの排出が結びついています。そこには、直ちにいくつかのデメリットがあげられますが、特に大気汚染は深刻な問題です。責任者には、大気汚染を防止するか、できるだけ低く抑える、という任務があります。この目的のために法的規制と指令が必要です。これには排出制限値が含まれます。制限値を超えると、環境汚染の増加につながるだけでなく、従業員の健康を害する可能性もあります。

ガス排出時のモニタリングは正確に実施されなければなりません。言い換えれば、ここでの分析計の結果は、代表的な値でなければなりません。これらの結果は、互いに直接比較できます。このプロセスが法定限度を超えないよう、排ガス分析計で測定しなければなりません。ただし、誰もが測定を実行できるわけではなく、測定を実行する資格のあるスタッフが必要になります。

燃焼排ガス分析計は、異なる測定対象、音や振動、悪臭、大気汚染物質にも対応できます。

実施されるほとんどの測定は大気汚染に関するものです。測定には、大気中に存在する汚染物質の検出も含まれます。この機器は通常、ここで濃度の表示を使用します。オプションの種類は、当然、機器の設計によって異なります。
排出モニタリング
排出モニタリング

排ガスモニタリング

パーティクルのモニタリングは、もちろん健康と環境保護の両面で重要な要素です。しかし、特定のエリアにおける排ガスのチェックも過小評価してはいけません。これには、複数の測定器の組み合わせが有効です。これまでの技術の進歩により、異なる機器を組み合わせて測定値を比較することができるようになりました。 例えば石油によるヒーティングシステムの場合、スモークテスターを使用することは理にかなっています。

排ガス分析計が一般的な排出限度値を守るために使用されるように、パーティクル測定器も、環境中のパーティクルの排出量を確認するために使用されます。これは、粉塵を放出する機器の直ぐそばで働く人の健康を守るために役立ちます。これらの機器を組み合わせて使用することにより、信頼性の高い詳細な評価が得られます。

放射測定器

問い合わせ先

製品についての詳細は、以下へご連絡ください。

優れた技術装置を備えたガス漏れ検知器

Exhaust gas analyzer

工場での排ガス管理は非常に詳細で、またトレーサビリティが確保されていなければなりません。これはあなた自身と、会社の従業員の関心事でもあります。特に人々が工場で働くところでは、公害を可能な限り低く抑えることが特に重要です。そのため、排出モニタリングは非常に優れた技術装置を用いて実施すべきです。テストーには、それにふさわしい排ガス分析計があります。高性能で、1つの計測器でNO2、CO、COlow、NO、NOlowまたはSO2など異なる成分測定を行うことができるという利点があります。

排ガス測定 - テストーのラインナップ

ナノパーティクル測定器か、排ガス分析計かー工場での排出量をモニタリングし、限界値を超えた場合に対応するためのさまざまなオプションがあります。テストーでは、測定機器の形でこれを支援しています。さまざまなソリューションの幅広いラインナップから、信頼できる製品をお選びいただけます。複数の機器を組み合わせることも可能です。機種によっては、無線LANで内部ネットワークにデータを送信することもできます。

排ガス技術―ガス漏れ検知器による測定データの活用

漏れ検出器

今日の測定器に採用されている排ガス技術には多くの利点があります。燃焼排ガス量に関しては、現在の測定値を認識することに加えて、排出ガスを削減する役割も果たします。ここでは、ガス漏れ検知器がその役割を担います。

これはさまざまな分野でも応用できます。例えば、排ガス分析計によりガス排出量が高過ぎると認識された場合、そこには別の理由があるかもしれません。1つの可能性は、その原点にリークがある、ということです。リークが特に小さい時にそのリークを正確に特定することは、ガス漏れ検知器の任務です。

漏れ検知器とその特長:

  • 非常に高い感度
  • 使いやすさ
  • 関連する計器での小さな漏れの検出