風速計・風量計

流量計には様々なデザインがあります。テストーではその多くが風速計・風量計として様々な分野で使用されています。特に産業分野においては、風量測定が重要な役割を果たす場合があります。ダクト測定に加えて、排気口測定およびフィルタ差圧測定があります。風量測定の場合、熱線式風速計やベーン風速計を使用するか、風量フードを使用するかは、条件によって異なります。それぞれの風速計の特長を理解して、適切な機種を選定する必要があります。

風速(風量)計は以下の用途で使用されています。

  • ダクト測定
  • 排気口測定
  • 快適度測定
  • フィルタ差圧測定

 

風速計・風量計ラインナップ

熱線式風速計

熱線式風速計

換気ダクトにおける風速測定、換気グリル、ベンチレーター及びクリーンルームのヒュームフードにおける排気の点検

ベーン式風速計

ベーン式風速計

排気口および換気ダクトにおける風量測定、換気グリル(格子枠付換気口)、円盤型ベンチレーター、回転式ファンの吸排気口の点検

フード付風量計

フード付風量計

大型の回転式(巻込み式)排気口の風量・温度および相対湿度の測定

主な用途

ダクト内測定

排気口の風速・換気量測定

フィルター付近の風速測定

マルチ環境計測器

すべての空調および換気測定

風速測定のポイント

どの風速計が適しているかを判断するには、あらかじめ用途や使用目的を確認する必要があります。ダクトの風量測定では特に風速計が使用されますが、主目的はダクト内の風速を制御するためです。換気ダクトは、空調および換気システムの最も重要な要素です。風量測定をすることは、ダクトの運転管理を可能にする解決策でもあります。

空調システムだけではなく、ダクト排気口の場合でも、換気の効率性は非常に重要です。風速計は、この点で大いに役立ちます。風量のわずかな変化でさえ、システムに影響を与える可能性があるからです。ある程度の風速が確保できるなら、ベーン式風速計も有効な値を得るという点では良い選択肢です。

異なる個々の室内の対流速度の影響は過小評価されています。人が部屋で体感する快適度は、環境に大きく依存します。温度と湿度、対流速度は、快適度に影響します。熱線式風速計は、この分野で特によく使用されています。

 

 

風速測定

ほとんどの空調システムにはフィルターが装備されています。空調システムが最適な状態で稼動するよう、清掃や交換などの定期的なフィルター管理が望ましいです。フィルタ測定は、汚れがフィルタを通って内側に進み、室内空気に害を及ぼすのを防ぐための管理手段で、風速計を用いて測定することができます。

以下は、風量および環境測定をするための測定器です。

株式会社テストー

お問い合わせ先

風速計 – 換気空調に適した測定器

Anemometer

適切な風速・風量測定のための機器選定では、事前に測定器がどのような値を記録できるかを正確に確認することが重要です。ベーン式風速計は、例えば多点ポイントの平均演算が可能ですが、微風時の風速およびIAQ測定には向きません。このような測定には熱線式風速計が適しています。

気流およびIAQ測定にはかなり多くの応用分野があります。これは単に風速の測定にとどまらない多様性があります。 この分野でポイントとなるのは、温度と気圧、湿度と熱です。つまり環境を正確に分析し、変化が生じたときに迅速な対応が求められます。

風速計には以下の機能が重要です。

  • 測定データの正確性
  • すばやい分析
  • 簡単操作
     

風速測定

屋外での風速測定も重要で、これを必要とする分野がいくつかあります。風速計は、例えばスポット測定を行えるように設計されています。テストーの風速計には、風速パラメータだけでなく、複数のパラメータを測定できる機種があります。ベーン式風速計は風速以外の合にパラメータを測定する場合に効果的です。ディスプレイを切り替えることで、体感温度(Windchill)演算やビューフォート風力階級(Beau)表示、kts、km/h、m/s、mphの単位選択が可能な機種があります。(雨天、降雪時には使用できません)

 

Wind speed meter

風速を手軽に測定

屋外から屋内に話を戻しますが、室内での環境測定の場合、風速計は多くの測定業務をよりシンプルに効率化することができる理想的なアイテムです。ベーン式風速計やベーンプローブでの測定時にダクト断面積データを入れると風量の測定が可能になります。

風速計の測定レンジは、ダクトや吸排気口の最大風速を許容できるかどうかを確認する必要があります。換気ダクト内の風速が中~高風速域であれば、差圧計を利用して風速を演算で求めることもできます。ベーン式風速計、またはベーン式プローブ接続の環境計測器により、風量の測定が可能になります。 風量測定には、追加のアクセサリが必要な場合もありますので、その際はお問い合わせください。

風速計による風量演算のメリット

  • 屋内の風速測定
  • 測定データをベースにした演算とデータ転送
  • レポート作成

テストー風速計をご検討なら

テストーの風速計はラインナップが豊富で、さまざまモなデルから選択できます。スマートフォンと接続して、測定器をリモート操作する機種もあります。風速計についての概要や機種選定ポイントをお読みいただくと、必要な機種が見つかるはずですが、ご不明な場合は、お気軽に弊社までご連絡をお願いします。ベテランの社員がご相談を承ります。

のワンポイントガイドダクト内の風量測定

資料では、次の情報をご確認いただけます。

用途に合ったプローブ
ガイドライン(DIN EN 12599)に準拠した受け入れテストの測定
測定エラーの特定と対策