testo 160 TH -  温湿度センサ内蔵Wi-Fiデータロガー

型番  0572 2021

  • 内蔵温湿度センサ、小さな本体と目立たないデザイン

  • オプションのデコカバーを使用すれば、周囲背景と同調し美観を損ねません

  • ネットワークと常時接続しtestoクラウドと連携します。異常があれば、e-mailでのアラームもしくはSMS(アドバンスライセンス)でリアルタイムに通知します。

  •  設置と操作が簡単

Wi-Fiデータロガー testo 160 THで繊細で高価な展示品や保管されている文書を保護します。testo  160 THは温湿度センサが内蔵されており、博物館・美術館において館内の雰囲気環境を包括的に常時モニタリングすることが出来ます。

¥29,000
¥31,320 税込

製品の詳細

testo 160 THはtesto 160データロガーシリーズの1つで、博物館・美術館の環境管理に関するニーズにより開発されました。多用途に対応するセンサにより、展示スペースや保管庫など様々な場所で使用可能です。

データの閲覧・運用とデータロガーへのプログラム転送はtesto クラウド上で行うことができます。
 

 

温湿度モニタリングはWi-Fiデータロガー testo 160TH

Wi-Fiデータロガー testo 160 THは簡単に使用できる温湿度センサ内蔵のモニタリングシステムです。

測定データはWi-Fi経由で直接testoクラウドにアップロードされます。もし、設定した上下限の閾値を超えた場合はただちにe-mailもしくはSMS(オプション)によりアラームが送られます。インターネット環境があればPC、タブレット、スマートフォンからいつでも測定データの確認ならびにデータ分析を行うことが出来ます。 
 

 

様々な背景に同調させることが可能― Wi-Fiデータロガー testo  160 TH

testo  160 THの小ささ(64×76×22 mm)とそのシンプルなデザインは、展示スペースまたは展示ケース内に設置しても出来るだけ違和感を与えない設計になっています。別売カスタマイズデコカバー(オプション)を使えば、データロガーを周囲背景と同調させることができ、美観が崩れるのを防ぎます。お客様に展示品により集中して頂く環境づくりが可能です。
 

 

ネットワークと常時接続しtestoクラウドと連携

testoクラウドは本システムの中核で、testo 160 ロガーで測定した重要なデータをWi-Fiを通じてtesto クラウド上に保存します。 本クラウド上で、上下限の閾値等のアラーム設定が行えます。ご利用になる前に、事前に次のURLにて登録が必要です。
URL: www.museum.saveris.net

testo クラウドを使用するにあたって、ソフトウェアのインストールは基本的には不要です。インターネットブラウザ上で、testo クラウドにアクセス、ログインをすると、すぐにデータの閲覧が可能です。

iOSまたはAndroidアプリをインストールすると、アラーム通知機能等が使用できます。お求めの機能に応じて、testoクラウドには無料で基本的な機能が使える「ベーシックライセンス」と、より細かい測定間隔が選択でき、1アカウントに対して10ユーザーまで登録ができる「アドバンスライセンス」の選択ができます。
 

 

博物館、図書館および保管庫でのtesto  160 THの用途

Wi-Fiデータロガー testo 160は博物館・美術館の館内の雰囲気環境や通路などのモニタリングに加え、展示ケースや保管庫での温湿度を測定できます。繊細で高価な展示品をダメージより守ります。
 

 

Wi-Fiデータロガーtesto  160 THのさらなる利点

Wi-Fiデータロガーの内部メモリ容量は40,000データ分あり、ハウジング保護等級はIP20に基づいて設計されています。標準バッテリ寿命は18ヶ月で、いつでも交換することができます。付属のUSBケーブルとUSB給電アダプタ(オプション)を使い、乾電池なしで運用することも可能です。

 

同梱品

  • Wi-Fiデータロガーtesto  160 TH 本体
  • testoクラウドベーシックライセンス
  • 単4アルカリマンガン乾電池×4
  • USBインタフェースケーブル
  • ロック解除ツール、壁掛けブラケット、粘着テープ
  • QRコードステッカー
  • 出荷検査書
  • 簡易取扱説明書
静電容量式湿度センサ

測定範囲

0 ~ 100 %rH (non-condensing)

精度

±2.0 %rH に +25.0 °C および 20 ~ 80 %rH

±3.0 %rH に +25.0 °C および < 20%rH および > 80 %rH

±1.0 %rH ヒステリシス

±1.0 %rH / 年 (ドリフト誤差)

分解能

0.1 %rH

温度

測定範囲

-10 ~ +50 °C

精度

±0.5 °C

分解能

0.1 °C

一般テクニカルデータ

外形寸法

76 X 64 X 22 mm

動作温度

-10 ~ +50 °C

保護等級

IP20

Communication rate

クラウドライセンスにより異なります。; クラウドライセンスによる; ベーシック: 15分 ~ 24時間 / アドバンスド: 1分 ~ 24時間

無線LAN接続

無線LAN規格: IEEE 802.11 b/g/n およびIEEE 802.1X; 暗号化方式: WPA2 Enterprise: EAP-TLS, EAP-TTLS-TLS, EAP-TTLS-MSCHAPv2, EAP-TTLS-PSK, EAP-PEAP0-TLS, EAP-PEAP0-MSCHAPv2, EAP-PEAP0-PSK, EAP-PEAP1-TLS, EAP-PEAP1-MSCHAPv2, EAP-PEAP1-PSK, WPA Personal, WPA2 (AES), WPA (TKIP), WEP

測定レート

クラウドライセンスにより異なります。; クラウドライセンスによる; ベーシック: 15分 ~ 24時間 / アドバンスド: 1分 ~ 24時間

バッテリ寿命

1.5年

電源

1.5V 単4乾電池 x 4, AC電源ユニット(USBケーブル付き)

メモリ

32 全チャネルの合計

保管温度

-20 ~ +50 °C

質量

94 g

Certificates for 温度

ISO校正証明書/温度

製品の詳細および型番 0520 0171

Certificates for 湿度

ISO校正証明書 湿度

製品の詳細および型番 0520 0076

アクセサリ

デコカバー

製品の詳細および型番 0554 2006

¥1,000
¥1,080 税込
壁掛けブラケット

製品の詳細および型番 0554 2013

¥1,000
¥1,080 税込

展示ケース内の環境変化のモニタリング

展示ケース内の空気環境のモニタリングは展示品保護の観点から非常に重要な役割です。変動しやすい展示ケース内の環境はダメージの要因の一つとなります。Wi-Fiデータロガーtesto 160は上下限の閾値の逸脱をアラーム機能により通知します。また、展示スペースおよびケース内では、testo 160の本体の小ささとデザインのカスタマイズ性により美観を損ないません。

展示スペースの雰囲気環境のチェックと文書化

絵画や彫刻などはとりわけ、不適切な空気環境の中での取扱によりひどくダメージをうけます。細微な亀裂の拡大は、不適切および変動の多い空気環境による結果です。Wi-Fiデータロガーを使って、温湿度を中心とした、重要な環境要素を常時モニタリングが可能となります。このように、事前に不適切な環境管理に起因する展示品へのダメージを防止するために test o160は役に立ちます。美術館・博物館で展示される作品は、他の施設より借りているものが多く、博物館・美術館の評価の一つとして展示品を注意深く扱うことが指標になっています。賃貸借契約書にも、首尾一貫した雰囲気環境の文書化が求められる場合も多くあり、testoクラウドでは、貸主に文書を提供するだけではく、常時貸主の展示品の周囲環境のチェックが出来ます。また、小さな本体とシンプルなデザインにより、背景と同調し、美観を損ねず、お客様に展示品をより楽しんでいただくことが可能です。

収蔵庫内の空気環境の管理

博物館・美術館は一般的に数ある展示品のうちの一部のみを展示します。大多数の作品は収蔵庫に保管されており、最適な空気環境を変動させないことは、経年劣化を限りなく防ぐためとりわけ重要です。それを実現するために信頼できる雰囲気環境のモニタリングが要求されます。Wi-Fiデータロガーtesto 160 は収蔵庫の展示品の保存環境に関わるモニタリングおよび文書化をサポートします。