Testo 270オイルテスター - 1滴1滴が貴重です。

ポテトチップス、チキンナゲット、ドーナツなどの揚げ物はおいしく、世界中で人気フードです。しかしそのおいしさに満足いただけるよう、食品提供者は定期的にフライ油の劣化度を確認する必要があります。フライド製品の品質を保証するベストな方法です。

testo 270フライ油テスターは、オイル中の極性化合物 (Total Polar Materials)(TPM)成分比率を測定することで、素早く、正確に実行します。します。フライ中に発生する極性化合物は、オイルの品質の信頼できる指標です。

Testo270オイルテスターの特長

  • 交通信号と同じように、極性化合物量に応じてディスプレイが変化し、油の交換時期のお知らせ
  • 油が高温でも距離をとって安全に使用できるような人間工学的な設計
  • 流水での洗浄が可能
  • HACCP InternationalおよびNSFによる認証取得済
Teaser-1540x768-02.jpg

製品

testo 270 オイルテスター

クッキングオイルテスター
あらゆるオイルのテストに:直感的操作、迅速な反応、堅牢な設計。

pH計

pH計
肉やパン生地などの液体および半固体媒体のpH値や温度を測定。

アプリケーション

株式会社テストー

お問い合わせ先

正しいフライ油のテスト

フライ油用試験紙とは対照的に、オイルテスターを使用する測定は、より直感的で信頼性があり、とりわけ再現性のある比較可能な測定値を提供します。フライ油用試験紙には染料が塗布されており、これがオイルと接触すると色の変化を生じます。表と比較すると、オイルの品質の度合いを確認できます。しかし、フライ油用試験紙は遊離脂肪酸含量(FFA)を測定します。これはフライ中に変化するため、注意を払わなければなりません。

testo 270でどのようにフライ油をテストしますか?

Testo270オイルテスターでは、フライ油を簡単にテストできます。

  • 揚げた製品をオイルから取り出し、オイル中に気泡が見えなくなるまで待ちます。
  • オイルテスターのスイッチを入れます。
  • オイルテスターを熱い油に浸し、測定します。
  • TPM 値を読めば、テスト完了です。

クッキングオイルテスター

testo 270オイルテスターによる測定

testo 270を使用すれば、より良い測定と常に正確な測定値を表示します。機器は次のとおり機能します:揚げものをオイルから取り出し、オイル中に気泡が見えなくなったら、オイル中に水分がなくなったことを意味し、測定を開始できます。水分や揚げ物が含まれていると、測定結果を誤らせる要因となります。まず、浸漬深さに注意します。プローブのMINとMAXのマーキングの間に油面が来るようにするのが理想的です。車のオイルレベルを確認する場合と同様にしてください。プローブとフライヤー(油槽)の金属部品との間には、最低1cmの距離を置く必要があります。センサをゆっくり小さな円を描くように動かすと、より早く測定が完了します。 testo 270オイルテスターをオートホールドモードで使用すると、測定が完了するまでディスプレイが点滅します。ディスプレイの点滅が終わったら、すぐにTPM値(極性化合物)が表示されます。値の解釈は、ディスプレイの色で簡単にわかります。(しきい値は変更可能です。)

  • グリーン(20%TPM未満): 交換の必要なし。
  • オレンジ(20~24%): オイルはまだOKですが、そろそろ交換の準備が必要です。
  • 赤(24%超のTPM): すぐにオイルを交換してください。ちなみに、フライ油は、TPM 14~20%の間が安全で、フライド製品の味をもっとも美味しくします。

フライ油はどれくらいの期間使えますか?

フライ油の劣化は、どのオイルを使い、どのくらいの頻度で何を揚げるかに依存します。ただし、確実に劣化度を測定するには、オイルテスターの使用を推奨します。オイルテスターを使えば、迅速に測定を行うことができ、安心してフライすることができます。

食用油の節約

testo 270による定期的な測定は、フライ油の交換時期が早すぎたり遅すぎたりするのを防ぎます。これにより、調理油の消費量を最大20%減らすことができ、コストを削減できます。

pH計

pH計

食品用pH計

食品のpH値と微生物の増殖との間には直接的な相関関係があります。経験則では、pH値が低ければ低いほど、細菌が増殖しにくくなります。ベーカリー製品では、pH計は、品質や不変性の評価に関して価値あるサービスを提供することができます。しかしpH値は、生肉や加工肉にとって重要です。味、色、肉の柔らかさ、貯蔵寿命は、これに依存します。