testo 6446 大口径気体流量計 - 大口径パイプ用気体流量計

型番  0699 6446

  • 信号出力を選択できる変換器: アナログ出力、パルス出力、スイッチ出力

  • 総消費量を計算するための積算合計機能(トータライザ)

  • 測定ブロックやパイプクランプに取り付けたり、測定用の継手として柔軟に使用可能

  • さまざまなオプション(信号出力、物理ユニットなど)を使用して簡単に操作可能

圧縮空気の消費量をモニタリング: testo 6446 は、大口径のパイプ(DN65-250) 内のエア流量を測定するのに理想的な気体流量計です。 気体流量の計測は、リーク検出、消費量に基づく圧縮空気の配分だけでなく、コスト削減にもつながります。

製品の詳細

工業分野の企業では、圧縮空気は重要なエネルギー源ですが、同時に大きなコスト源にもなります。正確な測定および制御テクノロジによって圧縮空気の消費量を明らかにすることは、エネルギーの節約(省エネ)、コストの削減、およびISO50001やISO14001に準拠した環境管理システムの導入に役立ちます。

testo 6446圧縮エア流量計を使用すると、圧縮空気の消費量の正確な測定、消費量と漏れのモニタリング、および圧縮空気システム内の流量測定を実行できます。十分な量の圧縮空気を発生させることができているかどうかを判断するために、testo 6447を使用してピークロード分析を行うこともできます。これらの測定により、節約の機会を発見したり、不必要な投資コストの発生を防いだりすることができます。
 

testo 6446圧縮エア流量計の技術的メリットの概要

testo 6446圧縮エア流量計は変換器でもあり、測定したパラメータを標準化された電気信号に変換します。このため、testo 6446をシステム(圧縮空気システムなど)に組み込み、測定および制御テクノロジの主要な装置とすることができます。testo 6446圧縮エア流量計には、次のメリットもあります。
 
  • さまざまな信号出力を利用できる優れた柔軟性: アナログ出力、パルス出力、スイッチ出力を利用できます。そのため、消費量の測定、消費量または漏れのモニタリング、流量測定など、あらゆる用途に対応できます
  • 内蔵の積算機能: 実用的なトータライザ機能を内蔵しているため、積算流量を表示できます
  • 柔軟な取り付け: 測定ブロックやパイプクランプに取り付けたり、測定用の継手として柔軟に使用できます
  • 優れた精度: testo 6447圧縮エア流量計はさまざまなサイズで提供されます(DN65~250の特に大口径のパイプに対応)。どのサイズも内径が正確に決定されているため、標準体積流量に合わせた調整が可能です。これにより、特に標準的な芯温プローブと比較すると、高い精度での測定が可能です
  • 簡単な操作と優れた柔軟性: 信号出力のパラメータ設定と物理ユニットの切り替えが可能です。また、信号の遅延および減衰に対応します
  • 熱量測定の原理に基づいた測定: 測定中の圧力降下はありません
  • その他のメリット: 温度補償が不要で、応答速度が速く、頑丈なセンサを備えています。また、流入側と流出側が一体化されているため、精度が最適化されます

 

同梱品

testo 6446 エア流量計 ( DN65 (2 ½") / DN80 (3") / DN100 (4") / DN125 (5") / DN150 (6") / DN200 (8") / DN250 (10"))