CO₂ データロガー – 二酸化炭素濃度測定による換気対策

室内や人が集まる場所のCO₂ 濃度は、人間の健康にも影響を与えます。CO₂ 濃度を数値化することは、CO₂ が規定範囲を超えるような場合でも、すぐに対策をとる判断材料となるため、とても重要です。CO₂ データロガーを使用すると、CO₂ 濃度の継続的な記録が可能です。データロガーは、詳細な記録ータの表示・分析ができるように設計されています。

CO₂ データロガー導入を検討する場合、機種選定のためには以下のポイントがあります。

  • 測定値の詳細表示
  • 停電時のデータ保護
  • CO₂、温度、湿度の測定の組み合わせ
  • 正確な測定
  • 操作性
     
CO₂ data logger

CO₂ データロガー

CO₂ data logger testo 160 IAQ

CO₂、温度、湿度、 気圧

展示室

美術館でのCO₂ データロガー

美術品や文化財の保護と来館者の快適度

居住・ワーキングスペース

データロガーでビルのCO₂ 濃度測定

室内空気品質レベルが下がると倦怠感や集中力の低下を引き起こします。

資料をダウンロード

CO₂ データロガーによる室内空気品質のモニタリング
「CO2モニタリングと室内空気品質」資料の無料ダウンロード

建物内のCO₂濃度のレベルは、様々な要因により変化します。そして、濃度自体が室内空気の質に大きな影響を及ぼす可能性があります。換気量を最適化することは、一般的に、特に多くの人々が活動している室内において必要とされます。不快な臭いは、CO₂濃度が高すぎることを示しています。
このために頭痛や不快感がもたらされます。CO₂ロガーを使うと、濃度レベルの概要を得ることができます。これによって、必要な場所の換気量を調整し、改善することが可能になります。

 CO₂濃度の測定が必須な場所は、居住エリアや作業場所だけではありません。CO₂データロガーは、工業および農業設備にも使用されています。データロガーを使うと、設備監視のストレスなく、測定結果をもとに換気量の調整を迅速に行うことができます。
場合によっては、空気を入れ替えるだけでなく、トレーサーガスとして注入することが必要になる場合もあります。CO₂データロガーを使う重要なポイントは、注入の追加が必要な時期を把握できることです。

問い合わせ先

製品についての詳細は、以下へご連絡ください。

建物内の

測定結果の分析は、定期的に実施することが求められます。ただし、特にCO₂値を測定するときには迅速に対応できることが重要になります。
データロガーは、標準値を超えたときに視覚または音響アラームを発信する機能を備えています。任意の標準値を入力し、許容濃度の上限値(しきい値)として設定することができます。


購入する際のもう一つのポイントは、データのメモリ容量です。記録中にロガーのバッテリがなくなり、電源供給が受けられない場合もあります。このような状況でデータが失われた場合は煩わしく、長期的な問題につながる可能性があります。そのため、停電があった場合も記録し続けられるデータ容量が推奨されます。
以下は、CO₂データロガーの主な特長と機能です。

  •  広い測定範囲
  • 視覚および音響アラーム機能
  • CO₂濃度の詳細表示
  • 測定間隔の設定
  • 停電時のデータロスなし

 

二酸化炭素の記録実用的でクリアなディプスレイに表示

CO₂データロガーは、CO₂記録のために様々な領域で使用されます。数値の記録は、効果的かつ長期的な分析を行う上で重要です。場合によっては、データモニタリングシステムを利用することが役立つことがあります。このシステムは、データをPCまたはスマートフォンに転送します。アラーム音による通知も可能です。

工場エリアやオフィス、学校、保育所など、いずれの場所においても、データロガーで正確に測定することには様々な利点があります。

  • CO₂曝露の推移に関する長期的な概観
  • 不正な値に対する迅速な応答
  • ガス曝露をより迅速に制御
Data monitoring system with CO₂ data logger

テストーのCO₂データロガー

テストーのCO₂データロガーは、簡単操作で使いやすく、高精度の測定によってガス暴露の状態を正確に把握することができます。

最適な環境条件を保証するためには、CO₂データロガーを温度データロガー温湿度データロガーと組み合わせて使うことを推奨します。CO₂測定器の中には、温度測定機能付きの製品もあります。

紫外線の強度を知る必要がある場合は、UVデータロガーをお勧めします。輸送中など、衝撃を伴う移動中の測定には、衝撃度データロガーが重要な測定データを提供することができます。

CO₂、温度、温湿度、UV、衝撃度データロガー
CO₂ データロガーによる分析

WiFi対応のCO₂データロガー

CO₂測定用のデータロガーについては、Wi-Fiを搭載した無線ロガーがあります。無線データロガーを使うと、測定データの監視がさらに容易になります。測定データは無線LANを介してPCなどの端末に自動的に転送されるので、複数の地域や大規模な部門を監視する場合に便利です。
無線データロガーには主に以下のメリットがあります。

  • いつでも操作可能
  • 簡単でより素早い操作性
  • PDFファイルの生成