データロガーとは

データロガーとはデータをロギング (記録) する装置です。

測定器の世界においては、設置した測定器 (センサー) により得られた測定データを自動的に記録し続ける機器やシステムをデータロガーと呼んでいます。
テストーでは、主に温度や湿度などの環境パラメータを長期間記録する用途の測定器のことをデータロガーと呼んでいます。

テストーのデータロガーについて



テストーのデータロガーは測定値の長期安定性や堅牢性でお客様に評価されています。横浜のサービスセンターでは、温度および湿度を中心とした校正に対応しています。
専用ソフトウェアが不要で簡易的なデータロガーから、専用ソフトウェアまたはクラウドを使って詳細データを解析できるタイプまで、幅広い製品群でお客様の測定ニーズに対応いたします。

テストーのデータロガー

データロガーの選定

データロガーを選定する上では、下記3つの選定基準があります。

1. 測定対象: 温度/温湿度/衝撃/気圧/紫外線 等

2. 単独 (スタンドアロン) / Wi-Fi等ネットワーク経由でデータを記録するか

3. センサ内蔵タイプかプローブ外付けタイプか

この1~3までの組み合わせで製品を選びます。

データロガーの種類(測定対象別)

■ 温度ロガー

温度を記録するデータロガーを温度ロガーと呼びます。冷蔵・冷凍庫の温度管理や試験機等の環境温度の記録に使用されます。

温度センサ内蔵タイプは、冷蔵・冷凍庫内に設置します。温度センサ (プローブ) 外付けタイプはプローブを庫内に挿入して使用されます。
ここで言う温度とは気温を指し、例えば冷蔵・冷凍設備や温熱設備の温度が一定の範囲内である必要があるとき、これを維持する目的で監視・モニタリングとして利用されます。

                   設置・回収タイプ

    自動収集・Wi-Fi常設タイプ

温度センサ内蔵

温度データロガー

温度センサ内蔵データロガー

温度センサ外付け

センサ外付け温度データロガー

温度センサ外付け温度データロガー

輸送用

輸送用温度データロガー

輸送用USB温度データロガー

温度センサ内蔵 / 外付け

Wifi data loggers for temperature

WLAN対応無線温度データロガー

■ 温湿度ロガー

温度と湿度を対象としたデータロガーを温湿度ロガー、または湿度ロガーと呼びます。

センサ内蔵・突き出しタイプは倉庫などの湿度が保管品に影響を与える環境や、オフィス・作業環境での環境管理として使用されます。外付けセンサ(プローブ)タイプは、ダクト内空気の温湿度、試験機等の温湿度等の管理に使用されます。

                   設置・回収タイプ

    自動収集・Wi-Fi常設タイプ

温湿度センサ内蔵

温湿度センサ内蔵

温湿度センサ内蔵データロガー

温湿度センサ外付け

温湿度センサ外付け

温湿度センサ外付け温湿度データロガー

輸送用

輸送用

輸送用USB温度データロガー

温湿度センサ内蔵 / 外付け

Wi-Fi 対応

WLAN対応無線温湿度データロガー

■ 大気圧データロガー

大気圧を対象として記録するデータロガーを大気圧データロガーと呼びます。
試験室の大気圧管理に使用されます。大気圧に加えて温度・湿度の測定にも対応しています。

            設置・回収タイプ

    自動収集・Wi-Fi常設タイプ


大気圧センサ内蔵

testo 176P1

気圧センサ内蔵
温湿度プローブ外付け

Wi-Fi データロガー

WiFi data logger for temperature, humidity, CO₂ and atmospheric pressure

気圧、温湿度、CO₂センサ内蔵

■ 絶対圧データロガー

絶対圧を記録するデータロガーを絶対圧ロガーと呼びます。

絶対圧 (Pabs) は宇宙空間のような真空 (ゼロ圧) を基準とした圧力を絶対圧といいます。絶対圧であることを明示する添字として『abs』を使用し、『Pabs』で記述します。
大気圧との違い: 大気圧は絶対圧のうち大気圧付近周辺の絶対圧  ( 600 hPa ~ 1,100 hPa )  を指します。ここで紹介する絶対圧データロガーは、真空から大気圧以上の圧力を測定範囲としてカバーしています。

            設置・回収タイプ


CFRデータロガーシステム

testo 190 P1
製薬業界における滅菌および凍結乾燥プロセスの効率的な検証

HACCPデータロガーシステム

testo 191 P1
食品飲料業界における低温殺菌、滅菌、凍結乾燥プロセスの効率的な検証

■ CO₂ データロガー

オフィス、作業環境の換気の指標としてCO₂値が用いられます。IAQ ( Indoor Air Quality ) の評価時にもCO₂濃度が重要になります。

    自動収集・Wi-Fi常設タイプ


CO₂ データロガー

CO₂ data logger testo 160 IAQ

CO₂、温度、湿度、 気圧

■ 照度・紫外線データロガー

照度・紫外線を測定対象としたデータロガーのことを照度ロガー、紫外線ロガーと呼びます。
美術館・博物館などの展示スペースにおいて、照度・紫外線を監視して展示物に与える影響を分析するために使用されます。

         自動収集・Wi-Fi常設タイプ


センサ内蔵
 

UV data logger testo 160 THL

UV, 照度, 温湿度測定

プローブ外付
 

UV, lux data logger testo 160 E

陳列台内部設置用
UV, 照度, 温度, 湿度測定

testo 160
接続可能プローブ

UV and lux probe for testo 160 data loggers

testo 160TE, testo 160E
接続可能プローブ

■ 衝撃データロガー

衝撃を測定対象としたデータロガーを衝撃データロガーと呼びます。
衝撃に対して繊細な精密機器や医薬品の輸送時に、比較的大きな衝撃イベントを記録します。衝撃を常時記録するための機器ではありません。

            設置・回収タイプ


Datalogger for shocks testo 184 G1

衝撃度、温湿度測定
USBデータロガー