温度データロガーによる温度モニタリングの効率化

温度データロガーは、温度や湿度が重要な役割を果たす産業分野で、モニタリング用機器として使用されています。データロガーには短期使用のための使いきりタイプと、長期モニタリング用のものがありますが、特に製造工程では長期間にわたるモニタリングで測定値を評価できることが重要です。

温度データロガー採用のポイントとなる機能は次のとおりです。

  • 精度のよさ
  • 試験時の効果的な再現性
  • 長寿命バッテリ
  • 低ランニングコスト
  • 操作性のよいソフトウェア
     

温度データロガー

温度センサ内蔵

温度データロガー

温度センサ内蔵データロガー

温度センサ外付け

センサ外付け温度データロガー

温度センサ外付け温度データロガー

輸送用

輸送用温度データロガー

輸送用USB温度データロガー

Wi-Fi 対応

Wifi data loggers for temperature

WLAN対応無線温度データロガー


温度データロガーのアプリケーション例

外食産業

薬局・ドラッグストア

医薬品製造

問い合わせ先

製品についての詳細は、以下へご連絡ください。

Data loggers for temperature and humidity

温湿度データロガーの選択基準は、どのような場所で使用するかにより異なります。測定精度が、他の要素と比較してより重要になる場合があります。データロガーにより室内空気品質をモニタリングする場合、冷却チャンバの管理に求められるほど精度は必要ではありません。一方、コールドチェーンにおけるコンプライアンスについては、正確な値を維持すつことが重要です。オフィスの環境条件を測定するだけの場合は、小数点以下を正確に測定する必要はありません。このように測定精度は、機器の選択に重要なポイントです。


Temperature data loggers for transport

測定の正確性をチェックするには、精度確認のための再現性が求められます。データロガーによる再現性は、より正確な比較が可能になるため、測定の負担を軽減します。測定が誤っているとすぐにわかるため、制御することが容易になります。
 

長期間にわたり、多くの場所で測定データを記録するために内蔵バッテリの寿命は重要です。バッテリ残量が少なくなると、ロガーに信号を送ることも同様に重要です。バッテリの交換が必要となる時期を通知することは、バッテリ駆動のデータロガーの重要な機能です。