logo
  1. Home
  2. Products
  3. 製薬業界向けデータロガーと環境モニタリングシステム

環境モニタリング

医薬品サプライチェーン向けのデータロガー、温湿度計、モニタリングシステム。 必要な時に必要なだけ。

品質の確保、コンプライアンスの維持、リソースの節約

厳格な温度管理が求められる製品には、特別な製造条件、保管条件が必要です。 これらは、対応する規制および法的要件によって定義され、その遵守が義務付けられています。

では温度、湿度、圧力、衝撃などのパラメータを測定し、文書化するには、どの測定ソリューションが理想的なのでしょうか?

その答えが見つかります。

温湿度計からモニタリングシステムまで

品質関連の環境パラメータをモニタリングするために、温湿度計、独立型データロガー、自動監視システムという 3 つの方法が確立されていますが、それぞれに特徴があります。

温湿度計

  • 最大90日間の測定データメモリ

  • 最小値と最大値の表示

  • しきい値違反時の視覚アラーム

データロガー

さらに詳しく見る

データロガー

  • 自動化された測定と文書化

  • 視覚アラーム

  • 最大200万件の測定値を保存

  • 1年間のバッテリ寿命

モニタリングシステム

さらに詳しく見る

モニタリングシステム

  • 完全自動でシームレスな測定、モニタリング、文書化

  • 包括的なアラームオプション

  • 測定値の冗長保存

  • いつでも、どこからでも、どの端末からでも測定データにアクセス可能

テストーの各種測定ソリューション

最小/最大温度計/温湿度計:エントリーレベルのオプション

温湿度計は、温度と湿度を監視するための安価で簡単な方法です。 設置やメンテナンスに手間や費用をかけることなく、温度や湿度の測定に利用できます。 2 つの測定パラメータの現在の周囲値のみが計算され、(通常は大型の) ディスプレイに表示されます。 温湿度計の測定間隔はカスタマイズ可能で、モデルによっては最大 90 日間の測定データが保存されます。

データロガー製品カタログ

製品カタログでは、お客様の用途に合った測定機器をご確認いただけます。

ダウンロード

データセキュリティと自動化: 知っておくべきこと

品質関連の環境パラメータをモニタリングする場合、次の2つの経験則が適用されます

  • 監視する測定点が増えるほど、測定ソリューションにはより高度な自動化を求める必要があります。 その理由は簡単です。手動による測定データの記録や文書化中に発生する可能性のあるエラーが最小限に抑えられるからです。

  • データの文書化、評価、アーカイブに関する規制要件が厳しくなるほど、高度な自動化が賢明になります。 その理由は、自動化されたシステムが所定の保管と文書化を処理してくれるからです。 データの整合性も確保されます。自動化されたソリューションにより、データの改ざんは事実上不可能になります。

結論 : 厳しいデータ セキュリティ要件を伴う困難な測定タスクは、自動モニタリングソリューションシステムを使用するのが最適です。

データ セキュリティ

自動化の度合

その他関連情報

No results found.