スマートプローブ: 新コンセプトの測定器

スマートプローブはスマートフォンやタブレットで測定データを確認できるだけでなく、専用アプリで、環境測定に必要な演算値やグラフィック画面を簡単に見ることができます。

さらに現場からオフィスのPCにデータを送信できるので、作業効率が格段にアップします。環境測定の専門メーカーとして長年培ったきたノウハウとテクノロジーがスマートプローブに搭載されています。

スマートプローブの特長

  • スマートフォンを表示器として利用することで、表形式やグラフィック表示が可能
  • スマートアプリにより、文書作成やメール送信が可能
  • 最大6本まで同時接続が可能。冷凍空調セットはスマートプローブを4本組み合わせてマニホールド同様の測定が可能

スマートプローブの詳しい情報はリーフレットをご参照ください。

スマートプローブの詳しい情報はリーフレットをご参照ください。
 

スマートプローブに対応するスマートフォンおよびタブレット
※2016年8月現在: 代表的な市販品のみ記載

testo スマートプローブシリーズの概要

Smart Probes

testo 115i – クランプ温度スマートプローブ

クリップ式で冷凍空調システムのパイプにはさみ、凝縮側・蒸発側それぞれのパイプの表面温度を測定。+85℃までのパイプ温度に対応。

testo 405i – thermal anemometer operated by smartphone

testo 405i – 熱線式風速スマートプローブ

エアコンなどの風速や、換気ダクトの温度や風量を測定

testo 410i

testo 410i – ベーン式風速スマートプローブ

換気扇や、換気ダクトの温度や風量を測定

testo 510i

testo 510i – 差圧スマートプローブ

差圧測定および、風速や風量の演算、配管の気密試験


Smartphone measuring instruments

testo 549i – 冷媒圧スマートプローブ

冷凍空調システムの冷媒圧力のメンテナンスや、設置前の試験運転などに

iPhone hygrometer

testo 605i – 温湿度プローブ

室内やダクト内の温湿度を測定

Smartphone thermometer

testo 905i – 気体温度スマートプローブ

ダクトや換気口のエアの温度測定に

のワンポイントガイドダクト内の風量測定

資料では、次の情報をご確認いただけます。

用途に合ったプローブ
ガイドライン(DIN EN 12599)に準拠した受け入れテストの測定
測定エラーの特定と対策


テストースマートアプリについて

testo スマートプローブは単機能で、たとえば、testo 405i による風速測定、testo 605i による温湿度測定が可能ですが、スマートアプリで最大6本までの同時接続が可能です。スマートフォン上で複数のスマートプローブの測定値を一覧で確認することができます。

スマートアプリは、あらかじめご利用になるスマートフォンまたはタブレットにインストールしてください。

 

スマートプローブの操作

  1. スマートフォンのアプリをタップ
  2. スマートプローブの電源をON
  3. 接続が確立したら、測定スタート

問い合わせ先

製品についての詳細は、以下へご連絡ください。

アプリを使用して効率アップ

スマートプローブアプリには、測定器だけではできない便利な機能が搭載されています。

Testo Smart Probes

どんな現場でも測定可能

スマートプローブはワイヤレスで測定値をスマートフォンやタブレットに送信します。Bluetoothが通信可能な範囲内ならどこでもデータを飛ばすことができます。
Testo Smart Probes with App

報告書作成もデータ送信でスマートに

スマートフォンやタブレットに送信された測定データは、専用アプリにより表形式やグラフィック形式で閲覧することができます。
このデータを現場からpdf形式やエクセル形式で送信することができるので、作業効率が格段にアップします。


testo Smart Probes App

最大6本まで同時使用可能

最大6本までの測定データをスマートフォンやタブレットに表示できます。たとえば、冷凍空調システムの複数配管の冷媒圧力と温度を一度に測定・比較します。
testo Smart Probes App

測定値をスピーディに表示

アプリで簡単にグラフ形式または表形式の切替ができ、トレンドの把握が手軽にできます。

testo Smart Probes App

各プローブに対応した演算機能

アプリにはあらかじめ測定項目に関連したアプリケーションメニューが登録されており、たとえば、冷媒の凝縮・蒸発温度や過熱・過冷却度、ダクトや換気口の風量演算などが簡単に選べるようになっています。

testo スマートプローブ 冷凍空調セット

Smartphone hygrometer

冷凍空調エンジニアのためのスマートツール

  • 冷凍空調の低圧・高圧の2つのポートに接続する冷媒圧スマートプローブと、それぞれのパイプの表面温度測定用に温度クランプスマートプローブがそれぞれ2本、専用ケースに入っています。
  • スマートアプリでスマートフォンやタブレットで測定データを閲覧できます。
  • 冷媒用のパイプに直付けできるので、冷媒が大気に混入するのを最小限に抑えることができます。
  • 80の冷媒データを内蔵
  • 冷媒の飽和(蒸発)温度と凝縮温度を演算
  • 測定範囲: -40 ~ +150°C、-0.1 ~ 6 MPa

testo スマートプローブ
冷凍空調セット


その他のテストー測定器シリーズ

POP-Smartprobes-Collage-2000x1500.jpg

温度

温度は、最もよく調べられる環境測定項目です。幅広いバリエーションから適切な温度計を見つけることが正しい温度測定の一歩です。どこでどのようになにを測定したいかにより、候補がかわります。

温度計には、液体温度を測る温度計、非接触で物体の表面温度を測定する赤外放射温度計、浸漬温度計などがありますが、テストーなら必要な温度計が見つかります。

湿度

湿度はさまざまな用途で何らかの関連があるパラメータです。特にオフィスや研究所の室内環境評価に使用されます。また、水分計は、建材や木材の水分率を測定することで漏水や換気の不備をチェックします。

風速

換気空調システムが適切に設置されているかどうかを確認するには、風速計を用いて風速や風量を測定します。テストーの風速計およびマルチ環境計測器はラインナップが豊富です。

圧力

空調システム関連では、冷媒圧力やフィルター差圧などを測定し、室内環境を適正に保ちます。