熱線式風速計による風速測定

風速は、環境測定の分野で重要なパラメータです。換気ダクト内やエアコンからの気流や風量の測定には風速計の使用が有効です。風速計にダクト面積を入力することで風量を演算、記録することもできます。したがって、多くの風速計には、風量演算機能が内蔵されています。室内の風速や風量は、室内空気品質に影響を与えます。室内の空気品質を評価するのは不可能と思われがちですが、定期的、継続的に関連するパラメータの測定値を比較することで評価ができます。

熱線式風速計の購入する際のポイント

  • 時間平均
  • 温度測定、風速測定、風量演算の組み合わせ
  • ホールド機能

熱線式風速計

Thermal anemometer

換気ダクトの風量、温度を測定
 

スマートフォン対応機種

Thermal anemometer operated with smartphone

スマートフォンやタブレットと接続して、アプリで操作

マルチ環境計測器

Multifunction measuring instruments

エアコンや換気ダクト全般、室内空気品質
 

のワンポイントガイドダクト内の風量測定

資料では、次の情報をご確認いただけます。

用途に合ったプローブ
ガイドライン(DIN EN 12599)に準拠した受け入れテストの測定
測定エラーの特定と対策

風速の測定空気の流れがIAQ(室内空気品質)に及ぼす影響

風速の測定は、屋外での環境や気象条件を調べるという点で興味深いですが、現在、風速計は屋内でより頻繁に使用されています。また、ベーン式風速計は、一般的に工業分野で使用されています。この風速計は、ベーン式プローブヘッドを備えており、風速を測定し、風量演算が可能です。最高140℃までの温度に対応し、風速と温度を同時測定します。

テストーの風速計シリーズには、プローブを組み合わせて使用する機種があります。これらは、例えば、換気空調システムの性能試験を行うために使用されています。換気ダクト内で流速が発生する場合、これらの風速をチェックすることは、室内空気品質に悪影響を及ぼす可能性があるかどうかを確かめる上で重要なファクターです。ベーン式でも熱線式でも風速を測定し、風量(流量)を演算することができます。

風量の演算は、例えば、風速や風温についての不確実性がある場合、風速計を用いて行われます。不確実な理由として考えられるのは、構造上の欠陥または隙間風である可能性があります。場合によっては、風速は非常に小さく、必ずしも即座に識別できるとは限りません。しかし、風速計のような敏感な機器を使用することによって、それらを迅速に検出することができます。

熱線式風速計の機能は以下のとおりです。

  • 屋内の風量測定
  • 体積流量測定可能
  • 気温の測定
  • 分析や画像の文書化
     

スマートフォン対応熱線式風速スマートプローブ

今日では、スマートフォン接続により風速測定ができる機種があります。この風速計は、測定値の分析やメールによる送信が簡単にできます。スマートフォンで熱線式風速計を操作することもできます。

スマートプローブは、風速だけではなく、風量や温度も測定することができます。測定された値はアプリに送られます。これにより、測定値を直接取得して分析できるので、他の測定値と比較することができます。

スマートフォン対応の風速計は、特に換気ダクト内での測定がより容易になります。スマートアプリは、直感的に操作できる使いやすいユーザーインタフェイスを備えています。

スマートフォン接続による熱線式風速計

  • 測定データのアプリへの転送
  • アプリ内のデータの直接分析
  • 取り扱いやすさ
     

株式会社テストー

お問い合わせ先