testo 174 H - ミニ温湿度データロガーUSBセット(2ch)

型番  0572 0566

  • 最大16,000件の温湿度(各8,000件)の測定結果を記録

  • 長期安定性に優れた湿度センサを採用し、信頼性の高い測定データを記録

  • ソフトウェアを使ってPC上でデータを簡単に分析(3種類のソフトウェアバージョンがあり、うちBasicソフトウェアはフリーダウンロード可能)

  • USBインターフェイス: PC接続のためのUSBアダプタが付属

小型で手軽に設置できるtesto 174Hセットは、温度・湿度を一定間隔で測定、記録するだけでなく、測定データの分析ができる信頼性の高いミニ温湿度ロガーです。倉庫、博物館、保管室、オフィス、マンションなどの温湿度を正確に記録します。

製品の詳細

温度や湿度に敏感な食品や薬品、博物館の展示品や保管品、表面がさびやすい金属部品、熱や湿気に弱いフィルムなど、保管管理業務に携わっている場合や、建物内の温湿度環境を定期的に検査するために、空調システムの使用状況をモニタリングする必要がある場合、継続的に温度と湿度の測定値を記録するのは有効な手段です。いつでもどこでも手軽に設置ができるtesto 174Hミニ温湿度データロガーは、このような測定作業に最適で、小型ながら16,000データという測定データを内蔵メモリに保存します。
 

ミニ温湿度データロガーの機能

ミニデータロガーのディスプレイでは、最新の測定値としきい値の超過を確認できます。測定データメモリには、最大16,000件の測定結果を記録します。保存された測定データは、電池切れや電池交換の際も消失しません。
testo 174Hミニデータロガーには温湿度センサが内蔵されており、湿度センサはtestoの静電容量式センサです。長期間にわたって安定的に機能し、湿度測定時の精度は最大±3%rhです。また、±0.5℃の精度を持つ内蔵の高精度NTC温度センサは、-20~+70℃の測定範囲に対応しています。
バッテリ(CR 2032×2)は入手しやすい市販のボタン電池で、簡単に交換ができます。

 

温湿度データロガーの設定と分析

ロガーの設定や読取り、取得した測定データをPC上で分析できるソフトウェアを、以下の3種類のバージョンからお選びいただけます。
  • ComSoft Basicソフトウェア – 迅速かつ手軽にロガーの設定とデータ分析、フリーダウンロード
  • ComSoft Professionalソフトウェア – 別売オプション – 解析機能を充実し、温湿度データをより詳細に分析可能
  • ComSoft CFR 21 Part 11ソフトウェア – 別売オプション - 製薬分野でCFR 21 Part 11で求められる要求事項に対応。セキュリティ機能を強化

 

USBインターフェイス: ミニデータロガーがすぐに使用できます

ミニ温湿度データロガーの設定や読取りには、USBインターフェイスが必要です。このセットにはUSBインターフェイスが付属するため、測定作業をすぐに開始できます。

 

同梱品

本体, USBインターフェイス、壁取付用ブラケット, CR 2032 リチウムバッテリ×2, 取扱説明書, 出荷検査書。
NTC

測定範囲

-20 ~ +70 °C

精度

±0.5 °C (-20 ~ +70 °C)

分解能

0.1 °C

静電容量式湿度センサ

測定範囲

0 ~ +100 %rH*

精度

±3 %rH (2 ~ +98 %rH)

±0.03 %rH/K

分解能

0.1 %rH

高湿度環境下での連続測定や長期設置はセンサの負担が大きいためお控えください(30℃以下で80 % rh以上 を12 時間あるいは 30 ℃以上で60 % rh 以上 を12 時間以上)。

一般テクニカルデータ

外形寸法

60 X 38 X 18.5 mm

動作温度

-20 ~ +70 °C

保護等級

IP20

チャネル

2

バッテリの種類

リチウム電池(CR2032)×2

バッテリ寿命

1年 (15分間隔)

メモリ

16,000 測定値

保管温度

-40 ~ +70 °C

取扱説明書

ソフトウェア