testo 191-T1 - HACCP 温度ロガー + 堅牢型ショートプローブ

型番  0572 1911

  • 超小型で狭い場所の温度モニタリングも可能です。

  • 測定温度範囲=-50~+140℃、耐圧=4気圧まで対応。オートクレーブや凍結乾燥器の温度モニタリング・マッピングに最適です。

  • 本体筐体はSUS316L、バッテリ筐体は高機能樹脂PEEKを使用しており、耐熱・耐摩耗性に優れています。

  • バッテリ交換は簡単です。工具不要で回して取り付け、取り外しがわずか30秒で簡単に行えます。

testo 191-T1は食品・飲料・製薬業界で求められる、レトルト食品、飲料缶、缶詰の殺菌工程、高圧蒸気滅菌、凍結乾燥プロセスの温度モニタリングに最適なロガーです。温度モニタリング・バリデーションを効率的にサポートします。testo 191-T1は超小型のため狭い場所の温度モニタリングにも使用することが可能です。

製品の詳細

testo 191-T1の特長
高精度:testo 191-T1は、ショート温度プローブ (長さ25 mm、Ø 3 mm) タイプでコンパクト形状なためオートクレーブをはじめ、小さい密閉容器中にも設置が可能です。
ロガー本体の筐体はSUS316Lを使用しており、耐熱、耐圧に優れています。
バッテリのハウジングには、耐熱、耐摩耗性に優れたPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)の筐体を採用しています。

バッテリ交換は工具不要で、バッテリを回して取り付け、取り外しがわずか30秒で簡単に行えます。
バッテリには2種類あり、設置場所のスペースに応じて取り替えて使用可能です。本体に取り付けたとき、電池(大)は高さ25mm、電池(小)は7mmの高さとなります。凍結乾燥器での測定を行う場合には低温対応(-50℃)電池(大)をご使用ください。
 
データロガーの設定、データ抽出、評価
ケース(小)は8台のデータロガーを収納する以外にも、PCと接続するためのインターフェースにもなります。
測定条件の設定および、測定後のデータ抽出もこれ1つで効率的に行うことが可能です。

21 CFR Part 11に準拠した専用ソフトウェアtesto 191用CFR Part11対応ソフトウェア(別売.型番: 0554 1911) は、testo 191シリーズの設定およびデータの読み取りが行えます。
高圧蒸気滅菌、凍結乾燥プロセスにおける温度・時間等の条件を設定すれば、実際の測定値が条件を満たすかの確認が行えます。
測定データはCSV、PDF形式でエクスポートが可能です。
testo 191用ソフトウェアはCFR Part11に対応している為、電子署名、監査証跡を出力できる機能が付いています。

 

同梱品

testo 191-T1, 電池(大), インターフェース接続用アダプタ(大),  出荷検査書付
Pt1000

測定範囲

-50 ~ +140 °C

精度

±0.2 °C (-50 ~ -40 °C)

±0.1 °C (-40 ~ 140 °C)

±0.1 °C

分解能

0.01 °C

一般テクニカルデータ

外形寸法

20 X 59 (ø X height)

動作温度

-50 ~ +140 °C

ハウジング

Stainless steel, PEEK plastic

プローブシャフト長さ

25 mm

プローブシャフト 直径

3 mm

チャネル

1

測定レート

1秒~24時間

Authorizations

CE

バッテリの種類

1/2 AA lithium

バッテリ寿命

2,500 operating hours (measuring cycle 10 sec at +121 °C)

メモリ

60,000 測定値

保管温度

-20 ~ +50 °C