低温殺菌・凍結乾燥プロセスの効率的な温度・圧力モニタリングに

食品・飲料・製薬業界で求められる、レトルト食品、飲料缶、缶詰の殺菌工程、高圧蒸気滅菌、凍結乾燥プロセスの温度・圧力モニタリングに最適なロガーです。気密試験またはオートクレーブや凍結乾燥器の圧力チェックに最適です。

特徴:

  • 測定温度範囲=-50~+140℃、耐圧=4気圧まで対応。オートクレーブや凍結乾燥器の温度モニタリング・マッピングに最適です。
  • 本体筐体はSUS316L、バッテリ筐体は高機能樹脂PEEKを使用しており、耐熱・耐摩耗性に優れています。
  • バッテリ交換は工具不要で回して取り付け可能で、わずか30秒で簡単に行えます。
  • ソフトウェアはシンプルで直感的に使用でき、CSV、PDF形式でエクスポートが可能。また致死力(Lethality)計算機能が付いており、予め条件を設定すれば、実際の測定値が条件を満たすかの確認テストが行えます。

お問い合わせ

testo 191についてご興味がある方は、 以下よりメールにてご連絡ください。
testo 191 HACCPデータロガー

testo 191 データロガー(5種)

  •  測定箇所の形状に合わせて選べる温度ロガー4種と圧力ロガーをラインナップ
  •  本体筐体はSUS316L、バッテリ筐体は高機能樹脂PEEKを使用
  •  測定温度範囲=-50~+140℃、耐圧=4気圧まで対応
多機能ケース

専用ケース
(PC接続用インターフェース付)

  •  ロガーの測定設定とデータの抽出が可能
  •  最大8台まで同時接続
  •  ケースと一体のため作業効率UP
testo 191 プロフェッショナルソフトウェア

testo 191
専用ソフトウェア

  •  シンプルなメニュー階層で操作が簡単
  •  致死力(Lethality)計算機能が付いており、高圧蒸気滅菌・凍結乾燥プロセスの目標、温度・圧力・時間を入力すると、実際の測定値が条件を満たすかテストが可能
  •  CSV生データとPDFレポートの出力が可能