衝撃度センサ内蔵 温湿度データロガー

データロガーは、一定期間の測定データを記録するように設計された、実用的な記録計です。一定間隔で記録された測定データは、PCで読み取り比較参照することができます。データロガーが必要とされる業界は多々ありますが、衝撃度データロガーは、貴重な文化財、資産価値の高い芸術品、振動に弱い精密機器などの輸送に適しています。製造から輸送を経て納入に至るまでの継続的な記録は、品質管理上とても重要です。

製品には品質に悪影響を及ぼす可能性がある様々な要因が商品の品質に影響を及ぼす可能性があります。これらは、輸送中の振動も含みます。振動ロガーは、これらの事象を記録するために特別に開発されました。その後、製品が輸送中に強い振動にさらされたかどうか、および別の品質管理が必要かどうかを検出することができます。

 

Shock data logger testo 184 G1

データロガーによる効率化

  • 夜間・休日などの考慮の必要なし
  • 一定間隔での測定と記録
  • 各種設定オプション

製品と用途

衝撃度データロガー

Datalogger for shocks testo 184 G1

衝撃度、温湿度測定
USBデータロガー

ロジスティック

Transport monitoring with shock logger

輸送時の温湿度および衝撃イベントの記録

製薬

Transporting pharmaceuticals with data loggers for vibrations

厳しい温湿度管理が求められる医薬品の輸送

美術館・博物館

Monitor vibrations with data loggers

温湿度や衝撃の影響から保護

温度・湿度・衝撃度を記録するUSBデータロガー、testo 184 G1

LEDでアラーム表示
LEDでアラーム表示
輸送中にしきい値を超過した場合は、本体のLEDが点灯し、アラームを表示します。 
簡単操作
簡単操作
testo 184は、説明書を読んだり、特別なトレーニングなをしなくても、直感的に操作ができます。あらかじめ、汎用性の高い基本設定がプログラムされているので「Start」ボタンで記録を開始し、「Stop」で終了するだけです。 
設定
設定
testo 184本体に設定用のPDFfファイルが保存されており、専用ソフトウェアのインストールは不要です。キャップをあけてUSBプラグをPCに接続すれば、設定ができます。 

データ読み取り
データ読み取り
記録されたデータは、testo 184をPCにUSB接続すると自動的にPDFレポートが生成されます。生成されたPDFは、書類を長期保存することに適したPDF/A基準に適合しています。 
ITセキュリティ
ITセキュリティ
testo 184データロガーは、ソフトウェアのインストールやダウンロードをすることなく使用できるので、ITシステム環境やFirewallセキュリティ面でも安心して使用することができます。 
モバイル機器による読取り
モバイル機器による読取り
testo 184 シリーズは、NFC内蔵のアンドロイドスマートフォンと通信ができます。NFC通信をONにしてtesto 184にかざすと測定値を即時に表示します。 

Vibration data loggers for differentiated records

衝撃度データロガーとその他のデータロガーの併用メリット

衝撃度データロガーは振動データロガーとも呼ばれ、当初はコンテナやトラック、船舶などの移動を伴う場所を想定して開発されました。特に振動に弱い製品および商品が、確実に最適な環境で輸送されるためです。海上輸送、陸送は、多くの場合、振動による影響を受けるため、輸送中の振動を確認する必要がありました。

衝撃度データロガーには、温度または湿度のような他のパラメータ記録できるタイプもあります。衝撃度データロガーにその他の測定器を組み合わせて使用することは、輸送管理上さらに意味のあることです。温度データロガー温湿度データロガーにより、輸送環境のデータを記録し、分析できるからです。また、絶対圧センサが内蔵された気圧データロガーは陸送時の気圧力変化を確認するのに役立ちます。

輸送時のモニタリングに関して、環境条件が輸送品に影響を及ぼす場合でも、testo 184 G1 なら、衝撃度、温度、湿度を同時に測定できるので、追加データロガーは不要です。その他、UV、CO₂ の影響を受ける場合は、Wi-Fi データーロガーtesto 160 シリーズの UV データロガーCO₂ データロガーがおすすめです。

Datalogger shock, temperature, humidity, pressure, CO₂, CO, UV

testo 184シリーズには、温度データロガー、-80 °Cまでの低温に対応する低温用データロガー、衝撃度センサのない温湿度データロガーなどがあります。

また、輸送用としては、testo 184 G1ほど完全ではありませんが、無線による一元管理が可能なデータロガーもあります。Wi-Fi データロガーには、温湿度のモニタリングができる testo Saveris 2 と温湿度のほかに CO₂ や紫外線の測定機能を備えた testo 160シリーズがあります。いずれも輸送監視用の補助用として利用可能です。

効果的な輸送モニタリングにおすすめのデータロガーシリーズ

衝撃度ロガーについて

衝撃度データロガー(振動データロガー/ショックデータロガー)は、しきい値を設定することで、輸送時の温度・湿度・衝撃度の変動が許容レベル内かどうかをデータロガーの使用者が客観的に判断できるようになっています。しきい値の設定は、輸送される製品により異なります。しきい値の入力後、データロガーの測定をスタートすると、温湿度と共に衝撃イベント時のXYZ3軸の大きさが記録されます。目的地に到達すると、その結果を表示して、しきい値を超えたかどうかの概要を閲覧することができます。

輸送用USBデータロガーは、PDFレポートを自動生成できるようになっています。このため記録データは、輸送依頼者やクライアントにその場で迅速に引き渡すことができます。

衝撃度データロガーのメリット:

  • しきい値の設定
  • 輸送中の振動や衝撃の測定
  • 輸送中のレポートを専用ソフトウェアがなくてもPCで確認
輸送中の振動を測定する衝撃度データロガー

問い合わせ先

製品についての詳細は、以下へご連絡ください。