テストー計測器による表面温度の測定

表面温度を記録することは、産業や取引の多くのプロセスで非常に重要です。とりわけ、熱工学、建築業、エネルギーセクター、製造業において、製品とシステムの品質基準を満たすことができます。

テストー表面温度計は提供します

  • 直感的操作と高精度な測定結果
  • すべてのアプリケーションに対応する交換可能なプローブーカスタマイズされた製品も可能です。
  • 毎日の使用に耐える頑丈な構造
  • テストーサービス部門の技術者による校正

表面温度測定用製品一覧

プローブ一体型

表面温度測定器
同様な測定を迅速かつ効率的に行うために。

プローブ接続式

表面の測定

様々な物体の上/下での測定用。
 

スマートプローブ

表面の温度

高速、デジタル、高効率、アプリ。
 

温度プローブ

表面の温度
すべての面、あらゆる用途、予算に応じて。

重要なアプリケーション

  • 壁面のU値の計測―未知の物質がある場所
  • 加熱システムの温度差の測定
  • 不均一な表面の温度測

株式会社テストー

お問い合わせ先

温度差

不均一な表面

表面温度計の校正

「あなたが計測した測定値は常に出ていますが、どれだけの測定値かを知るだけでいいのです」ヒューレット・パッカード社の共同創設者デイブ・パッカード(Dave Packard)の言葉には多くの真実があります。測定の正確さ(または不正確さ)を知るためには、表面温度計も定期的に校正する必要があります。そしてこれこそが、実際に正確に実施された測定を保証する唯一の方法なのです。

校正: 所定の条件のもとで、他の計測器からの計測器のずれの記録、および文書化。この機器は標準として記載されます。校正には、偏差の記録、測定の不確かさの計算、および証明書の作成が含まれます。校正により、機器の過去に結論を引き出すができます。計測器の状態を明確に示すためには、計測器に校正マークを付けなければなりません

調整: 計測器を、正しい値からの可能な限り最小の偏差に設定します。調整に関しては、計測器への介入が必要です。

トレーサビリティとは、途切れることのない一連の校正を通じて、測定結果を国内規格または国際規格に関連付けることを意味します。

標準は、計量比較対象物、比較材料、又は他の計測器の校正のための精密測定機器です。ポンペイからのキャパシティ測定のような基準は、非常に長い間行われてきました。

キャリブレーションファクトシート

温度を正しく測定する
校正と調整について知っておく必要があるものすべてを簡潔にまとめたもの。

1台ですべてをカバー:多機能計測器

テスタの表面温度計

正確な温度測定-多機能

表面の測定、表面の温度記録、その他のすべてのVAC測定項目の記録―テストーはこれらの用途に特化したtesto 435および testo 480マルチ環境計測器を開発しました。これらは、事務所、住宅、および工業ビルなど、すべての関連するVAC測定結果を、知的に高精度に、かつ基準に従って記録するために使用されます。

マルチ環境計測器は、以下のものを提供します。

  • 多用途に対応する完全なプローブレンジ
  • HVACグリッドおよび快適レベル測定のためのガイド付き測定メニュー
  • あらゆる測定範囲で正確な結果

多機能計測器の比較

その他の計測器

テスト表面温度計

非接触式表面温度測定

離れたところから非接触で、表面の温度を測定したいですか? まずテストーのサーモグラフィと赤外線温度計を知っておきましょう。赤外線温度計は、産業界や食品業界などのスポット測定やチェックに適しています。一方、サーモグラフィは、計測対象物の熱放射を赤外線画像に変換し、温度を可視化します。エンジニアリング、工業、建設部門での使用に最適です。

データロガーと測定ストリップ

データロガーおよび温測定ストリップは、さらに温度測定の可能性があります。ロガーを使用すると、個別に調整可能な期間にわたって、温度やその他のVACパラメータを測定し、監視し、記録することができます。保管場所、オフィスビル、博物館、および温度に敏感な物品の輸送に最適です。温度測定ストリップは自己接着性です。温度に応じて不可逆的に変化するフィールドの色を使って、表面を測定するために使用します。
 

中心・プローブ接続式温度計

中心プローブ接続式温度計は、液体、半固体媒体またはペースト中の温度を測定するのに適しています。食品分野や研究所で使用されます。