testo 174 T - ミニ温度データロガーUSBセット(1ch)

型番  0572 0561

  • 最大16,000件の温度の測定結果をメモリ

  • 約500日のバッテリ寿命、電池切れでも測定データは保持

  • IP65等級の防水性、HACCPに準拠、EN 12830規格に適合

  • ソフトウェアを使ってPC上でデータを簡単に分析(3種類のソフトウェアバージョンがあり、うちBasicソフトウェアはフリーダウンロード可能)、USBインターフェイス: PC接続のためのUSBアダプタが付属

testo 174Tは、食品や医薬品などの保管温度の継続的なモニタリングに最適なミニ温度データロガーです。また、冷蔵庫や冷凍ショーケースの温度管理にも適しています。
データをPCに転送するためのUSBインターフェイスが付属します。

製品の詳細

医薬品や食品を保管する際は、保管温度が特定のしきい値を超過しないように維持する必要があります。testo 174Tミニ温度データロガーを使用することで、棚、カウンタディスプレイ、冷蔵庫/冷凍庫などの保管場所を問わず、保管環境温度が継続的に特定の温度範囲内であることを確認できます。データロガーの測定値は高い信頼性で保存されるため、測定データの記録と文書化を中断なく行うことができます。

 

testo 174Tミニ温度データロガーの機能

testo 174Tミニ温度データロガーは、最大16,000件の測定値を保存できるメモリ容量を備えています。保存された測定データは、電池切れや電池交換の際も消失しません。最新の測定値としきい値の超過はディスプレイでも確認できます。データロガーに内蔵されている温度センサは、高精度のNTCセンサで測定範囲は-30~+70℃です。低温環境でも使用できるため、冷蔵庫や冷凍庫での温度管理にも適しています。
testo 174Tミニ温度データロガーは、食品関連の用途(保管温度の管理など)に特に適しています。EN 12830規格に適合し、HACCPにも準拠しており、国際HACCP認定を取得済みです。また、噴流水に対して保護されるIP65等級の防水性を備えているため、倉庫の清掃中も温度データロガーを測定場所に置いておくことができます。

 

温度データロガーの設定と分析

ロガーの設定や読取り、取得した測定データをPC上で分析できるソフトウェアを、以下の3種類のバージョンからお選びいただけます。
  • ComSoft Basicソフトウェア – 迅速かつ手軽にロガーの設定とデータ分析、フリーダウンロード
  • ComSoft Professionalソフトウェア – 別売オプション – 解析機能を充実し、温湿度データをより詳細に分析可能
  • ComSoft CFR 21 Part 11ソフトウェア – 別売オプション - 製薬分野でCFR 21 Part 11で求められる要求事項に対応。セキュリティ機能を強化

 

USBインターフェイス: ミニデータロガーがすぐに使用可能できます

ミニ温度データロガーの設定や読取りには、USBインターフェイスが必要です。このセットにはUSBインターフェイスが付属するため、測定作業をすぐに開始できます。

 

同梱品

本体, USBインターフェイス、壁掛け用ブラケット, CR 2032 リチウムバッテリ×2, 取扱説明書, 出荷検査書。
NTC

測定範囲

-30 ~ +70 °C

精度

±0.5 °C (-30 ~ +70 °C)

分解能

0.1 °C

一般テクニカルデータ

外形寸法

60 X 38 X 18.5 mm

動作温度

-30 ~ +70 °C

保護等級

IP65

チャネル

1 内蔵

標準

EN 12830

バッテリの種類

リチウム電池(CR2032)×2

バッテリ寿命

500日 (15分間隔)

メモリ

16,000 測定値

保管温度

-40 ~ +70 °C

カタログ

取扱説明書

ソフトウェア