testo 317-3 - CO 検知器

型番  0632 3173

  • 直ちに使用可能: ゼロ調整不要

  • 設定値を超えると画面表示とアラーム音で警告

  • アラーム音をイヤホンに出力可能

  • 携帯ケース、ハンドストラップが付属

一酸化炭素は致死性を持つガスです。このため、ガス暖房やボイラーの設置または点検時には、COの確認が必要です。小型のtesto 317-3 CO検知器は、周囲の空気中の一酸化炭素を素早く確実に検知します。

製品の詳細

一酸化炭素は、非常に危険なガスです。無色、無臭であり、致死性があります。このため、ガス暖房やボイラーの設置または点検時には、COの正確な確認が非常に重要です。これは、暖房器具やボイラーが適切に機能していることの確認だけでなく、一酸化炭素中毒による悲惨な事故の防止にも役立ちます。
 

testo 317-3 CO検知器で周囲の空気に含まれる一酸化炭素濃度を測定

testo 317-3を使うと、周囲の空気中の一酸化炭素濃度の検出と安全性をわずか数秒で確認できます。測定値は見やすいディスプレイに表示され、しきい値を超過すると画面表示とアラーム音が作動します。しきい値は任意に設定できます。
testo 317-3には、持ち歩きに便利な携帯ケースと、手首に絡ませて検知器の落下を防止できるハンドストラップが付属します。 

 

同梱品

本体、乾電池、ソフトケース、ストラップ、イヤホン、取扱説明書、出荷検査書。
CO 測定

測定範囲

0 ~ +1999 ppm

精度

±3 ppm (0 ~ +29 ppm)

±10 % (+30 ~ +1999 ppm)

分解能

1 ppm

一般テクニカルデータ

動作温度

-5 ~ +45 °C

バッテリの種類

単4乾電池x2

バッテリ寿命

150時間

保管温度

-20 ~ +45 °C