testo 872 - 赤外線サーモグラフィ(スマホ・モバイル対応)

型番  0560 8722

  • 画素:320 x 240(76,800) ピクセル。標準搭載のSuperResolutionで、熱画像を4倍の640 x 480画素で保存可能

  • 温度分解能:0.06°C以下

  • 測定温度範囲:-30~+650°C以下

  • 熱画像をJPEGファイル形式で保存可能

testo 872は、固定フォーカスタイプで焦点を合わせる必要がないサーモグラフィです。電源を入れてすぐに測定を行えます。重量510グラム、小型なため携帯性に優れています。WiFiモジュールが内蔵されており、モバイル端末(android/iOS)と連携し、遠隔撮影等が可能です。

¥420,000
¥453,600 税込

製品の詳細

testo 872は、工業および建築分野での熱診断を素早く効率的に行えるサーモグラフィです。機械や設備のメンテナンスや建物の構造上の欠陥を調べる場面など、幅 広い用途で使うことができます。不適切な設定による撮影の失敗を防ぐため、新たに設定アシスト機能が搭載されており、条件に合う最適な設定で熱画像を撮影 できます。建物診断では、IFOVインジケーターやε-アシスト、スケールアシスト機能を使い、放射率(ε)や反射温度(RTC)、スケール設定が簡単に 行なえます。
 

testo 872サーモグラフィで スマートワーク

testo 872は、スマートフォン・タブレットなどのモバイル機器と無線接続が可能です。iOS/アンドロイド対応の無料アプリ(testo Thermography App)を使い、データの転送や現場での解析、レポート作成、オンラインへのアップロードやメール送信が可能です。第2画面として熱画像をライブ表示する こともできます。

testo 872はクランプメーターtesto 770-3または温湿度スマートプローブtesto 605iと個別にBluetoothで接続し無線通信が可能です。それぞれの測定データをBluetoothで転送し、熱画像に組み込んで表示・保存がで きます。クランプメーターtesto 770-3で測定した電流・電圧・電力のデータから、電気的な負荷を考慮した温度測定が可能になります。温湿度スマートプローブtesto 605iと接続すると、表面湿度表示モードに必要な温度と湿度のデータが自動的に転送されるので、手入力の必要がなく便利です。


testo 872 サーモグラフィの用途


赤 外線サーモグラフィtesto 872を使い、建物内でカビ発生のおそれのある場所や熱橋部の特定、構造上の欠陥や接合部の過熱箇所を早急に発見することができます。testo 872は工業・建築分野における日常的なメンテナンス作業や設置業務などで不良箇所を素早く確実に検知します。
 

赤外線サーモグラフィ testo 872の特徴


testo 872は小型で操作性に優れ、高解像な熱画像を撮影できる赤外線サーモグラフィです。以下が主な特徴です。
  • 76,800画素の高解像度な熱画像: 320×240画素のセンサを搭載。標準搭載のSuperResolution機能により、PC上で640×480画素の超解像画像を実現
  • 0.06℃以下の温度分解能でわずかな温度差も測定可能
  • 専用アプリを使い、モバイル機器を第2画面として熱画像の表示や、リモート操作、レポートを作成してメール送信、グループウェア等へのアップロードなどが可能
  • Bluetooth接続による無線通信で、クランプメーター testo 770-3や温湿度スマートプローブ testo 605iの測定データを自動転送し、熱画像のデータとして保存可能
  • 可視カメラ付き。熱画像と一緒に可視画像を保存
  • 温度の異常箇所をホット/コールドスポット機能で、自動的にディスプレイに表示
  • スケールアシスト機能:建物診断などで、屋内温度と屋外温度の入力により温度スケールを最適な設定に自動調整し、正しいスケーリングで熱画像を撮影
  • ε-アシスト機能:専用マーカーを使って放射率と反射温度を自動的に設定し、より正確な温度測定が可能
  • IFOV インジケーター:測定対象/測定スポットの最小直径(IFOV meas)をディスプレイ中央部に表示される四角いカーソルで表示。撮影スポットがインジケーター(カーソル)より小さいと周囲温度を含めて測定してしま うので、測定物との適切な距離をとる目安に利用可能
  • 付属の専用ソフトウェアをPCにインストールし、詳細な温度解析とレポート作成が可能
  • 熱画像をJPEGファイル形式で保存可能

 

同梱品

本体(Bluetooth/無線LANモジュール付)、USBケーブル、ACアダプタ、バッテリ、解析用ソフトウェア、ε-マーカー×3枚、専用ケース、取扱説明書、出荷検査書 
サーモグラフィ 赤外画像出力

フォーカス

固定焦点

赤外分解能

320 ×240 ピクセル

フレームレート

9 Hz

SuperResolution (IFOV)

1.3 mrad

SuperResolution (ピクセル)

640 x 480 ピクセル

空間分解能 (IFOV)

2.3 mrad

最小焦点距離

< 0.5m

視野角

42° x 30°

熱感度

60 mK

スペクトル範囲

7.5 ~ 14 µm

サーモグラフィ 可視画像出力

最小焦点距離

0.5 m

画像サイズ

3.1メガピクセル

サーモグラフィ 画像

ディスプレイオプション

赤外線画像 / 可視画像

カラー

10 (アイアン, レインボー, ハイコントラストレインボー, コールド-ホット, 青-赤, グレー, グレー反転, セピア, Testo, 高温アイアン)

ディスプレイタイプ

3.5インチLCD / QVGA (320 x 240 ピクセル)

デジタルズーム

2x, 4x

測定

反射温度

マニュアル

ε-アシスト

同梱品あり

測定範囲

-30 to +100 °C; 0 to +650 °C

精度

±2°C , または測定値の±2%の大きい方

放射率

0.01 ~ 1

測定機能

ソーラーモード

日射強度の入力

分析機能

測定平均点表示、ホット/コールドスポット、温度差(△T)表示、エリア内最高/最低温度表示

湿度計との接続による湿度測定

温湿度スマートプローブ testo 605i(別売)の測定値をBluetooth接続で自動転送

スケールアシスト

同梱品あり

表面湿度モード - マニュアル入力

同梱品あり

IFOV インジケーター

同梱品あり

電気測定モード - マニュアル入力

電流、電圧、電力の入力

クランプメーターとの接続による電気測定

クランプメーター testo 770-3(別売)の測定値をBluetooth接続で自動転送

サーモグラフィ 装置

デジタルカメラ

同梱品あり

フルスクリーンモード

同梱品あり

JPEG 保存

同梱品あり

ビデオ再生

時、または無線LAN接続時に専用アプリで可能

標準レンズ

42° x 30°

インターフェイスプリンタ

USB 2.0 Micro B

無線LAN接続

Communication with the testo Thermography App wireless module BT/WLAN (EU, EFTA, USA, AUS, CDN, TR)

Bluetooth

温湿度スマートプローブ testo 605iまたはクランプメーター testo 770-3(別売)の測定値を無線で自動転送

サーモグラフィ 画像保存

画像ファイル形式

.bmt; .jpg; .bmp形式でのエクスポート; .jpg; .png; .csv; .xls

保管デバイス

内蔵メモリ(2.8 GB)

電源

バッテリの種類

現場でのスピードチャージ, リチウムイオンバッテリ

動作時間

4 時間

電源動作

はい

オプション変更

測定器内蔵チャージャー (オプション)

サーモグラフィ 外気条件

ハウジング 保護等級

IP54

振動

2G

気体湿度

20~80 %RH(結露無きこと)

保管温度

-30 ~ +60 °C

動作温度

-15 ~ +50 °C

性能 1

ハウジング

PC - ABS

質量

510 g

外形寸法

219 X 96 X 95 mm

PCソフトウェア

システム要件

Windows 10; Windows 8; Windows 7

保証

EU-/EG-ガイドライン

EMC: 2014/30/EU; RED: 2014/53/EU

一般テクニカルデータ

Product colour

Black

ディスプレイバックライト

bright / normal / dark

アクセサリ

testo 605i –スマートプローブ – 温湿度計 

製品の詳細および型番 0560 1605

¥11,700
¥12,636 税込
Clamp meter testo 770-3

製品の詳細および型番 0590 7703

¥31,300
¥33,804 税込

建物の構造的欠陥の検知と、骨組みを含む建物の品質保証

テストーのサーモグラフィによる分析では、建物に構造上の欠陥があるかどうかを迅速かつ効率的に発見できます。テストーのサーモグラフィは品質保証と適正な建造の実施を証明するのに理想的なツールです。建物内の熱損失や湿気の多い箇所、気密不良などは熱画像を見れば一目瞭然です。テストーのサーモグラフィを使い、構造上の損害や断熱が不完全な箇所を非接触で検出できます。熱画像に最適な温度スケール設定に自動調整するスケールアシスト機能で、より正確に建物の熱画像を撮影できます。このため、建物診断において代表的な構造的欠陥やヒートブリッジの検査業務をこれまでよりも簡単に行なうことができます。

防カビ対策

ヒートブリッジ(熱橋)はエネルギーの損失を招きます。このような場所には外気の湿気により結露が起こりやすく、居住者に健康被害をもらたすカビ発生につながります。
サーモグラフィに周囲の温度と湿度を入力すると(無線対応機種では別売の温湿度スマートプローブから自動転送も可能)、表面温度の測定値との演算により、表面湿度を表示することが可能です。そのため、カビが肉眼で確認できるほど広がる前に、カビ発生のおそれのある箇所を予測できます。表面湿度表示モードでは、カビ発生の危険が高い箇所は赤、問題ない箇所は緑で表示されます。部屋の隅や床の間など隠れた場所も含めて、カビ発生を予測し、または早期段階で検出できるので、事前に対策をとることが可能になります。

予知保全をサポート

生産管理システムの予知保全は、機器の安全と信頼性を保証し、ダウンタイムによる損失を防ぐために欠かせません。設備機器の電気系統および機械の異常箇所は、影響を受けた部品・コンポーネントの温度上昇によって判別できます。
サーモグラフィは稼働中のシステムの異常な温度上昇(ホットスポット)を直接検知するので、信頼性の高い情報を得ることができます。
赤外線サーモグラフィの代表的な用途:
  • 電気設備の過熱箇所(ホットスポット)を素早く特定
  • エンジン、シャフト、ベアリングなどの異常な温度上昇を検知

取扱説明書

ソフトウェア