testo 872 - 赤外線サーモグラフィ(スマホ・モバイル対応)

型番  0560 8722

  • 画素:320 x 240(76,800) ピクセル。標準搭載のSuperResolutionで、熱画像を4倍の640 x 480画素で保存可能

  • 温度分解能:0.06°C以下

  • 測定温度範囲:-30~+650°C以下

  • 熱画像をJPEGファイル形式で保存可能

testo 872は、固定フォーカスタイプで焦点を合わせる必要がないサーモグラフィです。電源を入れてすぐに測定を行えます。重量510グラム、小型なため携帯性に優れています。WiFiモジュールが内蔵されており、モバイル端末(android/iOS)と連携し、遠隔撮影等が可能です。

¥420,000
¥453,600 税込

製品の詳細

testo 872は、工業および建築分野での熱診断を素早く効率的に行えるサーモグラフィです。機械や設備のメンテナンスや建物の構造上の欠陥を調べる場面など、幅 広い用途で使うことができます。不適切な設定による撮影の失敗を防ぐため、新たに設定アシスト機能が搭載されており、条件に合う最適な設定で熱画像を撮影 できます。建物診断では、IFOVインジケーターやε-アシスト、スケールアシスト機能を使い、放射率(ε)や反射温度(RTC)、スケール設定が簡単に 行なえます。
 

testo 872サーモグラフィで スマートワーク

testo 872は、スマートフォン・タブレットなどのモバイル機器と無線接続が可能です。iOS/アンドロイド対応の無料アプリ(testo Thermography App)を使い、データの転送や現場での解析、レポート作成、オンラインへのアップロードやメール送信が可能です。第2画面として熱画像をライブ表示する こともできます。

testo 872はクランプメーターtesto 770-3または温湿度スマートプローブtesto 605iと個別にBluetoothで接続し無線通信が可能です。それぞれの測定データをBluetoothで転送し、熱画像に組み込んで表示・保存がで きます。クランプメーターtesto 770-3で測定した電流・電圧・電力のデータから、電気的な負荷を考慮した温度測定が可能になります。温湿度スマートプローブtesto 605iと接続すると、表面湿度表示モードに必要な温度と湿度のデータが自動的に転送されるので、手入力の必要がなく便利です。


testo 872 サーモグラフィの用途


赤 外線サーモグラフィtesto 872を使い、建物内でカビ発生のおそれのある場所や熱橋部の特定、構造上の欠陥や接合部の過熱箇所を早急に発見することができます。testo 872は工業・建築分野における日常的なメンテナンス作業や設置業務などで不良箇所を素早く確実に検知します。
 

赤外線サーモグラフィ testo 872の特徴


testo 872は小型で操作性に優れ、高解像な熱画像を撮影できる赤外線サーモグラフィです。以下が主な特徴です。
  • 76,800画素の高解像度な熱画像: 320×240画素のセンサを搭載。標準搭載のSuperResolution機能により、PC上で640×480画素の超解像画像を実現
  • 0.06℃以下の温度分解能でわずかな温度差も測定可能
  • 専用アプリを使い、モバイル機器を第2画面として熱画像の表示や、リモート操作、レポートを作成してメール送信、グループウェア等へのアップロードなどが可能
  • Bluetooth接続による無線通信で、クランプメーター testo 770-3や温湿度スマートプローブ testo 605iの測定データを自動転送し、熱画像のデータとして保存可能
  • 可視カメラ付き。熱画像と一緒に可視画像を保存
  • 温度の異常箇所をホット/コールドスポット機能で、自動的にディスプレイに表示
  • スケールアシスト機能:建物診断などで、屋内温度と屋外温度の入力により温度スケールを最適な設定に自動調整し、正しいスケーリングで熱画像を撮影
  • ε-アシスト機能:専用マーカーを使って放射率と反射温度を自動的に設定し、より正確な温度測定が可能
  • IFOV インジケーター:測定対象/測定スポットの最小直径(IFOV meas)をディスプレイ中央部に表示される四角いカーソルで表示。撮影スポットがインジケーター(カーソル)より小さいと周囲温度を含めて測定してしま うので、測定物との適切な距離をとる目安に利用可能
  • 付属の専用ソフトウェアをPCにインストールし、詳細な温度解析とレポート作成が可能
  • 熱画像をJPEGファイル形式で保存可能

 

同梱品

本体(Bluetooth/無線LANモジュール付)、USBケーブル、ACアダプタ、バッテリ、解析用ソフトウェア、ε-マーカー×3枚、専用ケース、取扱説明書、出荷検査書 
サーモグラフィ 赤外画像出力

フォーカス

固定焦点

赤外分解能

320 ×240 ピクセル

フレームレート

9 Hz

SuperResolution (IFOV)

1.3 mrad

SuperResolution (ピクセル)

640 x 480 ピクセル

空間分解能 (IFOV)

2.3 mrad

最小焦点距離

< 0.5m

視野角

42° x 30°

熱感度

60 mK

スペクトル範囲

7.5 ~ 14 µm

サーモグラフィ 可視画像出力

最小焦点距離

0.5 m

画像サイズ

3.1メガピクセル

サーモグラフィ 画像

ディスプレイオプション

赤外線画像 / 可視画像

カラー

10 (アイアン, レインボー, ハイコントラストレインボー, コールド-ホット, 青-赤, グレー, グレー反転, セピア, Testo, 高温アイアン)

ディスプレイタイプ

3.5インチLCD / QVGA (320 x 240 ピクセル)

デジタルズーム

2x, 4x

測定

反射温度

マニュアル

ε-アシスト

同梱品あり

測定範囲

-30 to +100 °C; 0 to +650 °C

精度

±2°C , または測定値の±2%の大きい方

放射率

0.01 ~ 1

測定機能

ソーラーモード

日射強度の入力

分析機能

測定平均点表示、ホット/コールドスポット、温度差(△T)表示、エリア内最高/最低温度表示

湿度計との接続による湿度測定

温湿度スマートプローブ testo 605i(別売)の測定値をBluetooth接続で自動転送

スケールアシスト

同梱品あり

表面湿度モード - マニュアル入力

同梱品あり

IFOV インジケーター

同梱品あり

電気測定モード - マニュアル入力

電流、電圧、電力の入力

クランプメーターとの接続による電気測定

クランプメーター testo 770-3(別売)の測定値をBluetooth接続で自動転送

サーモグラフィ 装置

デジタルカメラ

同梱品あり

フルスクリーンモード

同梱品あり

JPEG 保存

同梱品あり

ビデオ再生

時、または無線LAN接続時に専用アプリで可能

標準レンズ

42° x 30°

インターフェイスプリンタ

USB 2.0 Micro B

無線LAN接続

Communication with the testo Thermography App wireless module BT/WLAN (EU, EFTA, USA, AUS, CDN, TR)

Bluetooth

温湿度スマートプローブ testo 605iまたはクランプメーター testo 770-3(別売)の測定値を無線で自動転送

サーモグラフィ 画像保存

画像ファイル形式

.bmt; .jpg; .bmp形式でのエクスポート; .jpg; .png; .csv; .xls

保管デバイス

内蔵メモリ(2.8 GB)

電源

バッテリの種類

現場でのスピードチャージ, リチウムイオンバッテリ

動作時間

4 時間

電源動作

はい

サーモグラフィ 外気条件

ハウジング 保護等級

IP54

振動

2G

気体湿度

20~80 %RH(結露無きこと)

保管温度

-30 ~ +60 °C

動作温度

-15 ~ +50 °C

性能 1

ハウジング

PC - ABS

質量

510 g

外形寸法

219 X 96 X 95 mm

PCソフトウェア

システム要件

Windows 10; Windows 8; Windows 7

保証

EU-/EG-ガイドライン

EMC: 2014/30/EU; RED: 2014/53/EU

一般テクニカルデータ

Product colour

Black

ディスプレイバックライト

bright / normal / dark

アクセサリ

testo 605i –スマートプローブ – 温湿度計 

製品の詳細および型番 0560 1605

¥11,700
¥12,636 税込
testo 770-3 - Bluetooth®搭載クランプメーター

製品の詳細および型番 0590 7703

¥31,300
¥33,804 税込

Detecting structural defects and ensuring building quality (also for images of the building shell)

Analysis with the Testo thermal imager is a fast and efficient method of detecting possible structural defects. Furthermore, the thermal imager is also ideally suited for providing proof of the quality and correct implementation of construction measures. Any heat losses, humidity and lack of air tightness arising in a building are visible in the thermal image. The Testo thermal imager offers the possibility of detecting structural damage and implementation defects in the thermal insulation – all using a non-contact method! The testo ScaleAssist function, which automatically ensures optimum setting of the thermal image scale, means you get objectively comparable thermal images of buildings. This makes correct assessment of structural defects and thermal bridges easier than ever before. Detecting insulation defects and thermal bridges in the building shell is one of the typical applications.

Carrying out detailed energy consultancy

In building thermography, infrared technology is ideally suited for the fast and effective analysis of energy losses in the heating or air conditioning of buildings. Thanks to its high temperature resolution, the thermal imager provides detailed images of inadequate insulation and thermal bridges. It is impressive in terms of recording and documenting energy losses on outer windows and doors, roller blind casings, radiator niches, roof constructions or the entire building shell. The thermal imager is the best measuring instrument for comprehensive diagnostic and maintenance uses and always a good choice when it comes to energy consultancy.

予知保全をサポート

生産管理システムの予知保全は、機器の安全と信頼性を保証し、ダウンタイムによる損失を防ぐために欠かせません。設備機器の電気系統および機械の異常箇所は、影響を受けた部品・コンポーネントの温度上昇によって判別できます。
サーモグラフィは稼働中のシステムの異常な温度上昇(ホットスポット)を直接検知するので、信頼性の高い情報を得ることができます。
赤外線サーモグラフィの代表的な用途:
  • 電気設備の過熱箇所(ホットスポット)を素早く特定
  • エンジン、シャフト、ベアリングなどの異常な温度上昇を検知

Easy checking of heating systems and installations

Heating, ventilation and air conditioning systems can be quickly and reliably checked thanks to the easy and intuitive operation of the Testo thermal imager. Just a quick look with the thermal imager is enough to discover irregularities in temperature distribution. Thermography can therefore be used to easily locate clogged radiators and leaks.

Typical applications for the thermal imager:
 
  • Pinpointing the course of heating loops in an underfloor heating system
  • Checking radiators for silting
  • Measuring the flow and return temperature

Investigating moisture damage

Not every damp wall is caused by a faulty water pipe. Water can rise or penetrate due to faulty installation of rain and water run-off systems, causing wet walls. Moisture damage can also occur due to blocked drains or insufficient seepage. The thermal imager finds the cause of rising damp or penetrating rainwater straight away, thus preventing greater damage.

On the trail of a ruptured pipe

If a pipe rupture is suspected, the only solution left is often to break open entire wall or flooring areas. The thermal imager enables you to minimize damage and reduce costs, because you locate precise leaks in underfloor heating and other inaccessible pipelines. This avoids opening up walls and floors unnecessarily and considerably reduces the repair costs.

Preventing mould formation
 

Thermal bridges waste energy. Condensation can also form in these places due to humidity in the ambient air. As a result, mould develops in these areas with the associated health risks for the occupants. The thermal imager uses the ambient temperature and humidity, determined externally with the testo 605i Smart Probe, along with the measured surface temperature to calculate the value of the relative surface moisture for each measuring point directly in the measuring instrument. Mould formation is therefore shown on the display before it becomes visible: areas at risk are displayed in red, those not at risk in green. This makes it possible to introduce measures to prevent dangerous mould formation in good time - including in hidden corners and alcoves.
 

Testing the air tightness of new builds

If doors or windows are not correctly fitted, in winter cold air can enter or warm indoor air can escape. This results in draughts, increased ventilation heat loss and above all high energy costs. The combination of thermography and Blower Door has really proved its worth. This procedure involves creating a negative pressure in the building, so that cool outside air can flow into the interior of the building through leaky joints and cracks. A Testo thermal imager makes the detection of the leaks considerably easier here. Any leaks are located – before facings and fittings for the new build make repair work complicated and costly.

取扱説明書

ソフトウェア