クランプメーター testo 770

クランプメーターは、電導体を取りまく磁場を利用し、非接触式で電流を測定、正確に記録します。ケーブルをはさみこむことで、電気によって生成された磁場を非接触で直接測定するので、電気回路を切断する必要はありません。

クランプメーターtesto 770のメリット

  • 個々のケーブルを問題なく引き出す革新的なクランプ機構
  • 電流、出力、測定をμAレンジで開始するための追加機能
  • Bluetoothを介したtesto Smart Probesアプリケーションとの通信

testo 770 シリーズ比較

  • クランプメーターtesto 770-1
    • クランプメーターtesto 770-1
  • testo 770-1、TRMSクランプメーター(電池を含む)、測定ケーブル1セット
  • 注文番号 0590 7701
  • 価格: 18,000 円
  • 電圧: 1 mV ~ 600 V
  • 電流: 0.1 ~ 400 A
  • 抵抗: 0.1Ω ~ 40MΩ
  • 周波数: 0.001 Hz ~ 10 kHz
  • 容量: 0.001μF ~ 100μF
  • 温度: -
  • 測定カテゴリ: CAT IV 600 V; CAT III 1000 V
  • クランプメーターtesto 770-2
    • クランプメーターtesto 770-2
  • testo 770-2、TRMSクランプメーター(電池を含む)、測定ケーブル1セット、タイプK熱電対用アダプター1個
  • 注文番号 0590 7702
  • 価格: 25,200 円
  • 電圧: 1 mV ~ 600 V
  • 電流: 0.1 ~ 400 A
  • 抵抗: 0.1Ω ~ 40MΩ
  • 周波数: 0.001 Hz ~ 10 kHz
  • 容量: 0.001μF ~ 100μF
  • 温度: -20〜+ 500℃
  • 測定カテゴリ: CAT IV 600 V; CAT III 1000 V
  • クランプメーターtesto 770-3
    • クランプメーターtesto 770-3
  • testo 770-3、TRMSクランプメーター(電池を含む)、測定ケーブル1セット
  • 注文番号 0590 7703
  • 価格: 31,300 円
  • 電圧: 1 mV ~ 600 V
  • 電流:0.1 ~ 600 A
  • 抵抗: 0.1Ω ~ 60MΩ
  • 周波数: 0.001 Hz ~ 10 kHz
  • 容量: 0.001μF ~ 60000μF
  • 温度: -20 ~ + 500℃
  • 測定カテゴリ: CAT IV 600 V; CAT III 1000 V

アプリケーション

問い合わせ先

製品についての詳細は、以下へご連絡ください。

さまざまなクランプメーターのアプリケーション

クランプセンサ(導線はさみこみ用鉄芯)は、対象のバスバー(導体棒)から分岐された電流の測定ができます。導線をはさんで使用する方法は、たとえ一時的にでもシステムの電源を切ることができない場所でも、電流を測定することができます。同時に複数の測定データの記録ができるクランプ・マルチメーターは、どのような場所でもフレキシブルに使用でき、確実にデータ収集を可能にします。

クランプ・マルチメーター使用時の留意点:

  • 単一の導線のみをクランプすると、導線の電流を測定 
  • クランプが導線と戻り導線の両方を含むケーブル全体をクランプすると、電流リークのみを測定
     
Clamp meter and multimeter

さらに高い精度で測定できる漏れ電流プローブ

Leakage current probes

漏れ電流プローブは、エレクトロニクスにおける精密作業のための重要な診断ツールです。従来のアナログクランプメーターとは対照的に、高感度で、ごくわずかな電流でも測定することができます。さらに、μA範囲の起動電流および測定データもテストする機能があります。デジタルクランプメーターには、以下の用途があります。

  • 漏れ電流のチェック
  • 導通・抵抗試験
  • 電圧測定
  • RMS電流測定

漏れ電流は、導電体として意図されていない素子を介して電流が流れるときに生じます。クランプメーターは、測定電流をディスプレイ上に示し、絶縁体の脆弱な部分を通知します。

多くの分野で、装置や機械稼働中のシャットダウンは不可能です。しかし、漏れ電流プローブは、漏れ電流、絶縁、また測定したい電流の流れを、たとえ測定中に装置をスイッチオフしなくても、試験することができます。このため、これらのツールは電気技師や装置の試験や保守を担当する人にとって欠かせません。稼動状態は継続されますので、診断時の影響を受けることはありません。

高精度クランプメーターで安全性向上

テストーのクランプメーターは、操作し易い画期的なジョー機構を特長としています。この設計により、個々の導体を確実にはさみこむことができます。これは、電流値やその他の関連データを、安全性の高い非接触式で測定できることを意味します。電源ケーブルが密集したり、わずかなスペースしかない場合でも、クランプメーターと漏れ電流プローブが確実に動作します。クランプ・マルチメーターは、読みやすい2ラインディスプレイと自動AC/DCを搭載しています。次の3つのモデルから選択できます。

  • testo  770-1 伸縮自在のクランプジョーとベーシック機能が装備された、実用的なモデル
  • testo  770-2 熱電対温度アダプタとμA範囲の起動電流測定が可能なスタンダードモデル
  • testo  770-3 TRMS方式とBluetooth接続を備えた、プロフェッショナルモデル

 

High-precision clamp meters testo 770

静磁界の記録

DCクランプメーターは、直流電流も測定できるように、磁界に依存する抵抗も測定します。これにより、直流で交流磁界が存在しないので、必要な静磁場を記録することができます。
このために必要な磁気抵抗は、ギャップに嵌め込まれます。それらの本当に弱い信号は電子的に強化する必要があるので、測定器は適切なエネルギー蓄積装置を備え、電力またはバッテリを介して機能します。DCクランプメーターは、交流電流にも適しています。直流および交流のアンペア単位での測定データと同様に、最新の測定機器は、他の用途(例えば、直流および交流(DCおよびAC)をボルトで表示するなど)において、多くの値を提供します。さらに、より多くの測定機能があります。

  • 抵抗の測定 (オーム単位)
  • 静電容量の試験 (ファラッド単位)
  • 周波数の測定 (ヘルツ単位)
     
Clamp meter for direct current measurement

多くの現場における補助的役割

直流の電流計であるDCクランプメーターは、電気系統や小型機器の保守・点検に適していますが、直流電流だけでなく、電気容量抵抗もチェックすることができます。クランプメーターはまた、導通検査にも有効です。検査対象の導線が測定しづらい場合でも、ホールド表示機能により、測定値を固定表示し読み取りやすくします。

また上下可動のジョー(ピンサーアーム)は、測定が困難な環境でも電流プローブを確実に扱えるようにします。電源ケーブルが分電盤内に緊密に配線されている場合でも、安全かつ確実に作業することができます。また、漏れ電流プローブを補助的に使用することで、電気関連の測定項目をチェックし、システム全体の安全性を確認できます。測定値は大型ディスプレイで簡単に読み取ることができ、絶縁またはシステムの保守の観点から必要な手段を講じることができます。