建物診断の心強いサポートツール

 現在の建物の状況を確認したり、欠陥箇所を効率よく特定するために、日本国内では施工前のインスペクションが活用されています。診断時には赤外線サーモグラフィが使用されており断熱性能の評価や、漏水箇所、外壁剥離箇所を検知するために活用されています。

testo 883 reference

漏水診断では細い雨漏り箇所は高画質のカメラでないと
検知が難しい。
地上から2、3階を診断するのに望遠レンズが好ましい。

testo 883 experience

外壁診断では広い面積を診断します。
高画質且つ負担が少ない軽量・小型のカメラが好ましい。

testo 883の特長  ~高画質熱画像とプロ向けレポート機能~

赤外線サーモグラフィを使用すると、肉眼では見えない温度差を可視化することが出来ます。断熱診断、漏水診断、外壁診断の分野において、高画素320x240、温度分解能0.04℃のサーモグラフィtesto 883は広く活用可能です。 さらにtesto IRSoftで診断後の画像編集と、フォーマットにもどついたレポートの作成が可能です。

赤外線サーモグラフィtesto 883は、画素320×240ピクセルの高画質カメラです。さらに超解像testoSuperResolution機能を使用して640x480ピクセルの画像を保存することも可能です。

温度分解能(センサの熱検出性能)<40℃で、微細な温度変化の検出が可能です。

無料ソフトウェアtesto IRSoftのレポートウィザードを使用すると、ガイドに従って簡単に専門的なレポートを作成することが可能です。ソフトウェアに予めいくつかのレポートテンプレートが入っており、レポートのレイアウトをデザイする必要はありません。(カスタマイズも可能です)

建物診断での用途

断熱診断および外壁診断
構造的欠陥の検知
漏水診断
暖房設備診断
温水床暖房リーク診断

testo 883のさらなる利点

スケールアシスト機能
~夏季/冬季のスケール設定を最適化~

スケールアシスト機能は、屋内温度と外気温を入力(手動入力またはtesto 605iと連携)することで、自動的に最適なスケーリングに調整します。 空(-20℃)の映り込みによるスケール変動で建物の温度が見づらくなってしまうことを防ぎます。

testo Thermography App
~スマートに熱画像を管理~

モバイルアプリ testo Thermography App (android/iOS対応)を使って、現場で熱画像をすばやく分析、チームやお客様にレポートを送信。


Testo humidity mode

湿度モード
~結露・カビリスクを診断~

湿度モードは、表面の湿度が高くカビが発生する可能性がある箇所を、信号機の色(緑/黄/赤)で表現します。室内温度・湿度を手入力(またはtesto 605iと無線連動)するとその値から表面付近の湿度を演算表示します。

Testo telephoto lens

交換可能な望遠レンズ

 遠方の対象物も測定可能な2.5倍望遠レンズと標準レンズを現場で簡単に交換可能。

Focusing the lens

手動フォーカス

手動フォーカスは測定対象物の距離に応じて、ピント調節ができます。固定フォーカスと比較するとどの距離でもシャープな熱画像の撮影が可能です。